Img_8205c11371f4a4a1ca605fbc28f112a2ce256d0c
今年はみんなで南高梅を50K使いました!
Img_c88be77065d6cae5acefec9d08f16983db536b34
名付けて吉祥寺婦人会。らっきょう工場のようです。みんなてきぱき!
Img_784caad50aa8a37f263722fa6ad688de9b9cc60a
つけましたつけましたー!来れなかった方の分もありますよ。
6月、といえば、そう、梅仕事とらっきょう仕事。
知人やご近所さんと一緒に、梅50Kとらっきょう30K!をみんなで漬けました。
みんなで一緒にやると、誰が先生でもなくて、
日常あれこれの知恵をふんだんに出し合って、
そしていつも以上に感度を高くしてレシピを話し合ったり。
うーん、これぞwarmerwarmerらしい婦人会。

カテゴリー名

こちらは洗って薄皮をむく少し前のらっきょう。
30Kもあるとなんだかアーティスティックな感じ。
ぺろり、と皮がむけた瞬間、みんな「これこれー」とご満悦。

カテゴリー名

梅のおへそをとってしばし乾燥させています。
梅どろぼうにあわないように、
なぜかみんなで交互で見張りを!
らっきょうも同じく。

カテゴリー名

今回、らっきょうは塩漬けをしていません。
浅漬けでも十分に美味しい!ので、
3ヶ月後がとても楽しみです。
きちんとレシピを残しておこうと思います。

あとは梅干しです。
塩漬けの後に赤紫蘇をいれて、まっかっかないい香りの中にいる
梅ちゃんたちは、3日間連続で干すので、
お天気が確実によい日を選んでいきます。
それまでは、じーっと樽の中で待っていてね。

次は、プラムの会でもしようかなと考えています。
青森の本当に美味しいプラムがあるのです!
ぜひ、ご紹介したいと思います。

-------------------------------------

番外編

23,30日と梅仕事、らっきょう漬けなどをしたのですが、
30日はwarmerwarmer高橋のお誕生日でした。
参加してくれた皆さんで、なかば無理矢理、お祝いをしていただきました!
そして、犬も大喜び!(食べてはいませんが)


カテゴリー名
Img_fe14fb95c5375ef09da3471e80a1db725383f4b8

武蔵野市でコンポスト活動をしています。
週に1度、近所のご家庭やレストランから生ゴミを集めて堆肥をつくり、
その堆肥でお野菜をつくっています。
その活動が、このたび、朝日新聞社に掲載されました。

コンポスト活動のお話、というより、
東京都内のゴミについてのお話です。

東京23区ではゴミは有料化されておらず東京都下ではゴミが有料化されています。
その背景にはメリットもデメリットもありますが、
ただ、一般家庭からでるゴミの量については23区よりも東京都下の家庭ゴミが明らかに少ない、
ということは有料になったがゆえ、その意識が高くなってきている、とも。

サンフランシスコでは生ごみをコンポスト化するようになったことで、
埋立ごみが15%減ったそうです。その最大の功労者は外食業界。
「レストランの多くは、自分たちの生ごみを加工したコンポストを使って栽培した野菜を使っている」と。

私たちは、先日すぐ近所の宅地を農地にする活動もはじめました。
そこでつくられる野菜や植物は種からきちんと育てられたもので
コンポストでつくられた堆肥を使い、
その野菜をつかってレストランが料理をすれば。
武蔵野市でそのカタチがひとつのモデルケースになれば
きっと少しずつでも広がるのかなと。

私達の「心」と「土」が近くなる、そういうことだと思うのだけど、
ほら、だって土は死骸でできてるからね。

この場所が農場としてどう変化していくのかは未知数ですが、
どうかすこーしずつうまくいきますように。
こんなことばっかりやってる八百屋です。

「ニチニチ日曜市」
15日(日)am11時~pm3時半 (売切れご免!)

国立、ニチニチにて
住所:国立市東1-6-1
電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

参加店
エバジャム(ジャム)
TAIYODO(雑穀クラッカー、スコーン)
ひなたパン(食パン、ベーグル)
ゆるひ(シフォンケーキ)休
KWEEBUU(パウンドケーキ)
古本泡山(古本)
Samosa wala timoke(ベジタリアンサモサ)
マトカ石けん(ハンドメイド石鹸)産休中

引き続きスペシャルゲスト!
warmerwarmer(固定在来品種野菜)
吉祥寺の大好きなお店、小匙舎+みずたま雑貨店にて
初めて朝市に参加させていただきます。
今回は岩崎さんのお野菜と、ドライフルーツを中心に。
もちろん、岩崎さんの玉ねぎも持っていきます!

