Img_adaba4f1a5f21b0df721bbc0f27ade06
Yes Familyにご来場してくださった、皆様。
ありがとうございました、
心よりお礼を、申し上げます。

初日の強風にあおられるという、悪天候。
映画館の暗幕がやぶれ!
ティピは全部たおれ!
紙類は吹き飛び!
とにかく、ケガなどなく過ごせたことが、
奇跡!な1日でした。
だけど、ふたをあけたら、
おとなこどもあわせて、
2日間で、2000人近くの方が
ご来場くださり。
感謝の気持ちばかりです。
みなさん、どんな時間を過ごされたのでしょうか。
楽しんでいただけたでしょうか。

映画がはじまると、どこからとなく、
集まってきて、
ティピの中から映画をみる子供達、
終わるとあっというまに、
ほうぼうへ出かけてしまう子供達、
お母さんのとくいなごはんを書いてね、
と言っているのに、
昆虫を書く子供達、
私のおかあさんへ、
近くのおともだちへ、
とおくのおとうさんへ、
たくさんの方々が、
誰かのギフトを、想っていた時間となった気がします。
それぞれの、心の中で、想い描いているあたたかい時間が
たくさん、重なり合って、
そんななかで、私たちが一番つたえていきたい、
食、のことも、
伝わっていくのを目の当たりにして、
うっすら、感激さえして。

出店されていた方々が発信している、
あたたかな日々の提案も、
ぜひ、のぞいてみてください。
よくよくみると、みなが同じことを
伝えようとしていたりするのですけど、
表現は、それぞれ。です。

あらためて、写真もアップさせていただきますが、
まだ、すべての総括など、
できないほど、
あの時間を消化せずにいるのですが、
また、きっと。
お会いできることと、思います。
それまで、みなさんが日々健やかでおられますよう、
季節のあれこれを楽しめますよう。

Yes,Familyl 関係者一同
Img_d07eac06535611f3135c65951baa7e24
5/10(tue)テレビ東京 ガイアの夜明けに出演します。
詳細はこちらでもごらんください→ (Click!) 

2月頃から4月29,30日に開催したYes,Family!まで
少しずつ、撮影をしていただきました。
長崎、福井、などの生産者訪問、
日々想いをめぐらせている流通のこと。
制作チームの方々の「伝えたい」という想いと重なり、
きっと、たぶん、私たちなりの八百屋という時間を
お伝えできるのではないかと、思っております。

この番組をとおして、
古来種野菜に興味を持ってくださる方が
増えることを心より願っています。

私たちが日々向き合っている野菜は、
生産者がひとりや数名だったり、
地元でも忘れられてきた野菜だったり、
なかなか量産が難しかったり、
現代から置いて行かれそうな野菜たちです。
絶滅しそうな、野菜たちです。

ただ、この野菜たちを大切にしている
人々の過去や未来は、愛おしい日々の積み重ねでもあり、
現在では、陽のあたらない道でもあります。
興味を持ってくださったみなさまのまわりに、
きっと、そういう農家さんや、活動をされている方がいらっしゃいます。
お住まいの地域でも、定義をもち、ブランドとして知名度をあげようと
されているところもあります。
ぜひ、そういう方々とつながって、
地元の大切な野菜たちを、暮らしの食卓に取り入れてみてください。

私たちは弱小の八百屋ですから、何か大きな変化を
もたらすことはできません。
種を守るなんて、できるわけがないのです。
ですが、目の前でなくなろうとしている、
私たちの先祖が愛した野菜を、
なにもせず、なくなる様子をみているだけなんて、
私たちにはできません。
なくなる、その前に、誰か必要な人のところへ届けたい、
そして、過去や未来が一緒になった食卓の上で、
楽しんでほしい、それがたったの数人の食卓であっても。
そう思っています。

