私たちが、種について語るとき、有機業界の中ではたらきかけをするときに、
絶対にとおりすぎてはいけないと感じていることがあります。
それは、先駆者たちのメッセージです。
1970年代、多くの方へ影響を与えた「複合汚染」(有吉佐和子著)という小説。
ここからいろんな先輩方が、メッセージを発信してきました。
あれから40年、歩んできた方々のこれまでのこと、そしてこれからのこと。
1つでも多く、そのことを知っておきたい、と常に思っています。

11月の月刊タネ会議。
今回は大地を守る会より、
この業界を支え、牽引してきた大先輩!
秋元浩治さんをゲストにお迎えできることとなりました。

私たちは大地を守る会のこれまでのストーリーを
とても意識していました。
その流れやここにいたるまでの経緯、
もっと、もっと、聞きたいと本気で思っていたのです。
私たちが進むべきヒントを、
リスペクトしている方から伺えること、奇跡のような時間だと思っています。
このような機会をいただけたこと、ほんとうに感謝です。

そこで、秋元浩治さんについてご紹介したいと思います。
また、11月のタネ会議にむけてメッセージをいただきました。
どうぞ、読みすすめていただけると嬉しいです。

-------------------------------------------
秋元浩治 あきもとこうじ / ㈱大地を守る会 CSR推進部

87年青年海外協力隊でネパールに赴任し、地方の農村で簡易水道作りに携わる。
「国民ほぼ農民」の中で約3年半暮らし、91年湾岸戦争勃発直前に帰国。
自国の自給力の低さ、危機意識の低さに蒼くなり、ネパールに帰りたくなるが果たせず、
覚悟を決めた時に「大地を守る会」と遭遇。
職種「産地周り」で生産地の仕入れ窓口担当となり、約20年間、仕入れ販売企画に従事。
03年に在来種・在来品種の企画「とくたろうさん」(13年「日本むかし野菜」に名称変更)を立ち上げる。→ (Click!) 
13年から産地交流と市民運動などの活動を推めるCSR推進部配属。
-------------------------------------------

■■■タネ会議に向けて 秋元浩治さんよりメッセージ■■■

タネを取り巻く状況は、遺伝子組み換え(GM)作物が登場してから大きく変わりました。
その変化は世界的な規模で加速度的に進んでいます。
と同時に国内外で在来種・在来品種に多くの注目が集まるようになりました。
それは、在来種の存在が脅かされることへの懸念の表れであり、対抗軸としての
存在への期待と希望の表れであると思います。

在来種・在来品種を守る活動は、スローフード運動や生物多様性を守る運動とも
リンクしながら、 国内外に広がっています。

タネに焦点を当てることによって、世の中の様々なことやつながりが見えてきます。
原発との関連や、共通する問題なども見えてきます。もちろんTPPにもつながります。
目下そのTPPの問題が焦眉の的となっています。
TPPには私たちの食と暮らし、いのちに関わる様々な問題が含まれています。
そしてこれらの問題は全て、こどもたちの未来に大きく関わってきます。

特定の企業によってタネや遺伝子の支配が進められている今、
タネはいったい誰のものなのか、私たちはこの危機的状況をきちんと認識し、
これに向かい合わなければならないと思います。
もちろんタネはみんなのものです。
みんなのものを一人ひとりが大切に感じ、守っていけるようにしたいです。

この危機をみんなでうまく乗り越えて、ご先祖さまが残してくれた
大事なタネを、子どもたちの未来のために、大切につなげていきましょう。
そのためにみんなができることを話していけたらいいですね。
そしてなにか具体的な行動につなげていければなによりです。

大地を守る会 秋元浩治   

--------------------------------------------

大地さんがこれからどのように取り組んでいこうと考えているのか。
ガチの、タネ会議を開催します!
詳細はこちらです→ (Click!) 
Img_aaf8dfc699a2266dee634b06fbdbb84b
月に一度の公開タネ会議、11月も開催します!

