日々

12月29日 やぁやぁ!タイカレー忘年会!Vol.8

【12/29 やぁやぁ!タイカレー忘年会&ランチボックス販売@東中野DDD】

毎年恒例となりました!忘年会企画。
タイ料理人アベクミコさんと私たちと。
福岡県、池松自然農園さんのお野菜をふんだんに使った
「やぁやぁ!タイカレー忘年会&ランチボックス販売」
を 開催します!
なんと今年で8回目!

eat-inで召し上がっていただける時間と
ランチボックスにお詰めした、
お持ち帰りできるものとご用意いたしました。

今年1年のいろんな出会いに感謝しつつ。
次の一年365日も
おいしく健やかに過ごせますように。

いつものトムヤムナッツなども販売予定です。
年末のご挨拶にちらっとでも
お顔が見られたらうれしい❤️
あたたかくしてお出かけくださいね。
皆さまにお会いできることを楽しみにしております!
詳細はこちらです!

—————————–

「やぁやぁ、タイカレー忘年会!Vol.8」

■日時:12月29日(金曜日)
■場所:DDD
東京都中野区東中野1−50-1 東海ビル1F(JR東中野駅東口徒歩1分!)


【take-out】 カレーランチボックス 2200円税込
 *12:00〜17:00の間にピックアップをお願いいたします。

【eat-in】数量限定カレーランチ 3300円税込  
(別途1ドリンクオーダーお願いいたします。)
 ①12:00〜
 ②13:30〜
 ③15:00〜

■DM、またはメールで
①【take-out】or【eat-in】どちらかご希望を
②ご希望のお時間(take-outの場合はピックアップのお時間)
③人数(個数)
④お名前、ご連絡先を明記の上お申し込みください。
メール:yoyaku@warmerwarmer.net  高橋宛
インスタグラムのDMでも可能です

◉アベクミコインスタグラム
https://www.instagram.com/peaceful1024/
◉warmerwarmer

http://warmerwarmer.net
https://www.instagram.com/warmerwarmer_2011/
◉池松自然農園インスタグラム
https://www.instagram.com/ikemastunouen/

オラファー・エリアソン展にて

11/24から麻布台ヒルズギャラリーにて開催されている

「オラファー・エリアソン展」

こちらの展覧会にあわせて
カフェ「THE KITCHEN」がオープンしています。
そちらのカフェの選書スペースに
私たちの著書「八百屋とかんがえるオーガニック」
(アノニマ・スタジオ)が置いていただいていることを知り
ここ1年の疲れが飛びました。
とてもとても、嬉しい出来事です!

「THE KITCHEN」とはベルリンにある
オラファーの制作スタジオにて
メンバー全員分の食事をつくるプロジェクトです。
日本ではなかなか考えられませんが
いろんな思想や食文化を持ち合うため
国境を超えたメニューを考案し続けること
それを求められていると想像できます。

2017年の冬、美術手帖でそのキッチンを任されていた
フードアクティビストでアーティストでもある
岩間朝子さんの存在を知ります。
どうしてもお会いしたくて
当時、オーガニックベースの奥津さんと
企画していた種市のトークショーに
お誘いさせていただきました。

岩間さんと岩間さんのご友人の方々と
ハイデガーの「存在と時間」について
深く話をする機会があり
実は、その、存在と時間、に出会ったからこそ

「八百屋とかんがえるオーガニック」

の本ができたのです。
その本が、今、オラファーの展示の
ほんの小さな空間に一緒に並んでいること
心より嬉しく思います。

この本は、というか、1冊目の
「古来種野菜を食べてください」(晶文社)もそうですが、
私たちの本ではなく、私たちに関わってくださっている
全ての人たちの日常が文字となり文章となり
一つの形になったものだと思っていて
わざわざ伝えてはいなかったのですが
仕入れさせていただいている
農家さんたちのお名前、野菜のお名前は
必ず全部どこかに入っています。