私たちは、これから生まれてくる多くの命の、祖先になります。
残すべきだと、気づいてしまったからには、
小さなあれこれを積み重ねていくことを続けていきます。
かっこわるいことも、失敗することも、たくさんあります。
風穴すら、あかない状況だとしても、
結果的に仕組みどころか、なにもできないことも、
かき乱すだけなんじゃなかろうか、ということも、
覚悟しています。

だから、私たちの噂話をたくさんしてください。
いいことも、わるいことも!
その噂話が、底力をゆらす可能性だってあるのだと思っています。

撮影にご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。


以下、詳細です。

-----------------
テレビ東京 ガイアの夜明け
5月10日(tue) 22:00〜
「あなたの食卓が変わる! 驚きの仕組み」

案内人:江口洋介
ナレーター:杉本哲太

概要
飽食の時代といわれ、私たちの食卓には様々な食材や料理が並ぶ。消費者にはありとあらゆる選択肢があり、ますます目は肥えている。そんななか家庭の食卓にこれまでにない食材を提供し、食卓に新たな彩りを与える〝食卓革命〟を起こそうとする動きがある。 大手外食チェーンで産地と店を直接結んで鮮魚を提供する仕組みをつくった〝魚のスペシャリスト〟と呼ばれた男。彼の新たな挑戦の舞台は羽田空港。ここに魚の流通を変える集積所をつくり、 全国の獲れたての魚を最速で届ける仕組みを実現したという。その先に狙うものとは? また、絶滅の危機に瀕している〝伝統野菜〟を販売している八百屋さんが登場。もっと伝統野菜を家庭で食べてもらいたいと、活動を続けている。
Img_8622555a65e09c3c8e12d586497c8bb4
「warmerwarmer 空豆の会 2016」

空豆を蒸して、空豆をつぶし、豆板醤をつくりましょう。
この旬の時期にしかできな発酵もの。
保存する環境で、どんな豆板醤に育つのかは、できてからのおたのしみ!
婦人会ですので、参加するみなさんで、手を動かして、
知恵をだして工夫しながらつくっていきます。
作り終えたら、旬の野菜をふんだんに使った
warmerwarmerならでは、古来種野菜のごはんを一緒にいただきましょう。
今の旬のお野菜は?おいしくいただくには?
いつも、みなさんの声が楽しみでならない時間です。
今回は200gの豆板醤をお持ち帰りいただけます。
お子様連れでも大丈夫ですし、わいわいと、みんなで愉しく!仕込みましょう。

 ※衛生的なこともふまえて手袋をして手作業をしますが、
  大人の方でも唐辛子をさわると皮膚に違和感を覚える方は
  ご遠慮いただいた方がよいかもしれません。
 ※香辛料の扱いに十分に気をつけていきますが、
  お子様のタイミングによっては、食材に触るととても危険な
  こともあります。自己責任となりますが、こちらでもその
  あたりは厳しく、見守らせていただきます。

-------------------------------------------------
場所:warmerwarmer出荷場 ※吉祥寺より徒歩10分
   東京都武蔵野市吉祥寺(ご予約確定後お知らせします)
日時:5/24(火)10:00〜13:00  19:00〜22:00
   5/25(水)10:00〜13:00  19:00〜22:00
   5/28(土)10:00〜13:00  19:00〜22:00
   5/29(日)10:00〜13:00  19:00〜22:00

人数:各回3〜8名様まで(お子様連れも大丈夫です)
料金:5500円 
申込:件名を「空豆の会、参加希望」と記載いただき、
   希望日時(いくつかあげてくださると助かります)、
   お名前、電話番号、お子様連れの場合はお子様のお名前と年齢、
   人数、アレルギーの有無をご明記の上、
   yoyaku@warmerwarmer.netまでお申し込みください。
   ※食材の準備により3日前よりキャンセル料が発生します。ご了承ください。
-------------------------------------------------
Img_e612b55fd97dd1f91df333a6b1753a9d
お問い合わせをご検討いただいている皆様へ

