Img_6f09b4eb128d546fea31952cc318dea7
年末のご挨拶もままならないまま、2015年があけました。

年末年始の安定しない天候のため、
いつもなら冬野菜が採れる土地でも
全くうまくいかなかったりしていたので、
そんなこんなでバタバタとしておりました。

昨年よりも、より多くの方々に
古来種野菜を知っていただくこと、
全力で走っていきたいと思っております。
また、今年はこの事業の立ち上げ当初から言っておりました
「世界に誇れる日本の多様性」
というところにフォーカスして、
動いていければ、と思っています。
少し、海外を視野にいれた動きをしていければと。
いろんな角度から、方向から、発信することが
とても大切だと思っています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
warmerwarer代表 高橋一也
Img_b2e666e5e1eda573dffd406b8cb04bba
移住に必要な"モノ"は何ですか?と聞かれることがある。それは"モノ"ではなくて"覚悟"だと答えている。フリーペーパー雲与橋 編集長=戸倉江里
1月15〜27日 ヒトトと雲与橋

大分県の下郷村。興味のある方も多いのでは?
私たちもまだ足を運んだことはないのですが、
いつか、いつか、と思っていました。
農協の素晴らしい取り組みと、
街そのもののコミニティ。
私たちがいつの日か、とイメージしている世界が
ここに大きな意味をもち、小さく息づいている。
今回、ヒトト@吉祥寺で、下郷村を表現されます。
ご興味のある方はぜひ、期間中に足を運んでみてください。

1月27日 TALKで参加します。

-------------------------------------------
【吉祥寺で農とIターンを考える】

下郷のIターン農家、戸倉徹さんをお迎えして、
スライドや映像を交えながら、農とIターンを真面目に考える夜。

ゲスト|戸倉徹(Iターン農家)
    高橋一也(八百屋・warmer warmer代表)
日 時|1月27日(火)19時~21時
場 所|食堂 ヒトト
定 員|20名
料 金|2000円
下郷の無農薬小麦をつかったダンディゾンのパンと、豆岳珈琲のヒトトブレンド付き

どうぞ、遊びにいらしてください。

ヒトトwebサイトandお申し込みなど→ (Click!) 
Img_aae94104e6f66bdd8a6d510a05b2d18f
1月17日 10:00〜伝統野菜フェスタ トークに参加します@KITTE MARUNOUCHI
※ 残席わずかですので、お早めにお申し込みください。

和食がユネスコに登録されたことがきっかけとなり、
国も伝統野菜の普及に大きく力をいれている昨今。

農水省と株式会社ぐるなびさんが1~3月の間に「伝統野菜フェスタ」を数回、開催します。
私たちも微力ではありますが、その企画の一部をお手伝いさせていただいています。
今回、ご案内するのは、1月16,17日。
場所は、OLさんたちのように私たちもときめく、丸の内のKITTE!
この2日間は、Piece Seed Project の野菜の写真を展示させていただくこととなりました。
それに伴いあらたに20枚ほど、新しい野菜の写真を展開します。
これまで撮りためてきた野菜と、あらたに友人でもあるカメラマン
ジェニーさんに撮ってもらいました。
(今までの写真がなんだったのか、というくらい、しびれる写真です)
それに、スライドショーも作成しました。

日本の伝統野菜や在来野菜が未来へと繋がっていく時間です!

また、17日(sat)10:00〜12:00「伝統野菜 販売プロデュース力アップ講座」
という講座にてお話させていただくことになりました。
私たちのお話で恐縮ではありますが、
販路、販売、企画など、そのひとつひとつに
warmerwarmerなりのコンセプト、意識の捉え方、
そして常に「誰のためにどんな風に動くのか」
ということを意識して取り組んでおります。
堅苦しくなく、いつもどおりざっくばらんに。
お話させていただきたいと思っております。
ご興味のあります方はぜひご参加ください。
いつもより、少し具体的にお話できればと。
どうぞご興味のあります方はご参加くださいませ。

詳細はこちらです。
---------
「伝統野菜 販売プロデュース力アップ講座」

近年、古くから地域で栽培されてきた「伝統野菜」が脚光を浴びています。
伝統野菜は、野菜の品種改良が進み、大量生産可能な野菜が増加してきたことで、
姿を消しつつありましたが、このたび和食がユネスコの無形文化遺産に登録されたこともあり、
日本の伝統的で、豊かな食材のとしての再評価がされつつあり、そのことは、地域の
食文化として伝統野菜を後世に伝えようという動きが広がっています。

