Img_71ac2c0544d2f0cc04af9f50db331631
種市の熱気もぷんぷんと心の中にある中で、
今週末、市、参加のお知らせです。
北川ベーカリーさんの師走市。
私たちも八百屋で参加することになりました。

詳細はこちらです
 (Click!) 

出店者が、まぁ、豪華!なんてこと!

-------------
dans la nature(ショートケーキ イートインのみ)
olioli(キウイフルーツ)
Samosa wala Timoke(13日のみ ベジサモサ)
warmerwarmer(古来種野菜)
おこさまボーイズ(焼き菓子)
標しもと(日常づかいのうつわ)
すなよし(12(土)のみ 弁当 テイクアウトのみ)
瀬戸口しおり(13(日)のみ 弁当 テイクアウトのみ)
ゼルコバ小野孝章(カラカラモビール)
七梅(手ぬぐい)
古本泡山(古本)
堀道広(似顔絵) 
自主保育まめちょから
ennui庵 岡山メグミ(数秘術占い、カウンセリング)
rin(アクセサリー)
ナカタケカナ(ブローチ)and more~
北パンは12日(土)パンの販売、両日シュトーレンで参加します。
ご予約可のものもございます。詳細はまたのちほどさせてください。
-------------

ここから、ここまで、
ひとつずつ、全部ください。

って、言っちゃいそうですね。

お待ちしております。
あぁ、楽しみでございます、師走市。
Img_6a9a0ea47a4bc4a8c61c7a7823538c72
ながいものシリーズ!
左の写真をごらんください。
かぶ、水菜、ねぎ、人参。
今でしかできない、ながいものシリーズです!
これ、本当にお得なセット。
かぶも人参も葉ごといただけるなんて!
11種類、ではありますが、
葉もいれたら、14種類です。
Img_347ef223b15ea90e981c38ed11ed00cb
12月5,6日。なんという素晴らしい快晴!

吉祥寺へ足を運んでくださった皆様、
本当にありがとうございました。
大きな事故などもなく、
滞りなく、この会を終わらせることができたことに、
ふかいふかい、感謝を!
ありがとうございました!

特に、初日のヒトト会場、2日目のキチム会場では、
混雑し、入場制限をさせていただくこともありました。
寒い中、お待たせしてしまった方も
沢山いらっしゃいました。
寒かったですよね、本当にすみませんでした。

5回目の開催。
ヒトトビルでの最後の開催だったことが、
この5回目という時間を
より意味深くしてくれました。
愉しかった、賑わった、祭りだった、
そして、せつなかった。

種市という時間は、生き物。
だから、問いもくれる。
ひとつだけ、バカみたいに正直に、
今回、種市からもらった問いのことを、
書いてみようと思います。

今回、来場してくださった方は、おそらく、過去最高の人数でした。
だけれども、今回、野菜を販売するのにすごく苦労しました。
キチム会場では、在庫のある野菜を移動させたり、
試食を出したり、「売る」ための作戦をかなりたてました。
そして、なんとか、売れ始めましたが、
結果からいうと、過去で一番、売上は悪かった。
種市、というイベントは大きくなっている、
けれども野菜が売れていない。
この流れは、何を意味している?

種市が私たちに投げてくれた、
最高の問い!


早速、岩崎さんに電話をして相談しました。
岩崎さんは一言。
「もっと食べさせないかんね」
と。

さて、どうしましょうか。わたしたち!

そして今回でなくては感じられなかったことが
沢山ありました。
そのひとつひとつを紐解くには、
かなりの時間を要する気がするし、
ここからもどってきた日常の中で、
ふとした時に、確実なこととして、
すとんすとんと、落ちてくることを、
待とうと思っています。

1回目の種市の時に、蒔いた種が、
5回目にして、やっと芽が出た感覚です。
その芽をどうするのかは、
関わってくださったすべての皆様と
いろんな角度から、
一緒に考えていきたい。
一緒に育てていきたい。
そう、思っています。




Img_5cc87984a32c637a0fdf76c09f33d1f0
Img_222af24ac0b003dc688a3df0c0040a69
Img_3ddf7dac8ffe5b3f619981b203941a92
『種のはなしをしよう!』
高橋一也×岡本よりたか×末木秀和

詳細、お申し込みはこちらまで→
 (Click!) 

----------------

太古から未来へ.永遠に続く命のカプセル『種』に対する熱い想いを持つ3人の共演が実現しました!

日本中を結ぶ、在来種・固定種野菜の一大イベント
「種市」のディレクター
「旅する八百屋・warmer warmer」高橋一也氏と
遺伝子組み換えに対する危機感から、
都市での自家栽培・自家採種を提唱してきた岡本よりたか氏、
そして「シェアする”タネ”プロジェクト『Share Seeds』」の
末木秀和氏の講演と、トークセッション。
たっぷり3時間!

そして種の未来を語る大望年会へと続きます!


◆日時:2015年 12月27日(日)
 
  14:00 開場
 =======【1部】=======
   14:30 講演 岡本よりたか氏
            高橋一也氏
           末木秀和氏
 =======【2部】=======
   16:30 トークセッション
=======【3部】 =======
   17:30  みんなで持ち寄り大望年会!
~種交換会
   20:00 終了  

◆場所:てくのかわさきホール
    川崎市高津区溝口1-6-10→ (Click!) 
    東急田園都市線「溝の口」
    JR南武線「武蔵溝ノ口」から徒歩5分
    ※溝の口は渋谷から10分ほどです

◆申し込み方法:事前予約 当日精算
    人数の把握のためご予約をお願いいたします
    大人   3000円 (予約無しの場合 3500円)
    小中学生 500円
※ 3部から参加される方は、会場費のカンパをお願いいたします!