・小匙舎+みずたま雑貨店

友人のkonaさんも一緒に参加します。
konaさんのパン。
とっても美味しいです。

どうぞお楽しみにー。

詳細はこちらでも。→ (Click!) 

******************************************************
 小さな朝市 7/7(土)10:00~売り切れ次第終了 終了時間が変わりました!
  小匙舎+みずたま雑貨店 店頭にて
(終了後30分は通常営業準備のため一旦CLOSEします)

※各出展者さんのご紹介とHPです。ぜひご覧になってみてくださいね。
 
・ アノダッテ (季節の自家製ジャム)
・ イシトキト (朝ごはんにもうれしいおやつ)
・ サジロカフェ &シヴァカフェ (スパイスを使ったおやつ)
・ picnic food&drink しまねこ軒(同じ末広通りの店舗で朝市営業しています)
 
◆今月のゲスト
・ [kona] (季節の天然酵母パン)
・ warmerwarmer (古来種野菜の八百屋) 


*****************************************************
ここのところ、九州・四国地方では豪雨が続いており、
連絡をとっている農家さんから、農産物を心配する声を沢山聞いています。
岩崎さんのお手紙を紹介しますが、これは岩崎さんだけではなく、
慣行農業だろうが有機農業だろうが兼業農家だろうが、
お野菜を作ってくださっている方々、皆さん、同じような想いなのだと思います。
だから私達はそれを理解して、お野菜をいただきたいと、思います。

----------------------------------------------------
梅雨の中での豪雨、
九州では6月の半ばから降り始めた雨は、7月にはいっても続いています。
今年は豊作と喜んでいたかぼちゃはこの豪雨によって、とても痛んでしまいました。
たとえ畑から収穫してきても、納屋の中でつぎつぎに痛んでいきます。
かぼちゃは完熟といいますから、なるべくそれに持っていこうとしていたことが、
この豪雨によって、悪いほうになってしまいました。
少し若果でもこの豪雨になる前に収穫すべきだったものです。
ここが農業の難しいところなんですね。

本来ならナスやピーマンや伏見甘長ししとうなどは、ピークになるはずなのに、
反対に痛んできています。この夏まで生き残っていくのだろうか。
今年は梅雨のはじめまでは安定してた気候だったものです。
昨年のこの時期の野菜の不作は、今年で取り返しができるのではと思っていた矢先に、
甘かったものです。あまり野菜たちにとっては、よくない梅雨になって行きそうですね。
一カ所高い石垣の畑の石垣が崩れています。別の道端のビニールハウスの納屋も、
別のところからの崖崩れでつぶされています。
やっぱり豪雨の被害なんですね。
---------------------------------------------------------

やっぱり、こういったことも、伝えなければ、と思います。
Img_86b22cf788403f376953ad0b8a2f946950b75e25
konaさんのカレーパン。すごく美味しかった!やっぱり大好きです。konaさんのパン。
Img_eaec6d229fd49ba466aa76094455690179df3eeb
サジローカフェ&シヴァカフェのサモサ。みんなで買い食いしました。
Img_cd10aeb6c1909d414f166984bdce79a2f7582aad
イシトキトさんのかわいいパッケージと美味しいお菓子。
少し雨が降ったりやんだり。
そんな中ではじめての出店、小匙舎+みずたま雑貨店での朝市。
皆さん、ほんとに和やかで優しくて終始にこにこ。
私も安心して参加することができました。


カテゴリー名

木の箱やお茶碗やカゴ、と、野菜。
しっくり絵になる組み合わせでした。
オレンジの打木赤皮栗かぼちゃ、とてもきれいにみえますね。
それから、今回はとうがんも持っていきました。

カテゴリー名

こちらは最近人気上昇中!の、勝間かぼちゃ。
ごつごつして、油絵なんかのモデルになっちゃいそうな、
存在感たっぷりのかぼちゃです。
1個まるっと持って帰るのは大変でしょうから、
半分のものも持っていきました。

カテゴリー名

そしてイメージアップ!(したとおもう)
の、ドライフルーツ4種類。
パッケージは少しずつ変えていこうと思ってます。

10時開店と同時に沢山のお客様が並んでいて、
本当に人気のある朝市なんだなーって。
今回は28回目だったんですって。
こつこつと続けてきただけ、皆さんも楽しみになさっているんですね。
今回は、数名、お客様の中に、
warmerwarmerのHPを見てきました!
という方もいらっしゃいました。
すごく、すごく、すごーーーく嬉しかったです。

