今年最後のニチニチ日曜市!
   素敵なご縁に恵まれて、今年の4月から参加させてもらうことに。
   来て下さるお客さんのあたたかいこと、
   そしておもしろくてHappyなメンバーのこと、
   どれをとっても、毎月第3日曜日が楽しみなのです。
   食べ物や雑貨を販売しているのですが、
   おいしいじかん、たのしいじかんを、
   「おすそわけ」してもらっている気分にしてくれる、日曜市。
   今年最後の開催です。
   どうぞあたたかくしてお出かけ下さいね。
   そして、よいお年を。と、にこにこで。
      

   12/16(sun)  11:00-15:30  ニチニチ日曜市
   国立、ニチニチにて/住所:東京都国立市東1-6-1
   電話でのお問い合わせはご遠慮下さい。

   [参加店]
   エバジャム(季節のジャム)
   TAIYODO(雑穀クラッカー、スコーン)
   ゆるひ(シフォンケーキ)
   KWEEBUU(ニチニチ屋台)
   古本泡山(古本)
   Samosa wala timoke(ベジタリアンサモサ)
   warmerwarmer(固定在来品種野菜)

   [ゲスト]
   cafe tojo(手ごね天然酵母パン&スペシャルガトーショコラ)
   オクリ(世界の雑貨)
   オバタクミ(銅版画、オリジナル文具)
Img_f4db183bedfb8e0d681a772240383fdf7ea935c7
シロナガスクジラの大きさが印刷された大きな布。25mくらいあったのですが全員で外へ出て広げてみました!畳むのに一苦労でしたね。
Img_b7226444880ed427d41c797820b59bc3c50b38cf
小さなお子様もくじらに興味津々。大きな大人もくじらに興味津々。
Img_4714ea3f1d02019021f19c52159e270b21889d49
くじらのお肉をいただきます。今回はサイコロステーキ!付け合わせはもちろん古来種のお野菜です。
日本鯨類研究所が開催する、くじら博士の出張授業!
今回は海と海とクジラの生態について、お話しいただきました。

先生はいろんなお話をしてくださったのですが、
一番、へーーーと膝をたたいたのは、(個人的に)
ヒゲクジラは歯の変わりに髭がはえていて、
それを海水と一緒に食べちゃうこと。
ハクジラは歯がはえていること。
シャチもイルカも、クジラの仲間、ということ。
そして、クジラとイルカの明確な定義づけははっきりしておらず、
(イルカと言うのは日本だけらしいです)
一般的に言われるのは、
体長が4m以下のクジラを「イルカ」、
それより大きいものを「クジラ」と呼ぶそうです。

そんなことを沢山お話ししていただいて、
そのあとは、試食!
今回はサイコロステーキにしていただきました。
もちろん、古来種野菜と一緒に、です。

こちらのイベントはお子様連れも大歓迎!
また、2月頃、開催する予定となっております。
どうぞ、また、遊びにいらしてくださいね。
(試食につられて)
Img_b7dd362aeff0c6c887750352b6a98919f2bdadea
アクシデントもなんのその。夢中になって作りました。白いアンティーク風なコサージュ。
Img_6c1341119cbaa16fddda58c62f63028e32369946
作りやすいのに作ったとは思えない程、素敵なコサージュができました。
Img_f57d4945674fde81f3ece33d84e5f6d0e89c246a
おやつはチェー。黒糖寒天、緑豆、赤紫さつまいも、押し麦、にココナッツミルクをぐるりとかけていただきました。
アクシデント。
当日の午前中に届くはずの、すべての、荷物。
そう、すべての荷物が届かない!
店内のディスプレイに使うものや、
ワークショップで使うもの、すべて。
わぉ。
でも、千夏さんはあわてずさわがず、
何か生地はないかしら、とあたりをみわたし、
オルガン堂のカーテン、に指をさして、
「あれは?」
と。
少しばかり汚れも染みもあるけれど。