在来・固定種の野菜を未来に継ぐべく日々奔走する
旅する八百屋warmer warmer 高橋一也と
オーガニックベースの奥津爾。
毎回ゲストをお招きして熱くタネを語ります。

ーーーーーーー
今回のゲストは大地を守る会の秋元浩治さん
秋元さんからのメッセージやご紹介のページを作りました→ (Click!) 
海外での種を守る取り組み、日本の在来種を守る活動の変遷、
種を取り巻く食野最前線、GM作物の影響等等、
この業界を支え、牽引してきた大先輩!をお迎えして、
タネの今と未来を語り尽くしたいとおもいます。
こんな時間を待っていました!

参加される皆様のご質問やご意見、想いを取り入れながらの熱い3時間。
長い!と思われるかもしれませんが、予定調和や打ち合せなしの
本気の会議ですので、3時間あっという間です。

どなたでもご参加できます。
ぜひ一緒にタネの未来を考えましょう!

 日程|11月28日(木)19:00~22:00
 出演|高橋一也 奥津爾
 ゲスト|秋元浩治(大地を守る会)
 会場|国分寺カフェスロー

 料金|2,500円(ワンドリンク付き)

タネ会議、お申込はコチラ→ (Click!) 
※月刊タネ会議を選択してお申込ください

皆様のお越しお待ちしております!
Img_c2de4f5807546e775cb7fe1f65b829a5
11月15日、新宿伊勢丹にて特別セミナーを開催することになりました。
長崎県の岩崎政利さんをお招きして、高橋と一緒に、
古来種について、知る、学ぶ、食べる、を楽しめるセミナーとなっております。
皆様ぜひご参加くださいませ。
また、お時間に間に合わない方も、
セミナーの後にお野菜や種がお買い物できる時間がございます。
さらに、岩崎さんもその時間にいらっしゃいますので、
直接、お話ができるかと思います。
どうぞこの機会をお見逃しなく、お時間がありましたら
ぜひ、おでかけください。

------------------------------------------
■■■命をつなぐ野菜 アースフードを食べる

幾世代も受け継がれ、日本の各々の土地に根付いてきた在来野菜。
今回、在来野菜を作る生産者と消費者を繋ぐ代表の高橋 一也氏と、30年以上前から在来野菜を育て続けている農家 岩崎 政利氏をお呼びし、野菜の育て方や作る難しさを知り、試食もしていただけるセミナーを行います。
セミナーでは、在来野菜の説明や、種子や花までさかのぼり、生産や販売に至るまでや、その困難などについてのお話に加え、野菜の本来の旨みを味わっていただける美味しい食べ方を試食を交えてご紹介します
------------------------------------------
×特別セミナー
在来野菜を、知ろう、学ぼう、食べよう。

■お申し込み受付期間11/6(水)〜10(日)午前10時まで

その土地に根付き、そこで育った野菜から種を採り
その種をまた土に蒔く。当たり前のように聞こえますが、
これが本来の野菜のカタチだと三越伊勢丹は考えます。
そうした古来の営みのまま、命をつなげてきた野菜たちは、
作る農家が減り、少しずつ失われようとしています。
これらを未来へ残していくためには、美味しく味わって
知ってもらうことが一番。
命をつなぐ野菜がもたらしてくれるパワーを知って、
学んで、そして味わってみませんか。

日程:11月15日(金)2:00〜3:30
場所:伊勢丹新宿店本館7階 バンケットルームA・B
講師:代表 高橋一也/長崎県 岩崎政利氏
参加費用:1050円
※セミナー終了後の4:30〜6:00まで、在来野菜、種子、書籍などの販売を行います。
 入退場自由、入場無料です。

お申し込みはこちらへご連絡ください。
info@warmerwarmer.net
Img_6a9ee0afe0626143dfa8416a4b742ce7
今回の泡山はクリスマスの絵本を持ってきてくださるそうです。楽しみ!
Img_6af04e6858e747c327810a75a413798b
kWEEBUUの屋台、あったかいものを用意してくれるそうですよ!
Img_a8774bf51dffc79a04ca5f7109a12c06
大人気TAIYODOのお菓子たち。
毎月第3日曜日はニチニチ日曜市!

