Img_04be26f74b464bf7dd897d3df5fa90fb
アースデイマーケット@井の頭公園 西園 に参加します。
warmerwarmerは10日(日曜日)のみの参加となります。

10年にわたり、毎月代々木公園で開催されている、
アースデイマーケット。
私たちも何度も足を運びました。
過去、2011,2012年と、井の頭公園での開催がありましたが、
今回、少し場所をうつしての、再度、開催です。
代々木公園で開催されるマーケットと少し違うのは、
武蔵野市、三鷹市、の生産者さんなど、
地元色も出るマーケットになること。
お天気もよさそうです、ぜひお散歩がてら遊びにいらしてください。


EARTH DAY MARKET@井の頭公園 西園

◯開催日時
7月9日(土)10日(日)
10:00〜16:00
◯開催場所 井の頭公園西園
野球場外野側
Img_0a920ae0fe6944a8ff8418ec08bc9db4
3ヶ月でできる味噌、を仕込みます。
「夏の味噌仕込みの会 2016」

いつだって、味噌は仕込めるのです。
寒い時期に仕込んだ味噌と、夏に仕込む味噌。
辛さや甘みや旨みの深さがそれぞれに違って、
発酵の愉しさを知る事ができます。
今回は、3ヶ月でできる味噌を仕込みましょう。
猛暑の中での手仕事ですから、
夏に仕込む場合、少しだけコツがあります。
ほんの少しですけど、この少しの違いで、
こんなにも熟成が進み、こんなにもさわやかな味噌ができるなんて!
という驚きを一緒に愉しみましょう。

婦人会ですので、参加するみなさんで、手を動かして。
知恵をだして工夫しながらつくっていきます。
今回は、とにかく時間が勝負!
袖をまくって、ほっかむりして、つくりましょー。
作り終えたら、恒例の!
warmerwarmer古来種野菜のまかないごはんを、一緒にいただきましょう。
(実は。このごはんの時間が長いですよね、毎回)

-------------------------------------------------
場所:warmerwarmer出荷場 ※吉祥寺より徒歩10分
   東京都武蔵野市吉祥寺(ご予約確定後お知らせします)
日時:7/23(土)11:00〜14:00←残席あり
   7/26(火)11:00〜14:00←満席です
人数:各回3〜8名様まで(お子様連れも大丈夫です)
料金:5500円 1.5キロほどのお味噌をお持ち帰りいただきます。まかないごはん付き。
申込:件名を「夏の味噌仕込み会、参加希望」と記載いただき、
   希望日時、お名前、電話番号、お子様連れの場合はお子様のお名前と年齢、
   人数、アレルギーの有無をご明記の上、
   yoyaku@warmerwarmer.netまでお申し込みください。
   ※食材の準備により3日前よりキャンセル料が発生します。ご了承ください。
-------------------------------------------------
Img_74d374263e7cbbe22165d6d2ed05958a
この秋、発刊が決まりました。

ここ数ヶ月、コツコツと、
これまでやってきたこととその意味を言葉にし、
古来種野菜から受けとった感受を、
コツコツと文章にしてきました。
本当に、コツコツです。

ここからは整理整頓をし、伝えることを精査していく段階となります。

何度かこういった出版のお話はありましたが、
予算、なにより、制作期間の少なさ、によって
毎回、断念せざるおえませんでした。
でも、今回このように時間をかけて、
とにかく、文章にいろんな含みをもたせて、
そして、これを読んでくれた人が希望を感じられるようにしたいと思ったし、
これまで陽のあたらない
ものすごい、本当にすごいすごい水面下のところで、
必死になって取り組んでこられた農家さんや先駆的な方々の
言葉や事象を、
私たちの言葉で、私たちから伝えたかった。

そういった方々のことを、まず、知ってほしい、
とにかく、知ってほしい、という思いで、やるならやりたい。
そのためには、何ヶ月もかかります。
それでもいいですか、と、
その条件を満たしてくださった晶文社さんから
出していただけることを、心から感謝しています。
担当の江坂さんには、とにかく待っていただいています。
待って、待って、待っていただいて。
今、言葉が文章になりかけている段階ですので、
次は、イメージを具体的に突き詰めていきます。

いろんな人が、いろんな形で、多岐にわたる
楽しい事象を企てられるような、ことも書いていこうと。
その大小は関係なく、ひとりひとりが流通になりうる、
それは、生あたたかく、血のかよったものであって、
古来種の野菜がそうさせてくれるものであるから、
何の力も多くのエネルギーもいらないんだよ、
と、背中を押せるような、

流通が楽しくなるような、1冊に、します。


Img_9a0602e8300b228398df48cac1c01ae4
私のことを食べてもいいよ、と言ってくれている
植物の一部を、
根、茎、葉、花、そのどこかを
人の手が、育て、摘み取り、
人がいただく。
それを知るだけで、いいんです。
それだけで、ぐん、と、目先が広がります。
食べ方が代わり、体を感じられるようになる。
そんなことが、一目でわかるような
ことはじめには相応しい、
野菜やサヤや、
みなさんの五感に響くものを
お持ちします。
もっと言うと、
私のことを食べてもいいよ、とは、
私の人生をあげるよ、
ということです。
私たちの、毎日は植物の命からつながっています。
それをつなげてくれているのは、農家さんたちです。
そのことをどうか、忘れないよう。
私たちも忘れたくないので、
常にお話をしたいと思っています。

kusakanmuri gathering vol.31
「種と野菜のことはじめ〜古来種野菜を味わってみよう〜」

【日時:2016年8月6日(土)】

■ 昼の部:14:00〜16:00、
■ 料 金:おとな 2,500円
  子ども[中学生まで] 1,000円
      ※ 料理、ソフトドリンク付き
■夜の部:17:30〜19:30
■料 金:おとな 3,500円
     子ども[中学生まで] 1,000円
     ※ 料理、試飲用ドリンク(日本酒、ワイン)付き
■場 所:昼の部、夜の部ともに、
     kusakanmuri
     東京都渋谷区恵比寿西1-17-2
     
お申込はこちらまで→ (Click!) 


プロフィール

高橋一也(Kazuya Takahashi)/
レストランの調理師、自然食品店の取締役を経て、現在は『warmerwarmer』代表。古来種野菜を広め、その種を守るためにトークショーやワークショップ、古来種ファーマーズマーケット「種市」などを開催。古来種野菜の対面販売「旅する八百屋」をはじめ、生産者と消費者のネットワークづくりに尽力している。
『草冠通信』の高橋一也のインタビューはこちらから→ (Click!) 

村上秀貴(Hideki Murakami)
料理家・キッチンわたりがらす主宰。
建築学科卒業後、世界20カ国への旅に出る。帰国後、東京の瓦版と称し、浮世離れした遊びから日本人の美意識を探ろうとインタビューして回った雑誌『雷神』を創刊。趣味で続けていた料理が見初められ、茅場町にあるレストランでシェフに抜擢される。2009年出張料理人としてケータリングを主としたキッチンわたりがらすを南麻布の高架下で始める。毎月、素晴らしい食材探して、生産している人達を訪ねる旅を続けている。2012年には恵比寿にて店舗を移し、活動中。
WebSite→ (Click!)