Img_4a13125c57a31c5a00fbb2c7363fc229
このたび私たちは、warmerwarmerマガジン「八百屋」を発行いたしました。

詳細についてはこちらをごらんください→ (Click!) 

八百屋、みたいな仕事をしているつもりです。
正式に言うと八百屋業というものが、
どんなものなのか、私たちには定義があります。
その定義にのっとって、仕事をしていると、
とても身になるお話を聞けたり、
または逆にこちらから情報を発信させてもらったり、
思いもよらぬ時間を過ごすことができるのです。
それは、いいこともあるし、せつないときもある。
ほうぼうからそういう事を、見たり聞いたりしていると、
何か記録だったり、興味のある方に見てもらいたかったり、
それから、もっと知ってほしいことがあったり。
それは、ぜんぶぜんぶ、その想いも含め宝物なのです。
どれひとつ、とりこぼしたくないな、という想い。
そのうまくいえない宝物たちが、
社会というフレームからじわりじわりと飛び出そうとしていること、
それを、今の時代だからできること、として、残したかった。

それから。
農家さんたちは、日々もがいていて。
就農の浅い農家さんたちは特に日々もがいていて。
季節のいろいろや自然界の変化とかに影響されて
一瞬にして数ヶ月の時間を取り戻せなくなる時がある。
それは、季節や自然が原因なんじゃなくて、
私たちの「これまで」にも責任があるのに、
農家さんだけが、その影響をダイレクトにうけてしまう。
なぜか野菜に「はやり」のようなものがあったり、
過剰にできてしまった野菜たちの行き場がなくなったり、
本当に、様々なことと向き合わなくちゃいけない。
そういうことは、きちんとイメージできるひとはわかると思う。
シェアしなくちゃいけないと思う。
喜びも痛みも。

その先へ。
農家さんたちが食べていくには、というか、
安心して作物を育てるためには、
次の作物ができるまでに何かできることはないのか。
それを考えて、できるところからになりますが、
このzineの中で、農家さんたちに仕事を作ろうと思っています。
記事を書いてもらったり、作物を紹介してもらったり。
ほんの少しでも、手元に収入が入るようにしていくつもりです。

そして、さらにはお買い物改革!
八百屋という職業の一番、大切なところだと思っていますが、
作る人の意識やひとつ先の作物を提案する、
買う人の意識やひとつ先の生活を提案する、
そうすることで、何も変わらないと感じてしまっている社会を、
自分の手で変えることができる、
見ている風景は変わらないかもしれないけれど、
感じているイメージできる感覚は、確実に変わっていくと信じています。
それはとても気持ちのいいこと。
心が自由になることにつながっていきます。

今、そのことに共感して下さって、販売にご協力いただいている店舗をご紹介します。
◇新潟県新潟市 マリールーさん→ (Click!) 
◇東京都武蔵野市 ダンディゾンさん→ (Click!) 
◇東京都国分寺市 カフェスローさん→ (Click!)   
-------------------------------------------------------------

□□□ お買い求めご希望の方はこちら→ (Click!) 
□□□ 販売にご協力いただける店舗の皆様、こちらまでお気軽にご連絡ください:info@warmerwarmer.net

※「八百屋」の売上から経費をひいた収益は種を守る活動資金として利用させて頂きます。
また、栽培するのに手間がかかり、収量が少なく、カタチが不揃いなどで、
なかなか安定収入に結びつくことができない農家さんたちこのマガジンの中で
農家としての知恵や日々の暮らしのことを記事として表現していただき、
お仕事としてお願いするしくみを作ろうと考えております。
9/11より継続的に新宿伊勢丹の地下にて、
古来種野菜を販売いたします。

種市からはじまった本当に感謝すべきご縁です。
伊勢丹さんが「やりましょう」と言ってくださいました。

古来種のお野菜は、収量が少ないこと、
生産者が少ない、流通にのりにくい、など。
様々な背景を理解してくださり、
それに対し、前向きに長いスパンをかけて、
伊勢丹として取り組んでいきたいというスタンスを
とってくださいました。
これは本当に素晴らしいことで、
奇跡のようなことです。