また、お会いできるのを楽しみにしていますので、
だから、また、HPを見てきました!
って、話かけてくださいね。

来週は、国立のにちにちでお会いしましょう。
7月28日(土曜日)吉祥寺モクチョーイさんにて
旅する八百屋開催です!
昼の部 12:00-17:00 (14:30〜サボテン春菜さんの演奏)
サボテン春菜さん HP

※夜の部は私たちはおりませんが、
 18:00からの夜の部は、音楽を聴きながらベトナム料理 
 18:30からサボテン高水春菜さんの演奏となります。

サボテン高水春菜さんの演奏ではコンサルティーナというアイルランドの
アコーディオンのような楽器の演奏もあるそうです。
投げ銭ライブになりますのでよろしくお願いします。 

マーケットの紹介
konaさん HP
吉祥寺で、天然酵母パンと季節のお料理教室をしています。
モクチョーイでは何度も出店してもらっていますが、いつも大人気です。
今回は、ベジタブルバインミーを一緒に考え中です。
いつものバインミーとはまた違った味を楽しんで頂きたいです。 

warmerwarmerさん HP
美味しくて、安全なお野菜の旅する八百屋さん。農家さんと、私たちをつなげてくれます。
1月に出店して頂いた時はほぼ売り切れでした。今回は夏野菜を持ってきてくれまーす。

kibi cafeさん HP
いろいろな場所でときどき一日カフェのイベントをしています。
白いお砂糖を使わずに、きび砂糖や黒砂糖、はちみつなどを使って
どこか懐かしい味のお菓子を作ります。
出会いはアマルカフェでのイベントで、ちょっとしたプレゼントにも喜ばれました!!

wasicさん HP
今回、音楽イベントをやろうと言ってくれた発起人!
缶のスピーカーを売ってくれます。今も店内に333のスピーカーが使われています。
どこにあるでしょう? 

と、盛りだくさんのイベントです。
夏の日に、粋な音楽とマーケット。
どうぞ、おでかけください。

詳細はこちらです!
モクチョーイさんHP
Img_8af092b072e775b900c9803705795a2820ac7c69
8周年おめでとうございます!
Img_6cc9e78267d11f2d3ad961a6ab91699acfbf4af0
当日朝採りの赤紫蘇!
7/15

国立にちにちでの日曜市。
暑い1日で準備をしているとじんわりじんわりと汗が!
もう、夏なんだなぁーと肌で感じる1日でした。

にちにちでの日曜市は、この日でなんと8周年でした!
この日を迎えられたのも、にちにちという場所が
8年も続いてこれたことが、本当に大きいのだと。
私たちはまだ3回のみの参加ですが、
このにちにち日曜市の魅力って、こうやってメンバーが
こつこつと積み上げてきたものが、
なんとも言えないあたたかいものとして、
お客様に伝わるのですね、きっと。

今回は、近くの農家さんからの赤紫蘇!
朝、八王子方面へ行き、相方の高橋がどろんこになって、
収穫した、採れたて!の赤紫蘇をご用意しました。
採れたてだったので、すごく香りがよく、みずみずしい。
赤紫蘇って探すとないんですよねー
出逢った時に、手にいれないとっ。

また、来月、お会いできることを楽しみにしています!
Img_5ef07d02530c7bf335faede34c881a35ae2919c1
まかかかかーな梅干し。1つつまんで食べてみたらじょっぱーい!おいしいー!梅雨が明けた!ということでお外で干しはじめて本日で3日目。今日の夜はロマンティックに夜露に濡れていただきます。
Img_ac2562baaa2fb8d084030d47a40b3ff43bb8b8ec
ご予約いただいている分もありますのでこれでおそらく15Kくらいあったと思います。圧巻ですね。梅干しを作ると梅酢ができること、紫蘇を使ってふりかけのゆかりや佃煮までできちゃうこと。今度はこの梅酢を使ってショウガでもつけましょう。ガリができます。
長崎県雲仙市の岩崎政利さんからのお手紙。

毎週金曜日の午前中に岩崎さんからのお野菜がごっそり届きます。
その中に、お手紙が入っていて、
そのときの岩崎さんの気持ち、畑の様子、などが綴られています。
毎回、私たちはそれをとても楽しみにしていて、
毎回、とても心を動かされて、誰かに伝えたくなるのです。