◆持ち物:筆記具、
    持ち寄り望年会に参加される方は、
    飲食物、マイ箸、マイカップ、マイ食器、種用の封筒など

※ 種をお持ちにならなくても種交換会に参加できますが、
  自家採種した種をシェアしたい方は、ぜひお持ちください。
  
※ 18時からは、調理室(5階)も使用できます。
  温めなおし、簡単な調理にご利用ください。
 (近隣にスーパーもあります)

◆主催:食といのちを考える会(shokutoinochi@gmail.com)
 命のリレーの会
Img_25cc08a2df3820c88b4badd288754d19
まいとし、まいとし、の佐藤さんのおみかん、をご紹介。

warmerwarmer では毎年、
佐賀県の佐藤さんのおみかんをご紹介しております。
毎年リピートいただいている方も たくさんいらっしゃるくらい!
お子様が大好きなジューシーなおみかんです。

有機栽培ですので、皮も乾燥させて、 お菓子と一緒に焼き上げても、
ネットにいれてお風呂にいれても。
普段はむいてしまって食べない皮。
実は、このみかんは皮ごとすべていただける、おみかんなのです。
皮がうすく、苦味や酸味がほどよく。
それから、焼きみかんもオススメ!
おみかんを、網焼きにします。
上下ひっくり返しながら、皮が黒く焦げたら、
皮をむいていただきます。

佐藤さんのおみかんの特徴は、
環境を守っていくために、雑草はすべて手作業て取り除き、
にがりや木酢などで病気や害虫から守っています。
そのため、一般的なおみかんよりは少し見た目がこつこつ してますが、
それはもう、これまでに味わったことのない、
あまくてジューシーなおみかんです。

年末年始は、やはりおうちへ来客も多いですから、
一箱あるとみんなでいただいたり、お土産にしたりと
とても重宝しますね。
それから、お世話になったあの方へ、ギフトにも。

--------------------------------------------

■おみかん S サイズ 10K 5000 円(消費税込み/ 送料込)
※年末の発送の混雑が予想されるため、着日は基本的に12/28,29,30のいずれかとなります。

お申し込みはこちらまで。
件名を「みかん星人より」にして
order@warmerwarmer.net
へご連絡ください。
※web での販売はしておりませんので個別にご連絡ください。

--------------------------------------------

それでは、多くのみかん星人に出逢えることを楽しみにしています!
Img_d319deccfaa82c09c4d25fd77a689667
本日のお野菜セットの内容です。

今年、最後のお野菜セット。
長崎県岩崎政利さんのお野菜を中心にお届けできました。

ここのところ、農家さんからは、
野菜がよく育っている、というお話を聞きます。
それは、頃合いよくというところではなく、
販売先がみつからない、というところもふくめて、
ご相談をいただきます。
先日も、ブログに書かせていただきましたが、
どうしても、販売先がなく、
無理に流通にのせようとすると、
値くずれがおき、農家さんたちは
なんのためにこの野菜を作ってきたのか、
わからなくなってしまうでしょう。

この天候とつき合い、痛手をおうのが、
農家さんだけではなく、便利な暮らしを選んでいる
私たちも、シェアすべきことだと、思うのです。

おそらく、来年の2月頃、野菜が沢山でてくることが
予想されます。
今まで以上に、変な動きをするかもしれません(笑)
それは、どうしても破棄したくない、という思いからです。
その時には、どうか、ご協力いただけたら、とても嬉しい。

ともあれ、
今年最後の出荷が終わり、ほっとしています。
野菜が溶けてしまうこともありました、
発送先に届かないこともありました、
遅延することもありました、
葉が折れていたり、枯れそうな野菜を送ることもありました。
でも、それが生命だと、伝えたかったりもしたのです。

いろいろありましたけど、今年、今日で一段落。
もう少し、仕事は残っていますが、
あとは、少しずつ、新しい1年へむかっていきます。

私たちのことを、知ってくださった皆様、
応援してくださって、そして、いろんなことを教えてくださって、
本当に今年は実り多き1年でした。
来年もまた、同じように、
あーでもない、こーでもない、なんて言いながら
進んでいくこととなるでしょう。
ご迷惑だけはかけないように、と思っていますが
時には、爆走して、えぇーーーー!ってことも
あるかもしれませんけれど、

皆様の食卓の1皿に、古来種野菜を。
来年も、このスローガンで、
多くの農家さんと共に、進んでいきたいと思っています。


来年もどうか、よろしくお願いいたします。

(もう1度くらい、ご挨拶すると思いますけど!)
Img_8782a172a920341f6169aec2fca5e34a
b.p→http://www.bepal.net/bp
Img_a6536491a4645b56af74fd56611b5750
nice things.→http://nicethings.jp
今月は2冊の雑誌に掲載いただきました。

どちらも、もちろん、野菜のお話をさせていただいています。
少しずつ、大切なワードがちりばめられていて、
読み応えのある、2冊。

b.p→ (Click!) 
nice things.→ (Click!)