土を耕し、芽が出てふくらんで花が咲く。
この感覚を私たちの中にもう一度、取り戻すために、
流通に関わっている中でできること。
デパートやスーパーマーケットに
普通のお野菜と一緒に「棚にならぶ」
私たちのある意味1つの目標でした。
それが、こんなにも力強く実現するのです。
しかも、日本を代表する新宿伊勢丹で。

9月は端境期ということ、
古来種の野菜は収量が安定しないこと、
そして何より私たちの力不足もあり、
私たちが用意したお野菜については
最初は少量からの販売となってしまいました。

9/11〜24までは伊勢丹でのイベントも開催されるので、
できるだけwarmerwarmerスタッフと高橋が店頭におります。
どうぞ足を運んでみてください。
お話など聞いてみたい方は、
こちらまでご連絡いただきスケジュールを確認なさってください。
info@warmerwarmer.net

伊勢丹さんの方で取り扱う古来種の野菜はあります。
皆様ぜひ新宿伊勢丹へ!
9/11から古来種野菜が新宿伊勢丹にて販売されることになり、
それに伴って、沢山の方にご協力をいただき、
古来種の野菜を栽培している生産者を探し求めました。
その中で、気づいたこと。
--------------------------------------
30年前。
「有機農業の認知度が低かった頃、探しても探しても、栽培している人は少なかった」
とよく聞いていた。
それを思い出した。
30年たった今どうだろう。
有機生産者は就農者全体のまだ5%未満。
それでも世の中にオーガニックという言葉が浸透し、こんなにも沢山の
有機野菜を手にとることができるようになった。
何より、人々の意識の高さや認知度が考えられないほど、状況を変えた。
そう、人々の「欲求」と「意識」が、
この30年間で、有機農業を身近にしてくれた、と言っていいと思う。

今、私たちが全く同じ状況で。
古来種のお野菜を探していると、本当に、流通にのせられるほどの野菜がない。
ぐったりするほど、ない。その上に、いろんな問題が度重なる。
理想の野菜に出会ったとしても、作り手は年配のおじいちゃんやおばあちゃん。
もう、畑を広げて新たな流通を!なんて、言えない。
かといって、就農の浅い生産者のお野菜は、なんとか軌道にのせるため、
流通にのせやすい、育てやすい、などの社会のいたしかたない問題で、
古来種とはいえ、みんな同じ品種の野菜を作っている。
これが後に、種を採り続けていれば、
10年たった時、同じ品種じゃなくなる。
その育ってきた風土が種の記憶に宿り、違うお野菜になってくる。
そこまで、私たちは待たなくてはいけないのだ。
生産者と一緒に待たなくてはいけない。
もしくは引き継ぐ準備を早急にしなければ、いけない。

そして、消費者は。
30年前と同じく、私たちの「欲求」や「意識」を声に出さなくてはいけない。

30年前に学生運動とともに、有機業界を広げてきてくれた先人の方たちに、
ただただ、リスペクト!
この30年があり、この土台があるからこその、
今の私たちの活動が成り立っていることが、
身をもって感じることができた。

さぁ、ここから30年、正しくおもしろいことを!
「種が大切だって言い続けようぜー!」

Img_37ea7bb34fcc98d43c4119e5308e1aea
作っちゃいました!作っちゃいました!
「LOVE SEED」
のステッカー!
あ、ちゃらいっすね、
もとい、マーク!
warmerwarmerを介して世の中へ飛び出していった
お野菜たちに、ぺたり、と貼るマークです。
やっとお披露目することができました!

フランスのお話を少し。
フランスも有機食品市場が産まれたのは消費者の欲求からはじまりました。
「もっと自然な安全な食べ物を食べたい」
「自分の暮らしているこの環境を守りたい」
消費者のその気持ちに答えようとして、
販売者は様々なシールやラベル、マークをつけて市場に並べました。
ただ、基準が整備されていなかったので、消費者がとまどいます。
そこで、国が規制をしはじめました。
それがいわゆるABマークです。
それから、AOCマークというものもあります。
その街の歴史をさかのぼり、その商品がどのように産まれたのかなど、調査をして
取得することができます。
これらのマークは国の認証となるので、
その信頼度は世界的に権威を持ちます。

日本では。
食品ごとの優劣を表す指標だったり、
生産工程の安全を表現するためのマークはありますが、
「地域とのつながりや、種のつながりを考えられたマーク」
のような公式な品質表示はありません。


だから、作っちゃいました!
えーーーっっ!
公式ではありません。
えーーーっっ!
全く、なんの効力もありません。
そりゃそうだーーーっっ!