ここ数日、私たちがご紹介している古来種野菜についてお問い合わせが増えてきました。
普段ですと、おひとかたずつに説明を差し上げているのですが
お返事が間に合わない状況になってきましたので、
お問い合わせをご検討いただいている方へ、お知らせさせていただきます。

ここ数年。
若手生産者の努力が少しずつ実り、
古来種の野菜を、「出荷用」として栽培する農家さんも多くなり、
もちろん、とにかく、大変なご苦労を伴っているのは事実ですが、
4,5年前と比べると、食卓のひと皿を古来種野菜で楽しんでいる方が
増えてきていると思います。
でも、それは大きな目線でみると、まだまだひとにぎり。
私たちが、現在お取り引きしている農家さんのほとんどは、
出荷用に栽培されていないお野菜、すなわち自家用として、
ご先祖から受け継いで、栽培しているお野菜を

「お裾分け」

していただいているのが現状です。

もちろん、作付け依頼なども少しずつはしております、
ですが、それは、私たちの取り扱える量、すなわち、そんなに多くない量、です。
量産して、できるだけ多くの人に食べてもらえるしくみづくりは、
現段階ではできないですし、おそらく、私たちの事業レベルでは、
不可能に近いと思っています。
なぜなら、もともとこういった在来・固定種の野菜というのは、
各地域で守り受け継がれていくものだからです。

それともうひとつ。
流通する=量産するということです。
量産=単一栽培に近づくということです。
こういった古来から続く命ある野菜たちの、
「単一栽培」という道は、想像できると思いますが、
収量が少なく、病気にもなりやすい、量産をすればするだけ、
農家さんがリスクを抱える、そして、そのリスクへの保証はどこにもありません。
また、量産すると、加工品をつくる方向へ進みます。
売れればまだいいですけれど、安いものではありません。
もし、売れなくなったら、その加工品工場も機能しなくなり、
農家さんが広げた土地ばかりが残る。
そんなケースをいくつも見てきました。
そのリスクを負うのは、いつも農家さんなのです。
そんな状況は、もう、みたくないのです。

という背景もあり、お問い合わせをしていただいた内容によっては、
ご納得していただけるようなご提案やご紹介というのができないこともございます。
「今、ある古来種野菜たちに光をあてる」
ようなしくみづくりが、やっとやっと、カタチになってきたばかりなのです。

という状況ではありますが、ご興味をもっていただいた方、
ぜひ!なんらかの方法で私たちに会いにいらしてください。
これまでどおり、小さいですが、そういった場づくりをしていきますし、
企画やマーケット、トークショーなども開催します。
私たちが持っている、5年後、100年後へむけての段階的な役割について、
どんどん共有していきましょう。

私たちは先祖になります。
どんなに小さなことでもいいのです、その役割をいろんな方向から
一緒に考えていけたら、とても嬉しいです。

warmerwarmer 高橋一也
昨日のガイアの夜明け、見ていただきました方、
ありがとうございました。

私たちもたくさんの刺激をいただくことができましたし、
あの映像は、私たちの日常のいち部分です。
野菜を詰めたり、痛んだところを手でつまみとったり、
ダンボールを組み立てたり、納品書をつくったり。
電話、ファックス、メール。
みなさんと連絡をとりあいながら。
映像で流れたもっと奥底に、私たちの活動があります。
農家さんから見たり、聞いたりしたことは、
もっともっと、もっともっと、もっと。
たっくさん。
長い時間かけての撮影でしたので、
一段落、つけようと思います。

さて、ここから日常の業務を整えつつ、
台湾展へとつづきます。
たくさんのあたたかすぎるメッセージとシェア。
ありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです!

warmerwarmer 高橋一也
Img_103c3d304f7a6a4a405feefb1110dcd5
このたび、warmerwarmerが撮り続けてきた、
古来から続いてきた野菜たちの写真展を、
台湾台北の品墨良行で開催するはこびとなりました。