この市に参加してからもうどのくらいたつのかな。
1年と半年くらい、だと思います。
このイチに参加していると、ゆるゆる、というよりも、
コツコツとみんなで積上げていくこと。
そういうことをとても感じます。
だから、一度来てくれたお客さんは
次回も来てくれるし、気持ちよく過ごしてくれるんだと思う。
まだ、ラインナップははっきりと決めていないけど、
そう、今は、かぶ、がではじめました!
赤いかぶ、白いかぶ、大きいかぶ。
グリルにしてみたり、素揚げにしてみたり。
そんな出始め時期のお野菜を持っていきます!
あと、うーん、まだ早いかもしれないなー
佐賀の早生みかん。
おいしいんだよねぇ。佐藤さんおおみかんが!
ちょっと様子をみて、準備できたらいいなと思ってます!
今回は久しぶりのマトカせっけん!
少量しかないようですので、早めにゲットしてくださいね。
それから、銅版画の オバタクミさん。
カレンダーがとても楽しみです。

それではお待ちしておりますので、
あたたかくして、おでかけくださいね。
大好きなニチニチでの八百屋。
私たちも楽しみな場所のひとつです。

11月17日 11:00〜15:30
国立・旭通り ニチニチ(東京都国立市東1-6-1)にて
  
     ゆるひ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・シフォンケーキ
     古本泡山・・・・・・・・・・・・・・・・・古本
     TAIYODO・・・・・・・・・・・・・・・植物性の焼き菓子
     KWEEBUU・・・・・・・・・・・・・・ニチ市屋台
     warmer warmer・・・・・古来種野菜

    マトカせっけん・・・・・・・・・・・せっけん
    オバタクミ・・・・・・・・・・・・・・・・・銅版画の雑貨、2014カレンダー


Img_c88840df954571fd299f3eeef46bf5ac
前回の様子。お店が本当にかわいくて感じがよくて大好きです。
Img_989480c45665cee725686cc62ae1d40d
前回の八百屋の様子。せがれの足、、、
不定期ですが、毎回素晴らしい内容の[88マーケット]
今回は88スタッフさんたちの収穫祭の中で88マーケットを行うようです!
11/24(日曜日)トーク+八百屋にて参加いたします。
餅つきがあるとかないとか!うーー楽しみです!
さらに、今決まっているトークのゲストは
寺田本家の寺田優さん、鴨川地球生活楽校の林良樹さん、
そして、高橋もお話させていただく予定となっております。
さらには、AO YOUNG(DACHAMBO)さんのライブ!
すっごいすっごい楽しみ!

ぜひ皆様でおでかけください。

------------------------------------
★収穫祭2<88マーケット in 白金 ~収穫祭~>
3回目の開催となる88マーケットは、
「収穫祭」をテーマに行います。
いつもよりも野菜たっぷり!で行う予定です。
貴重な88米の限定販売もあるかも!?
トーク登壇者の方なども順次お知らせします!
日時:2013年11月24日(日)
場所:クーリーズクリーク(東京都白金1-2-6)
詳細はこちらでも!→ (Click!) 
------------------------------------

みなさん、素敵な企画をされます、本当に。
出店させていただく、私たちも楽しませていただけるなんて。

それでは、お散歩がてら、マーケットへ遊びにいらしてくださいねー
餅つきを一緒にしましょう!
Img_4028ecf365c3bdde88ffeccbc883c706
ほんとうに沢山の方のご協力をいただいて、
宝物がぎゅっとつまった16ページ。
大切だって感じたことをとりこぼさないように。

内容をちょっとご紹介!
-----------------------
■ 蒜山耕藝さんが遠藤さんを訪ねたわけ
 農家さんが訪ねたい、と思った農家さんのところへ、
 でかけていただき、いろんなお話をうかがって
 それを記事にしてもらう、そんな企画ページをつくりました。
 今回は、岡山県蒜山耕藝の高谷さんが、
 岡山で作り続けようとした岡山在来の「土居分小菜」を
 探しもとめてたどり着いたストーリーです。
 高谷さんの写真や文章がほんとうに素晴らしすぎて、
 手を加えたくなくて、ほとんどそのまま、掲載しました。
 もう、心をつかまれてしまいました。
 高谷さんのお野菜、ずっと食べていきたいと思ってしまう1ページ。
-----------------------