結局、その生地を使って、みんなで夢中になってコサージュを作りました。
同じ作り方で、同じ生地を使っているのに、
それぞれの手の使い方、針のさし方、
それから、どこかを見ていたり、何かを考えていたりするからかな、
なぜだか1つ1つ、個性がでてくるのです。
それが、とてもおもしろい。

結果的にその染みなどが、いい風合いを出してくれて、
まるでアンティークのコサージュのような!
素敵なものが出来上がりました。
さすがです、千夏さん。

おやつのチェーは、大盛り上がりだった夜の食事会を担当した
クミコさん作です。
みんなで、キャーキャー言いながら、いただきました。
目でみてキャー、ざくざくまぜてキャー、
一口食べてみてキャー。
美味しかったですね。

千夏さんの東京開催のワークショップは
なんと今回が初めてだったそうです。
また、次回も、ぜひ、やりたいなー。
万全の体制で!

Img_9e978d0e289d20342e11839b9350e539ccbc6b4f
アミの塩辛のナムプリックと唐辛子のナムプリック
Img_4dbb85ce5c9e4dccc1f267f56ec5a0e43ed66b16
豚のバイカプラオ炒め!ジャスミンライスの上にのせて、目玉焼きをのっけます。
Img_dde9bd935ff4d402995a4ffa7acf108aa8e52521
スタッフ含め26名の大盛況。呑む、食べる、語らう、エネルギーがつまった時間でした。
クミコさんのタイ料理の夜!
本当は、小山千夏さんのX'masディスプレイが飾られた、
その夜のオープニング、のはずでしたが、
宅急便アクシデントのため、ほんのちょっとだけ飾ったディスプレイとともに
夜の部がスタート。
ハッピーな音楽も流れながら、
食器の重なりあう音とか、いつもより少しトーンの高いおしゃべりとか、
とても雰囲気のよい時間が流れていきました。
クミコさんの料理は、こんな時間をつくってくれるのです。
また、やりましょう、ぜひ。

当日のメニューを紹介しましょう。

■MENU
・ギィアオムゥサップトード・・・揚げワンタン 自家製スイートチリソース添
・ナムプリックカピとナムプリックヌム・・・アミの塩辛のナムプリックと唐辛子のナムプリック 
 *ゆるぎ赤かぶ・*五寸にんじん
 ケアップムゥ(豚皮の揚げ物)
 カイチアォチャオーム(チャオームの卵焼)
 インゲン、モロッコインゲン
・ヤムソムオー・・・晩白柚のヤム
・ヤムヌアァグン・・・牛肉とぶどうのヤム
・ホーモックプラー・・・魚のすり身蒸し *花芯白菜
・ガイファロー・・・鳥手羽の八角煮 *雲仙こぶ高菜
・ゲーンチュッドガイ・・・鳥のクリアなスープ *自家青首大根
・タオスゥワン・・・黒糖ゼリー・緑豆・押麦・*赤紫さつまいものココナッツミルクぜんざい

■ORDER
・ヤムプラームック・・・青森産スルメイカのヤム
・クンオップウンセン・・・有頭えびの春雨蒸し
・パッドバイカプラオムゥ サイカイダオ・・・豚のバイカプラオ炒めとジャスミンライス 揚目玉焼添え                    
・パッドプリックタイオーンムゥ・・・豚と青胡椒の実炒め

*は長崎県雲仙市の岩崎さんが作られた古来種の野菜
Img_40dcead95e8764d11d09f9c09df7299242fef687
窓辺。りんごともみの木の葉。
Img_f30e0c21ca757f97c382851248a71bc8aa709a10
ドライフラワーや生花をふんだんに。
Img_834a0eb7c8762dfa426855b0e1a30704b2a3a4df
研究所の中が華やかになりました!
先日のアクシデント(しつこい)から数日たち、
やっと、千夏さんの手によって、ディスプレイが完成しました!
すごくすごく素敵です。
りんごやもみのきや、ドライになったお花や生花や。
それらが上からゆらゆらとゆれています。
私達もお手伝いをして、飾り付けをしたのですが、
「ちなつさん、私をアシスタントにしてください!」
と言っちゃうくらい楽しかったです。
みんなで一緒に飾り付けしてもよかったかも!
と思ったくらい。
でも、荷物届かなかったし(だからしつこいってば)