台湾永康街にある、デザイン会社・shopの品墨良行。
こちらのオーナー兼デザイナーの王さんとは、
イベントや野菜たちをいつも撮影してくださる
カメラマン、鈴木ジェニーさん(台湾出身)の紹介で知り合いました。
昨年10月に、世田谷ものづくり学校で開催された台湾交流イベント
「太陽ごちそうさま」 で、ご縁が深まり、
王さん、ジェニーさんから、お声をかけていただいての開催です。
日々撮りためている古来種野菜の写真、約70点を展示します。

詳細はこちらです。

-----------------

Piece Seed Project 写真展 at 品墨良行 / 台湾

2016.6.3-6.8
TUE-SAT 10AM -7 pm
at 品墨良行
台北市永康街63號


その断面へ流れるような水分と、根と果実、茎と葉、
ひとつとして同じ色のないところ。紅、緑、白、黄。

私たちが生を営むところには絶えず続いている古来種野菜たちがあります。
その野菜たちの収穫への祈りは、歌や踊りになり、
その歌や踊りは祭りになり、
その祭りはその土地の文化となり、
その文化は私たちの心の中で
「和の食」として息吹いています。

台湾に住まわれている方、
この時期に遊びに来られている方、
お時間があいましたら、
誇らしげな日本の野菜たちに、会いにいらしてください。
こころより、お待ちしています。

◎高橋一也の在廊日
  6月4日(土)16:00-18:00
  6月5日(日)10:00-18:00 


-----------------


品墨良行
web→ (Click!) 
日本の旅行雑誌に多く掲載される人気店。オリジナルの紙製品やステーショナリーなどが並ぶ。2号店はカフェがあり、店内ではオリジナル布製品、紙製品などを販売。
Img_54a8ff2f7f86ee91e030aca035575c79
「warmerwarmer らっきょう仕事の会 2016」

私たちが出逢った、3年間土の中で育つらっきょう、「3年子花らっきょう」

一般的ならっきょうは、約1年で収穫されるのですが、
この福井県三国町の砂丘でつくられる、
全国でも唯一、植え付けから収穫まで
「足かけ三年」もの年月をかけて、
栽培されるのです。
しかも、植え付けから、収穫まで、すべて手作業。
生産量を増やすことは難しく、
市場にでまわるのは、ほぼ、皆無。
一般のらっきょうよりも、小さく、
身がぎゅっとしまった、さっくさくのらっきょうです。

今回は甘酢漬けで。
この甘酢漬けをマイレシピにすることで、
夏の食材の、バリエーションが、一気に増えます。
そのことも、お伝えできたらいいなと思っています。

婦人会ですので、参加するみなさんで、手を動かして、
知恵をだして工夫しながらつくっていきます。
作り終えたら、warmerwarmer古来種野菜のまかないごはんを、一緒にいただきましょう。
この時期のお野菜の旬は短く、それもまた愉しめたら。
今の旬のお野菜は?おいしくいただくには?
いつも、みなさんの声が楽しみでならない時間です。
今回は800gほどのらっきょうをお持ち帰りいただけます。
お子様連れでも大丈夫ですし、わいわいと、みんなで愉しく!仕込みましょう。

-------------------------------------------------
場所:warmerwarmer出荷場 ※吉祥寺より徒歩10分
   東京都武蔵野市吉祥寺(ご予約確定後お知らせします)
日時:6/11(土)19:00〜22:00
   6/12(日)10:00〜13:00←満席です  19:00〜22:00
   6/15(水)10:00〜13:00  19:00〜22:00

人数:各回3〜8名様まで(お子様連れも大丈夫です)
料金:5500円 
申込:件名を「らっきょうの会、参加希望」と記載いただき、
   希望日時(いくつかあげてくださると助かります)、
   お名前、電話番号、お子様連れの場合はお子様のお名前と年齢、
   人数、アレルギーの有無をご明記の上、
   yoyaku@warmerwarmer.netまでお申し込みください。
   ※食材の準備により3日前よりキャンセル料が発生します。ご了承ください。
-------------------------------------------------