私たちにとっての「存在と時間」は
そこにあったし、今でもそこにあるからです。
そんな素敵なものが作れたことに
今でもずっと、感動しています。

12月1日 お野菜セットの内容です。

さて12月1日です!
2023年の最後の1ヶ月。
せわしなさを楽しみつつ、穏やかに過ごせるアイテムを探してる自分がいたり、、、
あたたかく過ごせるものもそうですが、
いつもと違う香りなども取り入れるといいのかもしれませんね。
さて、今回も楽しいセットです。

まずは、この時期を代表するカツオ菜。
お正月にいただいたり、縁起物として昔から食されてきたもの。
これをいただけるなんて、皆さん今年を上手に締め括れるのでは?
そして、子引かぶ、今年もまた会うことができました。
まがだまの姿をした、かぶ、を日常的にいただいていた感覚。
今の私たちにはない感覚です。
なかなか市場では見かけないお野菜ばかりをお届けできて、八百屋冥利につきますね。
12月もそれぞれの場所で元気でいましょう!

11月24日 お野菜セットの内容です。

今日のお野菜セットもとっても楽しいセットとなりました。
かぶ2種類、大根も2種類、さつまいもも2種類!
どちらもどの子たちもとっても個性的で!
それぞれ、楽しんでくださいね。

そして、驚くほどの美しい色味、岩崎さんの赤紫さつまいも。
人参芋のオレンジと。コントラストを見るだけでも、
ゾワゾワ美味しいお口になりそうです。
ごぼうもお肉とあわせたり、チップスにするのもいいですね。
11月ももうすぐ終わって、さぁ、12月になってしまいます!
今年も年末のお掃除はお手上げ!です!

12/12 , 12/26 Stand Bar

” Stand Bar ”
高橋一也(warmerwarmer) 

写真は、綿内蓮根6月頃の様子です。
農家さんたちの手
洗い流される、土や泥
その土地の風土
蓮根の向こう側
甘く糸をひく、誰もが唸る
綿内蓮根、焼いて、塩のみ。

キチムのカウンターからお届けいたします。
12月開催は12日、26日です。
ご予約を開始いたします。

□日時  12.12 / 11/26(Tue)
   ・18:00-21:00 / ご予約制(受付は前日まで)
   ・18:00〜19:30頃までにご来店をお願いします

□場所: 吉祥寺キチム@kichimu_kichijoji
 武蔵野市吉祥寺本町2-14-7 吉祥ビル地下

□料金: 本日のあつらえ 3,000円 (8品ほど)
 別途、お茶・お酒など、ご用意いたします。

□お問合せ・お申込み : yoyaku@warmerwarmer.net
 下記の情報をお知らせください
・フルネーム
・お電話番号
・来店日(12/12 or 12/26)
・来店時間(18:00〜19:30)
・来店人数

11月17日 お野菜セットの内容です。

本日のお野菜セットの内容です。
紅葉の美しい季節となりました。
同じ道を通っているのに、
木々の色合いやあらわになる枝の行先をみて、
果たして同じ道 なのかな?と思うこともしばしば。
あっという間に冬になりますね。

今回は細々と、11種類のお野菜が入りました。
色も 鮮やか、大根の冬の緑も本当に美しい。
そのまま一度、生でつまみ食いをしてくださいね。
そのあと、蒸したり焼いたりし て
その味の変化をぜひ!ぜひ!楽しんでください。
美味しいの変化を続けてくれます〜。
先日、玉ねぎ、かぶ、大根、少し オイルをかけてから、
180度オーブンで30分ほど焼いてみました。
それはもう絶品です。

鍋もいいです、お出汁だけひい てあとは煮るだけで。
あたたかくしていただいてください。
赤かぶの間引き菜、植物として野菜として、その意味。
どこか 少し思ってみるといいのかも、と思います。

11月26日(日)古来種野菜の販売@西荻窪ハライソ

11月26日(日) お野菜販売日のお知らせです。


すっかり寒くなりました。
秋のお野菜たちの旬がトントンと過ぎて
冬のお野菜たちを少しずつ
ご紹介できるようになってきました。

今回のハライソさんは
Yoriさんとまたご一緒させていただくのですが
どんぐり鍼灸室の方から
「玄米よもぎカイロのお手当」についての
お話会もあるそうです!
日常において、あたためることの一つの方法として
とても興味深いですよね。

コーヒーを飲みながら
お話を聞いて、
全国津々浦々、旅をしているお野菜たちと出会う日曜日の朝。
どうぞ、あたたかくしてお出かけください。
お待ちしております。

時間 10:00〜14:00
 (yoriさんたちは15時までです!)