研究所の中があたたかくて幸せな雰囲気になりました。
千夏さんありがとうございます。
ワークショップもまたぜひ開催してくださいね。
Img_77298f8b555adc11e19fd41d18db71d8f75d3381
古来種について話し出すと止まらなくなって暑くなってしまうからいつもTシャツなんです。
Img_b0424d8c871575c98c91c115b502e31fbb7b3a1d
試食のプレート。この他にも葉物の試食が2種類ありました。どれも本当に素晴らしく力強い味。
Img_6b5f21ca625aee19e76332a68770c7b2699167f9
多様性のあるお野菜たち。奥の大根の葉が緑のものも赤いものも同じ大根です。
12月8日、10日と高橋のトーク会が吉祥寺のオーガニックベースにて開催されました。
10日は特に満席となりましたし、どの時間もエネルギーに満ちあふれる時間でした。
とにかく、意識の高い方たちばかりで、
お野菜について、種について、それから、身の回りのことについて、
とても興味深く追求されている方ばかりで、
逆に教わる事も多々あったように感じます。
試食も、とにかく野菜本来の美味しさを知ってほしかったので、
生で食べていただくものと、シンプルに塩のみ、で食べていただくものに。
主食にもなりそうな原種の水菜、赤リアスからし菜のやわらかい苦み、
全くえぐみのないじゃがいも、など。

ここに並べたお野菜たちは、
すべて、花が咲いて種がとれます。
高橋は言います。
F1種にはそれなりの素晴らしい役割がある。
だからといって、種がとだえてはいけない、と。
私達の意識が「未来の選択をしている」と感じることができたら、
古来種の野菜がもっと身近になるはずだ、と。


内容
   |日本全体から見た、野菜の話
   |古来種の話
   |古来種の野菜の生産者さんの話
     ~長崎県の岩崎政利さん
   |古来種の野菜の試食とその野菜の物語


Img_20e4de009182808e8f2c82493f80794c
kaonnさんの古来種プレート。マフィンもスープもとても美味しい。
Img_ddeda49f67d31b6d14d7a6ed6a198b04
みなさん真剣に聞いてくださいました。
Img_f6dbffd900fa2bfcc349a9486fbf27b9
とても素敵なライブ。アンコールのアンプラグドな感じもよかったですね。
HARCOさんとQuinkaさんご夫妻がずっと続けてきている、
通算17回目のきこえる・シンポジウム。
今回はご縁がご縁をつないでくださって、
クリスマス・イブの午後、吉祥寺キチムにて
「本当においしい野菜は“タネ”からオーガニック!?」をテーマに開催されました。

HARCOさん、Quinkaさん、それから、エディターの山村さんと高橋。
それぞれの今の立ち位置から見えてくること、感じたこと、
何度もお客様と一緒にうなずきながら、
トークが繰り広げられました。
こういった、音楽ライブと一緒に古来種のお話ができるなんて、
以前では考えられない光景です。
頭の片隅にでも何かがひっかかってくれて、
さらに美味しさを感じてくださったらとても嬉しいですね。

kaonnさんの古来種プレート、とても美味しかったです。
メニューはこちら。
 □ベジマフィン(ゆるぎ赤かぶ、弘岡白かぶ、水菜、雲仙こぶ高菜)
 □赤紫さつまいものポタージュ
 □古来種やさいいろいろ(西豊じゃがいも、ゆるぎ赤かぶ、赤首女山三月大根、黒田五寸人参など)

こちらでもご紹介いただいております!
音楽情報サイト”BARKS”にて「きこえる・シンポジウム 2012 冬」イベントレポート→ (Click!)