Img_5e8eb86c7c0fb22189daf3995b5362e6
今週末、2月16日に国分寺のカフェスローにて、
昨年、大好評だった「たねと食のおいしい祭」が開催されます。

ほんとうに盛りだくさんな一日です。
warmerwarmerは八百屋として参加しますが、
今回も!鹿児島県の久木田さんのさつまいもを、
7,8種類ほど、ご用意いたします。
試食もお出ししますので、どうぞ食べ比べてみてくださいね。
久木田さんは鹿児島で、30種類!のさつまいもを作っている方。
その倉庫に入らせていただいたとき、もう、圧巻。
焼酎「霧島」の原材料にもなっている、黄金千貫や、
人参のようにオレンジ色の人参芋、などなど、
個性豊かなさつまいもを沢山、ご紹介できればと思っています。

また、高橋のお話会も。
この怒濤のような1年間。
これまでのこと、これからのことを
少しお話させていただいて、いつもどおり、
お野菜のお話もさせていただきます。
◆14:00-15:00 「種が大切だって言い続けようぜー」
どうぞ遊びにいらしてください。

それから。
マガジン八百屋2号を発売します!
詳細は別ページにて紹介いたしますが、
いろんな方々の気持ちや力を、小さなひとつの冊子に込めることができて、
ほんとうに幸せです。
どなたかの、何かのきっかけになれば、とても嬉しい。
どうぞ、お手にとってごらんください。

--------------------
たねと食のおいしい祭@カフェスロー
「おいしい!」を真ん中に、ふむふむなるほどなお話し会など、
”つづくたね<自家採種・在来種>”が主役のお祭りを、今年も開催します。
「なんで今、種?」 「在来種の種ってなあに?」というあなたから、
「自家採種のコツは?」 「種のことをもっと知りたい。種を守りたい!」
という方々まで、おいしく楽しい時間と空間を、共有しませんか。
昨年も大好評頂いたこのお祭り。
今年は、ふむふむなるほどなワークショップの数も増えました!
どうぞおたのしみに!
--------------------

詳細はこちらです→ (Click!) 
Img_5ad91f8ffb146f7201df349e69cee0f1
2/16 warmerwarmerマガジン「八百屋2号」発売します!

このたび、いろんな方々のご協力をいただいて、
warmerwarmerマガジン「八百屋2号」を発売することができそうです!
(まだ手元には届いていないのですが)

国分寺のカフェスローにて開催される、
「たねと食のおいしい祭」で、発売当日をむかえます。

farmar×farmerは新潟県の刈屋高志さん。
表紙のさやは、宮本さんの、なす。
筑波にあるジーンバンクの取材レポート。
和田さんの喝!などなど。
どれも、ちゃんと意味があって、
伝えきれているかわからないけれど、
とにかく、出会ったひとつひとつを大切にしようって、
そういうことがマガジンで表現できたらと思っていて。
もう、2号が出来上がってしまいました。

雨の日も風の日も、台風の時も、雪の日も。
土のある場所へ、毎日ゆく人たちのこと、
その人たちの哲学や生活の知恵、
そして気持ちの落としどころ。
私たちは、どんなところにいても、
だれかのそういう感受を知りたいと願っています。
その、きっかけになれば、と。

webでの販売はこちら!→ (Click!) 
どうぞよろしくお願いいたします。

warmerwarmerマガジンチームより。

Img_4f0e18faed73efd00d93a180f084fbbe
ほんとうに沢山の方のご協力をいただいて、
宝物がぎゅっとつまった16ページ。
大切だって感じたことをとりこぼさないように。

warmerwarmerマガジン八百屋2号内容をちょっとだけ紹介します!
-----------------------
■ ジーンバンクへ行ってきました
 地球に生命が誕生して以来、さまざまな農産物が生まれてきました。
 それら農産物に、食料・農業に関わる生物・微生物を加えた
 〝遺伝資源〟を人類共通の財産と考え、収集・保存を行なっているのが
 現代のノアの方舟ともいわれる(独) 農業生物資源研究所のジーンバンク。
 今回は作物の種を保存する種子貯蔵庫(シードバンク)を中心に
 見学させていただきました。
-----------------------