————————————————————————————————–
ハライソ本橋栗園杉並区西荻南197
JR西荻窪駅より徒歩11分 / 京王井の頭線久我山駅より徒歩16分
すぎ丸宮前ふれあいの家北より徒歩3分 / 関東バス宮前五丁目より徒歩3分
————————————————————————————————–

11月10日 お野菜セットの内容です


一気に秋冬らしい、華やかなセットになりました!
どれもこれも、寒くなってくる季節から、
体をあたためてくれるお野菜ばかりです。
そして、その彩の鮮やかなこと!
この紅色は、冬にしか触れることのできない、
小さな日本の冬の景色とも言えます。
紅色といえども、赤に近いのか、紫に近いのか、ピンクに近いのか、
触ってみると、すべすべしているのか、ゴツゴツしているのか。
その感覚、少しでも楽しめますように!

今年のお正月セットはお休みいたします。

コロナ渦の中、どうにかお野菜にのせて
健やかでいましょう!と、気持ちを伝えたいと試みたのが
料理家koannさんと、重ねてきた
「古来種野菜のお正月セット」

今年も早い段階から、考えていたのですが
猛暑だった夏の影響をどのくらいうけるのか
ということが計らえないな、という状況。
いつもとおりの流れはあるのですが
収量がうまくとれない場合、
収量がとれても味に安定性がない場合、
さらに、足が早いものもある。
など、ここからの季節を
農家さんたちがどのように乗り越えられるのか
無理に進めていくよりも
今年は一旦、見送ってみようということに。

季節は変わりますが、夏と同じ土で育つ野菜たち。
その中で、お客さまにお約束ができるのか
というと、毎年色々とあるにはありますが
今年は、なかなか難しいなと思いました。

楽しみになさっていた皆様、大変申し訳ございません。
私たちも楽しみにしていたので、残念なのですが
また何かしら違う形で
美味しさと一緒に、その向こう側にあるものを
お伝えできたらと思います。

10月27日 お野菜セットの内容です。

今回は畑の様子がわかる間引き菜が、かぶ、と、大根、でお届けできました。
今、全国の農家さんの畑では、根菜類がぐんぐんと成長しています。
今か今かと、その時を待っているのですが、
間引き菜は、その1本の成長のために間引かれますけど、
それもまたとても美味しいのです。
植物の成長段階の、いつ、を食べているのか、というのは想像すると、
ちゃんと食べよう、味わおう、と、私たちも常に思います。

モーウィーは、スライスをして、塩揉みをして、水けを切って、
コチジャンであえると美味しいとの情報が!ぜひ試してみてくださいね。
もってのほか、の美しいこと。
人と植物と食べるの関係を想像すると、
私たちのイマココ、というのをとても大切に思います。

11/14,11/28 Stand Bar 満席となりました

” Stand Bar ”
高橋一也(warmerwarmer) / 東 佑宗

11月開催は2回ともに満席とさせていただきました。
ありがとうございます!
12月はまた日時が決まり次第、お知らせいたします。


秋になってしまえば
秋が一番いいね、と。
冬になってしまえば
冬が一番いいね、と。
ずっとこのことを
繰り返しているその道すがら

八百屋 高橋一也が調理する、
ここでしかいただけない、古来種野菜。
東 佑宗がセレクトする、全国津々浦々、
より添い遊ぶ楽しいお酒!
キチムのカウンターからお届けいたします。

11月開催は14日、28日
(11月開催は満席となりました)

