Img_223d3d4214c02fd18ac08e22614e4b90
風の強い東京です。

花見ばかりできる日がとても嬉しいのですが、
この頃の雨風はなかなか強かったりするので、
お花が散ってしまうのではないかと、
毎年心配している気がしますね。

今週のお野菜セットの紹介です。
さて、野菜はThe 端境期。
いつもより、1,2種類野菜が少ない状況ですが、
なるべく数は多めにいれています。
特にチンゲン菜は花が!咲いています。
でも、普段どおりに召し上がってください。

野菜の味が少しずつ変わってきています。
春になると子孫を残そうとして持っている栄養を真ん中にあつめて、
トウ立ちし、花をさかせ、種を作ろうとする古来種。
今はエネルギーが真ん中へ行く時期ですので、
根菜類は特に、身が固くなりはじめています。
植物の一生の中の、今から子孫を残すぞ!
というタイミングの、
野菜たちの味。
腐っているわけでもないし、
悪くなっているわけではなく、
これは自然の一部。
愉しみながらいただいてください。
Img_eee226084ee29723e109cd85f6620f79
Img_f9a88fb0e1ac4ae6f9623b7d32990ee3
Piace Seed Project 写真展@湘南蔦屋
4月10日〜5月18日まで


4/7より、湘南蔦屋書店にて
「種のこと、もっと知りたい学びたい」
をテーマにした種のフェアが開催されています。
野口種苗種苗研究所の種を中心として、
種まつわる書籍などを紹介されています。
もちろん、冊子「八百屋」もご紹介いただいております。
それに伴って、今回、私たちの
Piace Seed Projectの写真展も開催されることになりました。
明日から展示されます。
お近くに行かれる際にはぜひ足を運んでみてください。


写真中央のメインポスター。
八百屋3号の裏表紙で使った写真です。
こちらを気に入ってくださって、
ポスターにしてくださいました。

種、のことを知ろうと思った時に、
まず、どんな本から学べばよいのか、
わからなかったりするものです。
専門的なものも数多くありますし、
文章の好みなどもありますので、
なかなか、手を出しずらい、、、とかいう声は
よく聞きます。
写真のように関連書籍がまとまっていると、
手にとりやすいですし、
自分らしく選ぶこともできますね。
また、書店の方に聞きながら、
その1冊を選ぶのも、いいかもしれません。



湘南蔦屋書店のwebはこちら→ (Click!) 
Img_3109211567c05e36c5375b20ab0e8b29
4/25(sat),26(sun) 太陽と星空のサーカス に参加します。
at 二子玉川ライズ

開催は24日(fri)〜5/6(wed)までの開催!
私たちはそのうち、25,26に参加します。

昔ながらのデパートの屋上遊園地。
そのイメージを持ちながら独自企画をされている
太陽と星空のサーカス。
いつも、遊びに行っていました。
今回は八百屋として参加させていただきます!
現在、絶賛端境期(涙)ですので、
沢山のお野菜を並べることはできませんが、
その分、皆様とお話したり、楽しんだりしながら、
過ごせたらいいなと思っています。

ぜひ、遊びにいらしてください。
そして、ぜひ、お話させてください!

詳細はこちら!→ (Click!) 
Img_4b18d07bb767239f59753becb47a45a6
Img_c2c64246155792e02b31fed8d477fecc
Img_ed1c5d7a5c53c1dcb6d2fa7740662a15
------------------------------------
Piace Seed Project 写真展@湘南蔦屋
4月10日~5月18日まで
------------------------------------

4/7より、湘南蔦屋書店にて「種のこと、もっと知りたい学びたい」を
テーマにした種のフェアが開催されています。
野口種苗種苗研究所の種を中心として、種にまつわる書籍などを紹介。
もちろん、冊子「八百屋」もご紹介いただいております!
それに伴って、今回、私たちが日々撮りためてきた
【Piace Seed Project】の写真展も開催されることに。
なんというか、私たちが、ただただ美しいから写真を撮っておきたいと
思っていたものが、どんどんと旅をしはじめました。

------
「warmerwarmerが伝えたい 古来種野菜の美しさ」

写真のような古来種野菜を育てている農家数は年々と減少。
現在では、1名〜数十名という少ない生産者によって、
その命がつながれています。
私たちの祖先の暮らしに、寄り添うように生きてきた野菜たち。
親から子へ伝えられてきた暮らしの知恵、
そこには、古来種野菜たちが息づいていました。
-----

開催が決まったのは、開催のほんの1週間前!
急な運びとなりました。
別件でお話をしていたときに、
私たちが撮りためている写真もあります、
とお話をしたところ、
1,2,3で、話がまとまり、展示していただけることになったのです。
担当の方、スタッフの方が「本当に知ってほしい」と思っていたからこそ、
話がとんとんと進み、
こんなにも、短い期間の間で、準備をしてくださり、
その集中力とチームワークは見事なもので、
無事に1週間後に、
しっかりと、美しく。
開催できることとなりました。


それにしても湘南蔦屋さん、とても素敵で愉しいところです!
この地域の方々に喜ばれそうな関連書籍が揃えてあり、
地域の方々と作り上げていこうとするお店のコンセプトが
ビシバシと伝わってくるのです。
もちろん、書籍だけではなくて、ワークショップやマーケットなども。
一日中、楽しい本屋さん。

お近くに行かれる際にはぜひ足を運んでみてください。
湘南蔦屋書店のwebはこちら→  (Click!) 
4/26(sun) オーガニックマーケットAOZORA in Himonya

東京都目黒区碑文谷、圓融寺で開催される
フェアトレードな地域マーケット「AOZORA」にて、
高橋がトークをさせていただきます。

もう何年ものお付き合いとなる、
waccaの菊池さんと一緒に、
30分程度、お話させていただきます。
トーク、と言われていますけど、
むしろ今だからこそ
菊池さんのこと、
いろいろと聞いてみたいと思います(笑)
どうして、その場所にいるんですか、菊池さん!
と。

お近くに来られる際にはぜひふらりと遊びにいらしてくださいね。

Img_c406c386c68144d07a590824a9e12319
雪の降る地域では、
収穫した野菜を冬の間、
雪の下に保存している農家さんたち。

そのことを知っていただきたくて、
人参のひょろっとした葉をそのままにして、
お送りしています。

雲英さんの黒田五寸人参、お楽しみください。

黒英さんとは長いお付き合いになります。
いろいろあって、今回、お野菜セットで
ご紹介できたこと、とても嬉しく思っています。