-----------------------
■ 自然村さんが届けたいささやかな食卓
 全国に、世界に。種が大切だ!と発信していらっしゃる
 大先輩たちがたっくさんいらっしゃいます。
 私たちはその方々からゆっくりとお話を聞いてみたかった。
 今、この場所にたてているのは、
 1つ前の先輩たちが土台を作ってくれたからと、
 リスペクトしてやまないのです。
 今回は、練馬区にある自然食品店 自然村さんを訪ね、
 その想い、これまでのこと、これからのことを
 お話いただきました。
-----------------------

-----------------------
■ 和田さんの喝!
 warmerwarmerの野菜師匠、和田高明さん。
 50年近く野菜果物の流通業にバイヤーとして関わり、
 農に関する全般的な知識は卓越したものがあり、
 そこから派生する社会問題、環境問題にも独特な見解を
 もっていらっしゃる、和田高明さん。
 いつも私たちは怒られてばっかり、、、
 今回も沢山、怒られましたのでその一部をご紹介!
 例えば、、
 「それをあんたはたねたねたね言ってさ、
 おもしろくもなんともない話でさ」
 とか!!
----------------------- 
 
宮本農業さんには、ごぼう、おくら、バジルなどの種を
提供していただき、ご紹介しています。
その種を、かっこよく撮影をしたくて、
吉祥寺のお花やさんhibiさんのお店をお借りして。
そして編集には、今回も竹内葉子さんが
今回もどっぷりとかかわってくださいました。
ほんとうに沢山の方の、時間や手や、
なによりあたたかい気持ちをいただいて。
大切に、世に発信していこうと思っています。


それから、前回も書いたけれど。
やっぱり、何回も書きたくなる。

農家さんたちは、日々もがいていて。
季節のいろいろや自然界の変化とかに影響されて。
今年の秋も種まきの時期は大変でした。
一瞬にして数ヶ月の時間を取り戻せなくなる時がある。
それは、季節や自然だけが原因なんじゃなくて、
私たちの「これまで」にも責任があるのに、
農家さんだけが、その影響をダイレクトにうけてしまう。
本当に、様々なことと向き合わなくちゃいけない。
私たちは、シェアしなくちゃいけないと思う。
喜びも痛みも。

そして、八百屋という職業の一番、大切なところだと思っていますが、
作る人の意識やひとつ先の作物を提案する、
買う人の意識やひとつ先の生活を提案する、
そうすることで、何も変わらないと感じてしまっている社会を、
自分の手で変えることができる、
見ている風景は変わらないかもしれないけれど、
感じているイメージできる感覚は、確実に変わっていくと信じています。
それはとても気持ちのいいこと。
心が自由になることにつながっていきます。
 
-------------------------------------------------------------
□□□ お買い求めご希望の方はこちら→ (Click!) 
□□□ 販売にご協力いただける店舗の皆様、こちらまでお気軽にご連絡ください:info@warmerwarmer.net

※「八百屋」の売上から経費をひいた収益は種を守る活動資金として利用させて頂きます。
また、栽培するのに手間がかかり、収量が少なく、カタチが不揃いなどで、
なかなか安定収入に結びつくことができない農家さんたちこのマガジンの中で
農家としての知恵や日々の暮らしのことを記事として表現していただき、
お仕事としてお願いするしくみを作ろうと考えております。
Img_1702860c680da03e14c422bc7c50c956
岩崎さんと高橋のトークの様子。
Img_19820b792b1152f9e56b3b4b0d316c55
もちろん試食もありました。すべて岩崎さんのお野菜で。
Img_ffeee7608aab5310464b82086b25135d
光郷城 畑懐 -こうごうせい はふう- さん 「種」「苗」「土・肥料」と「情報発信」を店舗と通販している創業80年の種苗店です。