4年前に開催した100日食堂以来の、
古来種野菜をいただく時間、
東氏をお迎えして心機一転!
夜バージョンにリニューアル。
やっと、やっとの、開催です。

□日時  11.14 / 11/28(Tue)
   (11月開催は満席となりました)
   ・18:00-21:00 / ご予約制(受付は前日まで)
   ・18:00〜19:30までにご来店をお願いします

□場所: 吉祥寺キチム@kichimu_kichijoji
 蔵野市吉祥寺本町2-14-7 吉祥ビル地下

□料金: 本日のあつらえ 2,500円 (8品ほど)
 別途、お酒など、ご用意いたします。

□お問合せ・お申込み : yoyaku@warmerwarmer.net
 下記の情報をお知らせください
・フルネーム
・お電話番号
・来店日(10/31 or 11/14 or 11/28)
・来店時間(18:00〜19:30)
・来店人数

11月4日(土)東京ビエンナーレ2023  TOKYO ART FARM:「東京の食と農の未来」を五感で感じ、育てる祭典 

“東京”のまちを舞台に“2年に1度”開催する国際芸術祭
その中の、TOKYO ART FARM企画にて、
お野菜の販売をさせていただきます。
ビエンナーレは秋会期が9/23〜11/5まで開催されており
東京の至る所の会場で、
東京の歴史や記憶、人を繋ぐアートがあちこちに。
お散歩にはとてもよい季節ですので
どうぞ、あちらこちらにお出かけしてみてはいかがでしょうか。

◉メインのwebサイトはこちらです。
 https://tokyobiennale.jp/?lang=ja

◉参加させていただくTOKYO ART FARMの詳細はこちらです。
https://tokyobiennale.jp/tb2023/event/tokyo-art-farm/?lang=ja

私たちのいる当日の詳細はこちら↓

FOOD & ART MARCHE/WORKSHOP|東京収穫祭|11.4 (土)
「東京の食と農の未来」に取り組む生産者、飲食店、NPO、
出版社など多様な出店者による5日間のマルシェ・ワークショップの5回目(最終)。
「のれん」はアーティストの山本愛子とN校生が茅場町にあるEdible Kayabaenで
頂いた野菜や植物を原料に染色して制作。

日程:11月4日(土)
会場:東京駅グランルーフ2F FOOD & ART MARCHE
   JR東京駅 八重洲地下中央口から徒歩1分

MARCHE(11:00–18:00 入場無料)
general store、warmerwarmer、ELAB、Two Virgins、(株)ボーデン

10月20日 お野菜セットの内容です。

秋の味覚満載の!セットです。
今期初めてのお野菜もたくさんあります。

まず、山形県の甚五右ヱ門芋!これはもう泣く子もだまる、里芋です。
しっかり皮がパカッと割れるくらいに蒸してあげると、
皮はあっという間にむけますので、
塩とお醤油でいただいてください。

新生姜はどうしましょうか。
一手間かかりますが、その分日持ちをして美味しくいただけるのも、
この季節ですからいいですね。体もあたたまります。

それから、もってのほか!
とても美しい、日本人がずっとその昔からこの花をいただいていて、
その美しさや楽しさをどう感じていたのかなと想像するのは、とても楽しい。
私たちもいただいていますよ、と、花びらを触りながら思ったりもします。
シンプルにいただく。
この上ない贅沢を楽しんでくださいませ。

10月13日 お野菜セットの内容です

すっかり、秋めいてきましたね。
秋はゆっくり進んでほしいですけど、季節は待ってくれないです。
今回はなんといっても枝豆!2種類の枝豆が。
岐阜県産の枝つきのものは、手で外してください。
滋賀県産の外してある方はその手間を少し感じてみてください。
その奥の奥にも、たくさんの手間を私たちはいただいています。

そして、岩手県からの雉頭大根!
これまた絶品な大根が、今年初めての大根となりました。
冬の紅色、今年もたくさんそれを感じられますようにと、願わんばかりです。
ほくほくしています、大根、という感覚をはずしてもらえる、食味です!

さつまいもも2種類。楽しんでくださいね!

Theme: Overlay by Kaira