少し長いお手紙ですが、岩崎さんが、今、野菜とむきあいながら
感じているすべてのことを、岩崎さんの言葉で綴ったものです。
そのまま、読んでいただきたいと思います。

---------------------------------------------
土から平和へ
私は、30年前に体を壊してから、農薬や化学肥料を使わない農業をやってきました。
それからは、それまで見えなかった世界がたくさん見えてきました。
そしてその見えてきた自然界からいろいろ学ぶこと出来ました。
畑の野菜は農薬を使わない中では、常に害虫が発生してきますが、
それまで、害虫とばかり思っていた虫たち
少し我慢すれば、ただの昆虫にに変わっていく虫たちがいること。
初夏の5月のはじめになれば、キャベツ畑には、モンシロチョウが飛び交うものです。
その青虫とはキャベツの外を食べるだけの優しい害虫でした。
しかし、その後に発生してくるのがヨトウ虫たち、この害虫の発生がはじまると
キャベツの中まで深く食害が進み春のキャベツは終わりを告げていく、
収穫しようと左手でキャベツを握り包丁を切ろうとすると、そのキャベツの中から
ムカデたちが飛び出してびっくりしてしまう。

梅雨の中で雑草たちが生い茂る中で、そんな畑の中に、日頃は用心深いキジたちも、
あちこちに卵を何個も産みつけては、暖めてじーっと動かずに守っている。
すぐ近くにきても決して逃げようとはしない。なんだかこの卵を一生懸命に
あたためているキジから、学ぶことが多いものです。

秋を迎えるころには、決まってコオロギたちの仲間が、種まきした秋の野菜たちが
土の中から芽を出してきたところを食べつくる。
しかし秋が深まってくると食べるのを止めてまたただの昆虫に帰っていく。

いたずらぼうずのカラスたち、たまには、人参畑に発生しているネキリムシを食べて
協力してくれていると思った瞬間に、カラスは人参を口にくわえている。
秋の終わりには、とても雨が多くて、野菜たちも軟弱に育っているせいか
ヨトウ虫の発生がとても多いものでした。毎年この時期はとても虫たちが発生していきますが
今年はとても多いものでした。
雨によって自然界の鳥たちや天敵の発生が少なかったのではと思います。

このような自然の生き物たちと生きていく。畑の周囲にはときどきには邪魔とも感じる、
よもぎ、カラムシ、ギシギシ、チガヤ、などの地下茎の雑草もふくめて
多様なる植物が生えている。
刈り取ってもすぐに生えてくる。
でもその植物たちによって多様な生き物たちもまた守られている。
そんな周囲の自然に少し労しながら、畑の中には、
昔ながらの在来種の種をまく。
だいこんの仲間も源助大根、雲仙赤紫蘇大根、五木の赤大根、横川つばめ大根、
紅芯大根、自家育成青首大根、聖護院大根、と多様なる大根とは、
それそれに食としての役目が違う。
また各地に生きてきた地大根とは、遺伝的な多様性と守り続けている。

つづく。
長崎県雲仙市の岩崎政利さんからのお手紙 #2

つづき。

種における多様性を多く学んだ大切な野菜のひとつに人参があります。
この農業を始めるとともに、種を守り続けてきた。
そして今ではたくさんの野菜たちに囲まれてきた。
私から嫌われないように一生懸命に、土や風土やそして私の思いをかなえようと
後からついてきている野菜。
だから、おおきいのにしようか、ちいさいのにしようかあまり迷ってはいけない。
そして、その一粒、一粒の小さな種たちとは、それぞれに個性的な姿であったものです。
そして青菜の仲間も、大和真菜、しゃくし菜、畑菜、アブラ菜、雲仙こぶ高菜、
ターサイ、のらぼう菜、中国チンゲイサイ、水菜と、各地に根ずいている青菜、
とても似ている仲間が多いものですが、
ここにも素敵な多様性があります。そんないろいろの野菜たちも、始まりは、
両手いっぱいの種を畑の土に蒔く、やがて芽が出て畑いっぱい広がっていき、
そして選ばれたものから、花が咲き種となってそれをあやすと種とは小さくなって
また両手いっぱい帰ってくる。
やがて年数を重ねていくごとに、地域の食の文化を生み出していく。
多様性の中から、見えてきた農業とは、なんと素敵な世界であろうか。
しかしこのような世界が果たして次世代へとつながっていくのだろうか。
今や環境は激しく変化して、異常気象が当たり前となりつつある。
この当たり前の多様性の豊かな姿を、その中から産まれる、おいしい野菜とは、
これからより平和な時代に、より大切な食であると思っています。
当たり前な、さりげない、そして癒される多様なる農の世界は
平和という中で広がっていく。
そして守られていくのではないだろうか。
土から平和へとは、あまりに大きすぎて戸惑ってしまう。
しかしこの生物の多様性な農へとひらかれていく、
そして少しづつ広がっていくこととは、より豊かな心の平和を高めていくのではないでしょうか。