先日開催いたしました、11/15 warmerwarmer×ISETAN 在来野菜を、知ろう、学ぼう、食べよう。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
この企画に関わってくださったゲストの皆様、ISETANの関係者の皆様、
それから、会場をお手伝いして下さった皆様、ほんとうにありがとうございました。
当日だけでなく、事前準備段階でも、多くの方の時間をいただきました。
すべて、折り重なり、当日の密度の濃い、時間をつくることができました。
感謝をしつくせない想いでいっぱいです。

マーケットでは、
岩崎さんのお野菜の他に、
光郷城 畑懐 (こうごうせい はふう-)の中村さんをゲストにおむかえして、
種や土の販売会も行われました。
また、中村さんのお話もすごく内容が濃く、
それ以上にお話そのものが上手で、
会場のお客様もスタッフも聞き入ってしまいました。
次回、zineでインタビューをしたい方のおひとりです。
また、伊勢丹7Fの「チャヤマクロビ新宿店」さんの古来種スープをふるまいました。
奥津典子さんのレシピです。とても美味しかった!
帰り際、みなさんがチャヤさんへ立ち寄られているのをみて、
とても嬉しく感じました。

岩崎さんのお話、今回も素敵でした。
毎回、聞いていて感じるのは、岩崎さんの声のリズム、
長崎の言葉というのもあるのでしょうか、
感情豊かな表現とあわさった独特のリズム、
なんだか、畑で野菜たちと向き合ってる時の息づかいに聞こえてきました。
印象的だった、内容をご紹介します。
-------------------
私の家には門外不出とまではいかないが父の代から守ってる野菜がいくつかある。
自家用に作っていたつくね芋もその1つだった。山芋の粘りがあるつくね芋。
いろんな種やさんからつくね芋をいただくが、父たちが作っているのが美味しいと感じて。
伝統野菜のおいしさをつくね芋から知った。
残念ながら3年くらい前から夏の豪雨で、私の農園から全部消えてしまった。
種くらいしか取れない年があった。
それで次の年もやるが、また豪雨。
最後は残ったたねでまた作るが全部全滅。種さえも消えてしまった。

地域の直売所をまわり、
どこか、同じつくね芋を作っていないかどうか、探したのですが、
その年はどこの農家さんも、つくね芋を生産できなかった。
地域の中でつくね芋が消えてしまった。
私が何気なく作っていた野菜。最後は生産できなくなった。
そのことをつくづく今の気候の変化では栽培が難しくなってきたんだなと思います。
-------------------

-------------------
紅芯大根。
最初は割れたり色がでなくて悩んだ時期があった。
ずっと悩みながら10年くらい種を採り続けたが
それでもよくならずに13年目くらい、
今年を最後にしようと思っていた。
本当にやめようとした瞬間にとっても赤くて紅芯になって
あー守ってきてよかったなって。
1つの紅芯になるには15年もかかってきたけど、やめなくてよかったなって。
なぜたねを守り続けるのか、こういう野菜を守ることによって教えてもらったような気がした。
-------------------

声を直接聞くことで、胸に届きます。
作っている方の想いが。
こういう時間は沢山、つくっていきたいと思っています。



FINDING WONDER CHRISTMAS

伊勢丹さんが2009年のクリスマスからスタートした
ワンダークリスマスキャンペーン。
とても感動したのです!
もう、ほんとに、素晴らしいとしかいいようがなくて、
アニメーション、と、伊勢丹という実店舗の中で
こんなことが繰り広げられているなんて!
1つ先を歩く、って、ほんとうにすごい。

-----------
地球が育む、多様ないのち。
をテーマにフィンランドヘルシンキ出身のアーティスト
クラウス・ハーパニエミさんの
とてもすてきなアニメーション。

主人公の男の子が、クリスマスイブに、
ワンダーエデンに迷い込んで、
世界一きれいな赤い実を探すストーリー。
ワンダーエデンの生きものたちの中には、
「種まき兄弟」という生きものがいて、
種を集める三男、穴を掘って埋める次男、仕上げに水をかける長男の
ちびっこ三兄弟、もいます!


