2020年11月

2020/12 スケジュール

2020/12 スケジュール

□年末年始につきまして

○お野菜セットの発送
 年内最終発送:12月25日(金)発送→ 12月26日(土)12月27日(日)着
 2021/年始発送:1月8日(金)発送→ 1月9日(土) 1月10日(日)着
○おやすみ 2020/12/28〜2021/1/5くらいまで
 ※お問い合わせ、お野菜セットの案内などについても緊急なお問い合わせ以外は、上記日程中ゆるやかな返事となります。

11月27日 本日のお野菜セットの内容です。

さて、さて。

とうとう11月も残すところ、あと、1日、2日、3日。ですね。
ここまでの暖冬による影響が、少しずつ出ています。
全く収穫ができなかった、収穫ができたけど市場に出せるものではない、など、
「ない」にも色々な事情があったりします。
このあたり、ひとつずつ解決できないのはなかなかもどかしいのですが。
ある、にはあるけど、
ない、にはないけど、
その曖昧さ。

畑菜。毎回、一言つけさせていただくのですが、配送によっていたみやすいです。
真っ先にこちらを調理をしてあげてください!
フレッシュな人参、生のまま、塩をちょっとだけして柑橘系とあわせても。
シャキッとした水菜、歯ごたえが素晴らしいのはもちろん、その苦味が最高です!
古くなったお味噌をスライスした菊芋に塗るだけ、2、3日したらシャクシャク!
冬のご飯のおともになります。
小田切大根、輪切りにして鍋へお味噌汁へ。
大根の甘みと、甘いお芋さんのような感触。
そしてさつまいも2種はストーブの上で焼き芋を。
水にぬらした新聞紙で焼き芋を包み、さらにアルミホイルでつつみます。
なんだかよくわからない甘さ!

言い直しますと、
なんだかよくわからない、極上の甘さ、ですね。

11月29日 青空市 本橋栗園

毎年恒例の!
西荻窪の本橋栗園さんのとても素敵なお庭を眺めながらの
青空市に参加します。
(それにしても今年の栗も美味しかったです)

お野菜もそうですけど、恒例の!
おみかんもお持ちしますよー。
そう、あの!おみかん!
お楽しみに。

距離、きちんととれるところですし、
木々の紅葉を心の栄養に。

日時:11月29日 日曜日 10:00−14:00
場所:本橋栗園 杉並区西荻南1-3-4

11月20日 本日のお野菜セットの内容です。

ここ数日、とてもあたたかかったですね。
野菜の生育というところではやはり、
寒くなってくれる事、寒暖差、など、皆さんが察してくださるような心配事もあります。

今日、朝一番で野菜を仕入れに行くと農家さんが、
育ちすぎて野菜を捨ててる、と話をされました。
昨日もまさかの、25度前後、11月に。
来週から年末にかけて、がんばって売っていこうと思います。

という事もあり、この気温。
クール便で出すか、もしくはクールの代わりに1品分入れるか迷い、
もしかしたら葉物が少し傷んでしまうかもしれないのですが、
後者にして、12種類お入れしました。
ですので到着したらすぐに葉物の状態をみてあげてください。
痛みそうなものから調理を。2、3日日持ちしそうでしたら冷蔵庫へ。
できれば、ぎゅっとした気持ちで、みてあげてください。

とっても美味しい芥屋かぶ!まがだまの形、美しい紅色、とても魅力的です。
さっぱりとお漬物に、もちろん焼いても美味しいです。
そして、今年初めての大根は、小田切大根!これまたしっかり硬めの。
先週で終わりかなと思っていた、もってのほか、入りました。
調理した時のその色!美しくうっとりします。
そして、おかのり、ですが、小さな白い花がついているものがあります。
ちょっと見てみくださいね。もちろんそちらもいただけますので。

野菜をみているだけで、いろんなことに出逢います。
社会の仕組みや、自然との距離感、自分だけのことではなくて
人々の、動物の、植物の、それぞれの生き様を
みさせていただいていて、
立ち止まるところと動かなくてはいけないところと
混同しないように、している毎日です。

11月13日 お野菜セットの内容です

関東地方の日中は、あたたかい日差しが続いています。

今週も11種類、とサービスはたまねぎ!
今年初!の菊芋が届きました。
ここ最近は栄養価に注目されていますね。
今の時期、2月頃に仕込んだお味噌をあける方もいらっしゃると思うのですが、
余ったお味噌や古くなったお味噌を使って味噌漬けにしてもいいと思います。
そして、新生姜は今年最後です!(寂しい)
大きめですので薬味でもガリでもシロップでも!

そして、とっても美味しい里芋もご紹介できました。
ねっとりしているはずなのに、さっぱりしているのです、
何より甘く、美味しくて、美味しくてお箸が止まりませんでした。

サツマイモは2種類!その紫と白で食卓が楽しくなるはずです。
最後に、1度きりとなりますが、
日本のエディブルフラワーもってのほか!
ピンクですよーピンク!テンションがあがりますね。
茹ですぎないのがコツですよ!

先週に引き続き、東京環状線、という冊子を1冊、入れさせていただきました。
インタビューでお話させていただいております。お時間があるときに、お読みになってみてください。

Theme: Overlay by Kaira