Img_4f08099c7e28c0bea4c6fc5a5257b4ce
1月30,31日と種市大学に参加してきました。
いろんな時間が、それぞれの人たちに流れていたと思います。
感じたこと、これからのこと、また見えてきたことなど、
少し、整理が必要だと思うので、次回、また。


岩崎さんの、この笑顔に出会えたことが、なんというか。

この日のトークで、岩崎さんは農家さんたちに
「君たちは中継ぎだから、だから、軽やかに柔軟に愉しんでください」
ということを話されました。
岩崎さんは、昔、農業を営む仲間がたくさんいたけど、
今は、あまり、仲間とよべる人は少ない。
だから、農業をやめてほしくないから、
大変なことはいろんな人とシェアして、
とにかく、続けていってほしい。
そういう祈るような言葉だったんだと思います。

私たちも全く同じことを考えていたので、
とても嬉しかった。

種のことを考えて、行動して、選択して、
私たちは八百屋だから、
野菜を販売して、マーケットを企画して。
ここから10年、どんなにがんばっても、
どんな流行がきたとしても、
何かが変わるとは、思えないし、
1%は、1%のままだと、思っています。
私たちが「種を守る」と言っているのは、
その1%を守る、ということを言っているのです。
たったの1%を次の世代につないでいこう、
いわゆる、岩崎さんの「中継ぎ」と同じ意味です。
ただ、続けていくには、
愉しいほうがいい!
愉快なほうがいい!

夜に。

その話を、えんえんと岩崎さんとすることができました。
岩崎さんは、私たちに言いました。
高橋さんたちは、もっと具体的にしないとね。
主婦にはこの種類の野菜が使いやすいよとか、
本当に使いやすい、葉ものとか、
美味しさがわかりやすいものとか、
料理家さんには個体差がおおきい大根とかカブとか紹介して、
食べる人が使いやすい野菜もあれば、
使いづらい野菜もあるから、
それを、チョイスしてあげるといいと思うよ、って。

ほんと、そのとおりだなって思いました。
全部を、ほら!古来種の野菜だよ!
と伝えるよりも、
たったひとつでもいいので、
知ってもらえたら、嬉しい。
その人の1%になれたら、十分だ。


「種を守る」っていう言葉は、
おこがましい言葉かもしれないけど、
人々の脳裏の1%にある、
じわっとする忘れてるような
覚えているような
滞在意識っていうの?そういうの、
そういうのを、
ひっくるめた、
種を守る、なんだけどな。
この言葉を否定されることは、
多々、あるから、ちょっと悔しいけど。

----------------------------

それから。
私たちは、野菜を「買って」います。
もらうことなんて、ほとんどありません。
正直、月に何十万も。
だから、残るなんてことはしたくない、
残すなんてことは、ない。

もらって、美味しかった!
それは美味しいでしょう。
買ったから美味しかった!
もっと美味しいでしょう。
一生懸命に働いて、お金にして、それで買うんですから。
私は買うことは、いいことだと思います。
うきうきするし、使いたい、誰かのために、自分のために。
だから、買う。
買うって愉しいじゃない!
お買い物って愉快じゃない!

買う、お財布のひもをゆるめる、
えーーほんとに美味しいの?
まぁ、それはホントなの?
あらー買っちゃうじゃない、そういうこと言われるとー
とか、冗談とか言いながら。
私たちは毎日、そういう会話をしている。
お客さんと。
そういう中継ぎをして、農家さんたちから
買った野菜を売るのだ。


東京では野菜が高いとか、
地方がどうとか、東京がどうとか、
そういうことは、正直、どうでもよくて、
場所ではなくて、
人、と、人とが、どうつながっていくか、
そしてその先に
食とどうつながっていくか、
どう生きていくのか、
そこのところに、
いくらだって、時間だってお金だって払うよ。
だって、自分で働いたお金だから、
愉しいところに、使いたいんだよ。

そういう人たちと
手をとりあっていたいなと思います。


とりとめなく、書いた文章です。




Img_b5865481cd028bd61d3a9fc7e7df244f
本日のお野菜セットの内容です。
今回も岩崎さんのお野菜を中心にお届けできました。

右写真の、
田辺大根とキャベツと、大野紅かぶの
なんだかころんとした感じ。

左写真の、
白菜のみっちりとつまったところ。

これが、なんだか、かなりツボでした。


寒い時間、あたたかい時間、
気温差がありますので、
体調はなかなか気をつけなければ
ならないですね。




Img_6f49b0879d7ff6636ee663f6dfed4553
おいしいを真ん中にした、1年に1度のイベント、
「たねと食のおいしい祭 vol.4」
マーケット出店と、エンディングトークに参加します!
詳細はこちら→ (Click!) 

1年に1度、カフェスローが中心となって、
種のこと、野菜のこと、そのまわりのこと、
知りたかったこと、そんなことを、
一同に集まる生産者や出展者の方と
共感しあう1日です。
毎日の中でつづいていること、
そして、また新しい出会いと。
楽しみながら、わくわくしながら、
その時間を、一緒に過ごしましょう。

今回、マーケット出店と、トークに参加します。

エンディングトーク『 めちゃめちゃ楽しい私たちの種入門! 』
~僕らのいくつかの失敗を、次世代が笑い話にしてくれればいいと思っている~

つなぎの世代であり、時代である。
そう感じているし、そう言われています。
オーガニック、という言葉や
スローフード、という言葉が
私たちの身近になったのは、
先人たちの多大なる想いと行動がつなげてくれた結果。
音楽やポエトリーディングや、映画や、思想やアート。
それらが、融合した時の意識が、
「オーガニック」
その言葉は世界を走り抜けて、
ファーストフードが出始めた時に、
もっと豊かに食を楽しもうよ、と、イタリアの誰かが
口からほろっと出たことばが
「スローフード」

その言葉たちは、いかようにも受けとれるくらい、
日常の中に浸透しはじめていると感じます。
それらが、スタイルになるくらい。

だから、私たちのような、
農家ではない、ひとりひとりが考え抜いて、
次のことを仕掛けていかないと、
かっこいい、とか、かっこ悪いとか、
それだけのことにしか、ならないような気がするのです。

ただ、どうしても、どうしたって、
私たちには、先人たちのような、
アイデアや思想や、もっというと祈りのような時間や文化を
作り出すことはなかなかできない。
種を守るということは、そのくらいのことなんだと思っているけれど、
だから、何かをする時には、
かっこわるいし、失敗もたくさんするし、
もしかしたら、大切な誰かを傷つけているかもしれない。
だけれども、やらなくちゃ、わからない、
やってみないと、新たな道がつくれるかわからない、
そして、その結果はすぐにはでないし、
もしかしたら、結果なんてでないのかもしれない。
だから、むちゃくちゃなことを、している気もしているところです、
ここ最近。

こんなことは、きっと。
30年後、50年後の人たちに見せられるものではないくらい、
もしかしたらクオリティーが低いものかもしれないけど、
笑ってくれたら、いい。
ばかだなぁ、なにやってんだよ、こうすればよかったのに、
って、笑ってくれたら、いい。

最近は、そう思えるようになってきました。

そんな話が、できたらいいなと思っています。


わらえーわらえー!
私たちのことを、もっとわらえーー!
おもしろくないよ、
キャッチーじゃないよ、
こうしたらいいんだよ、って、
わらいながら、また作っていってほしい。

ぜひ、トークに遊びにいらしてください!
詳細はこちら→ (Click!)