-----------------------
■ 刈屋 高志さんが大島勉さんを訪ねたわけ
 昨年の夏、warmerwarmerは刈屋高志さんの茄子や枝豆を
 沢山の方にご紹介させていただきました。そんなご縁もあり、
 「農家さん×農家さんインタビュー」第2回は
 刈屋さんにお願いすることに。
 「種を守る」という言葉に抱いていた疑問。
 その答えを大島勉さんの暮らしの中から見出だすことができたそうです。
 ヒントはリトルファーマーのポップコーン!
-----------------------

-----------------------
■ 和田さんの喝!
 warmerwarmerの野菜師匠、和田高明さん。
 農に関する全般的な知識は卓越したものがあり、
 そこから派生する社会問題、環境問題にも独特な見解を
 もっていらっしゃいます。
 「野の草ってかけば野草だけどさ、
 野に菜っぱって書きゃ野菜だよ。」
 とか!
 「何しろバナナ持ってくと
   女の子にはとたんにモテるんだ。」
 とか!
----------------------- 

今回の表紙も 宮本農業さんにご提供いただいた、茄子のさや。
種が熟している茄子は土へぽとりと落ちるけれど、
さやに残っている茄子は、種がほとんどないそうです。
一緒にうつっている本は、warmerwarmerの本棚の1部。
背表紙だけですが、ご興味のある方はお読みになってみても。

ほんとうに沢山の方の、時間や手や、
なによりあたたかい気持ちをいただいて。
大切に、世に発信していこうと思っています。

それから、前回も書いたけれど。
やっぱり、何回も書きたくなる。

農家さんたちは、日々もがいていて。
季節のいろいろや自然界の変化とかに影響されて。
一瞬にして数ヶ月の時間を取り戻せなくなる時がある。
それは、季節や自然だけが原因なんじゃなくて、
私たちの「これまで」にも責任があるのに、
農家さんが、その影響をダイレクトにうけてしまう。
本当に、様々なことと向き合わなくちゃいけない。
私たちは、シェアしなくちゃいけないと思う。
喜びも痛みも。

そして、八百屋という職業の一番、大切なところだと思っていますが、
作る人の意識やひとつ先の作物を提案する、
買う人の意識やひとつ先の生活を提案する、
そうすることで、何も変わらないと感じてしまっている社会を、
自分の手で変えることができる、
見ている風景は変わらないかもしれないけれど、
感じているイメージできる感覚は、確実に変わっていくと信じています。
それはとても気持ちのいいこと。
心が自由になることにつながっていきます。
 
-------------------------------------------------------------
□□□ お買い求めご希望の方はこちら→ (Click!) 
□□□ 販売にご協力いただける店舗の皆様、こちらまでお気軽にご連絡ください:info@warmerwarmer.net

※「八百屋」の売上から経費をひいた収益は種を守る活動資金として利用させて頂きます。
また、栽培するのに手間がかかり、収量が少なく、カタチが不揃いなどで、
なかなか安定収入に結びつくことができない農家さんたちが
このマガジンの中で農家としての知恵や日々の暮らしのことを記事として表現していただき、
お仕事としてお願いするしくみを作ろうと考えております。
Img_68267e5ae2bff4e36766c3fa27c39e10
Img_5a7e1045842aae965baa5836bcfbad09
2/28日に手配をしているお野菜セットの詳細です。
ご参考になさってみてください。

そして。
やっと。
あこがれの白いハコ!
リサイクルの段ボールのハコにずっと詰めて
配送させていただいておりましたが、
今回より、こちらにて配送させていただくことになりました。
過剰なことはできませんが、
受けとっていただいたときに、
さわやかな気持ちになっていただけたらとても嬉しいです。

ですが、いつなんどきに、またリサイクルBOXに変わるかはわかりません。
そのときには、そういうことだと、お察しいただければ幸いです(笑)