そうした動きを受けて、都市部においても地域の伝統野菜の販売の動きが活発化し、
取扱いをする売り場も増えています。

今回は「にっぽん伝統野菜フェスタ」の一角にて「伝統野菜」のコーナーを開設し、
自ら、伝統野菜の知識を語り繋げる活動として、伝統野菜の対面販売を行っている
warmerwarmer高橋一也氏をお迎招きし、皆さんと今度の伝統野菜をどのように広げ、
後世に繋いでいくか、考える時間を設けることになりました。

全国の伝統野菜の現状からその魅力を含め、生産者と消費者の両方との関係を知る
高橋氏から見た、伝統野菜の将来と、取り扱う際の課題や販売に関わることで
開けてくる新しい世界について、今後、伝統野菜の販売を通じて伝統野菜のプロデュース
に向けたヒントをお話し頂きます。


○日  時 平成 27年 1月 17日(土)10:00 〜 12:00
○参 加 費 無料
○会  場 JPタワー・KITTE 1F アトリウム・B1F 東京シティアイパフォーマンスゾーン
○お申し込み  (Click!) 
Img_0ff6ad233d388b721d0cb92b0f868a90
1月24,25日着のお野菜セットです。

今回も岩崎さんのお野菜を中心にセレクトしました。
初めて、雲仙赤紫大根をご紹介しますよ!
それから、同じく長崎県は平戸の木引かぶ、は、
今年は今回で最後となります。
たったお一家族で営まれていますから、
また、来年出逢えるのを楽しみに。

Img_53680d0aa4eb808c0b03578c15095471
小さなスペースですが濃密なスペースです!
Img_50e68d46a97e86299d2b2fc5dd51ff0d
スタッフHashimotoを探せ!
1月28日(水)~2月3日(火) にっぽんの伝統野菜フェスタに参加しています!
日本橋三越 本館7階 はじまりのカフェ GATE-A(最終日は午後6時閉場)

先日、MARUNOUCHI KITTEにて開催されました、
伝統野菜フェスタのVOL2.とでも言いましょうか。
スペースは小さめですが、濃厚な生産者さんたちが大集合です!
本日から2月3日までの開催です!
各地に伝わる、個性豊かな伝統野菜や加工品が揃っています。
私たちはいつもご紹介しているお野菜のうち、
厳選した15種類くらいのお野菜を販売していますので、
お近くにこられた際にはぜひおたちよりくださいませ。
前半の3日は、私たちととてもご縁のある生産者さまたちと
一緒に並んでの販売です。
長崎県の平戸から木引かぶを紹介してくださっている平戸新鮮市場さん、
本当にお世話になっております飛騨高山から野村農園さん、
青森県からは、筒井紅かぶ、笊石かぶ、を紹介されている、青森ファーマーズマルシェさん。
(なんと生産者がいらっしゃっていて、私たちがどれだけ、このかぶに感激したか、
しつこくお伝えしてしまいました)
そして相模湖からは種市ではお世話になりましたすどう農園さん、
東京からは内藤とうがらしプロジェクトさん!

また、各種ワークショップも開催しています。
日本料理・一凛さんの伝統野菜ごはん、のワークショップ。
かなりオススメです!


Img_003ee85993860f24b07b305f22412c85
雪、ちらちらとする中、お野菜セットの発送の準備を。
今回のめずらしい野菜は、やはり、福井県の越前白茎ごぼう、
そして、岐阜県の一斗芋(菊芋)です。
白茎ごぼう、というのは葉ごぼうの一種で、
一般的なごぼうとは少し違います。
葉や茎や根を食べる、ごぼうで、
きんぴら、てんぷら、などとても美味しくいただけますよ。
一斗芋(菊芋)も味噌漬けなどにすると、シャキシャキと
独特な歯ごたえが楽しめます。

今日、明日、と交通機関が乱れそうですね。
もしかするとお野菜セットの遅れがあるかもしれません。
お天気に左右される部分ではありますが、
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただけますと幸いです。