ワンダーエデンの入り口はこちら!→ (Click!) 

地球が育む、多様ないのち。

いま、地球上には、3000万種ともいわれる生き物が棲んでいます。
もちろん、人間もその一部。私たちはみな長い年月をかけて、
互いにつながり、支え合いながら生きてきました。

地球が育む、多様ないのち。その豊かさを少しでも守り、受け継いでいきたい。
2009年から続く伊勢丹のワンダークリスマスキャンペーンは、
そんな「生物多様性」へのまなざしから生まれたクリスマスの物語です。

私たち人間は自然の大切さを忘れてしまう時もありますが、
同時に、一輪の花を美しいと感じる心も持っています。
自然の声に耳を澄ます時間。いのちの輝きに心うたれる瞬間。
そんな小さな記憶の積み重ねが、大きな未来につながることを信じて。
この冬、ひとつでも多くの「美しい記憶」が、紡がれますように。
Img_1cd58f5e5909626d933bdc05665a14b7
12月、企画のお知らせです。
warmerwarmerとして、八百屋ではなく「縫い」で参加いたします。
一昔前のように、お正月の支度をすることは
なかなかできないのですけど。
小さな小さな3つの事始めをお伝えしたいと思っています。
どうぞ、お楽しみください。

---------------------

るるる。お正月じたく。

12月13日 正月事始め(しょうがつごとはじめ)
古くは、12月13日は年神様を迎えるためにお正月の準備を始める日とされていました。
この日に門松やお雑煮を炊くための薪など、必要な木を山へ取りに行き、
また、竈(かまど)や囲炉裏(いろり)があったことから、煤掃き・煤納めの行事とも言われました。
煤払いを終えた後には障子や襖の貼り替えなども行います。
現在でも多くの寺院や神社などでもこの日に煤払いの行事が行われているようです。
その他にも、もちつき・門松や松飾り作り・鏡餅飾り・おせち料理作り・雑煮の用意など
各家で準備されてきましたが、最近はこの「正月事始め」をなかなか意識しずらくなってきています。
今回は私たち3人が、
新しい1 年をむかえるための、小さな小さな正月事始めをご紹介。
どうぞ、それぞれの正月事始めを始める一歩になればと思います。

kaonn /hibi / warmerwarmer

---

2013/12/15(sun)

■お昼の部 10:00~14:00 →満席となりました 
■夕方の部 15:00~19:00 →満席となりました  
¥10,000(当日のお支払いとなります)

場所  hibi
    東京都武蔵野市吉祥寺本町2-16-13 3F/R            
    TEL/FAX0422-22-8838

■kaonn 
「正月の食卓じたく」
 特別だけれど 特別でない…
 そんな気軽なひと皿をちょっとしたひと手間で つくりあげましょう  
 知る….work おせちの由来と意味/食材の選びかた
 もりつける あしらう….work おひとりづつひと皿を仕上げていただき召し上がっていただきます
 季節の食卓web→kaonn  (Click!) 

■hibi  
「hibiのお正月飾り」
 神様が、迷わず家に来てくれるように。とお迎えする目印となるのが、しめ飾りです
 ならば!hibiのしめ飾りは『じぶんらしいお飾り』を作って神様をお迎えしませんか?
 お正月飾りのアイテムで、それぞれの意味をもつ縁起物を使いながらも、
 他とはちょっと違うお飾りを作ります。
 作りながら新年の幸せを祈ったり、願いを込めたお飾りを作りましょう。
 hibi web→ (Click!) 

■warmerwarmer 
「食器ふきんを新調する」
 繊維が残らないこと、吸水性に優れていること、乾きが早いこと。
 幾度か洗い拭きを繰り返し、忠実な食器ふきんとして最適な生地を選びました。
 その生地で1年間ざくざくと使えるふきんを縫いましょう。
 手縫いやミシンなど、縫い物の小さなコツもお伝えいたします。
 ※お一人様、2枚の食器ふきんをお持ち帰りいただけます。
 warmerwarmer→ (Click!)