ただ、これを買った人たちが種を守ってるんだぜー!
という意識が少しでも芽生えてくれたらと思ってます。
そして、こういうマークが、
販売者や生産者の中で、たっくさん増えて、
フランスのように、国が動かないかなーとか、かるーく考えています。
ないかなーあるかなーどっちかなー
だから、みなさん、真似してくださいね。
「この野菜を買うと種を生産者と一緒に守っている」
的なマークやシール、じゃんじゃか、野菜や加工品やなんかに貼りましょう!

そして。
ものすごく基本的なことを書きます。
有機の作物は消費者の私たちにとって安全な信頼のおける食べ物です。
それと同時に、
「有機農業は環境を守る生産の方法だ」
ということも、同じ意識の中で持っていてほしいと思います。
今の日本だと「安全安心」が先ばしりすぎています。
それも大切だけど、
オーガニックって、共に生きる生き方であり、
私たちはこのライフスタイルを選んでいる。
それをもっと、身近に感じられるようになるといいなと、思ってます。

で、その延長線上に
「LOVE SEED」
が、広がっていきますように!
Img_deb9fa9917f0dede38a96e660dbfc7c6
Img_9d12980e896e49acf5af9900188e1baa
Img_77eb3c9e96d42cd076f48f24e474dc95
お顔見知りになって3年ほど、たつのでしょうか。
カゴアミドリさんにはじめてお会いしたのは吉祥寺のキチムでのイベントでした。

農業を営んでいる方が、寒い季節に土に向かえなくなった時、
手を動かしてカゴを編み、その季節を過ごしていたと。
それはきっと親から子へ伝えられていく、
生きてゆく技なんでしょうね。
種と同じで、家族の中で代々と伝えられていく。
そんなカゴの背景まで伝えてくださる、カゴアミドリさん。
このたび『古来種の野菜とかごのマーケット』を開催することになりました。

私たちはいつも八百屋の時には沢山のカゴを使うのですが、
今回はカゴアミドリさんのカゴと一緒に、
お野菜たちも並べられると思うと、
何かものすごく深い深い、
日本の四季折々の風景を垣間見ることができるのではないかと、
本当に楽しみにしています。

warmerwarmerは、古来種食堂と八百屋を開催します。
ぜひ皆様、おでかけください。

※古来種食堂は大変申し訳ないのですが、ご予約がないと提供できない場合が多々あります。
お手数をおかけしますが、なるべく早めのご予約をオススメいたします。
info@kichimu.la へメールにてご連絡ください。
(お名前、携帯番号、人数、ご来店の日時をご明記ください)


-----------------

『古来種の野菜とかごのマーケット』warmerwarmer×カゴアミドリ

ずっとずっと、何百年も続く物語をもつ「古来種」の野菜。
くらしの必需品として、技が受け継がれてきた「かご」。
その一つ一つには、個性的な表情と味わいがあり、
つくり手一人一人のストーリーがあります。
いま、伝え残したい「古来種の野菜」と「かご」を、
warmerwarmerとカゴアミドリがお届けします。

日時:10月12日(土)、13日(日)12:00~19:00
古来種食堂:12:00~15:00 限定40食
場所:吉祥寺 キチム→ (Click!) 
*お野菜の販売、古来種食堂共に終わり次第終了となります。

------------------
[世界のかご カゴアミドリ]
日本と世界各地の伝統的なかごを集めた専門店です。身近にある自然素材をつかって、
暮らしの道具を編む手しごとは、世界のあらゆる場所に存在し、脈々とつたわってきました。
自然と寄り添い、文化を伝える、かごのある暮らしの楽しさをご紹介しています。
Img_cbead1ad7836b9745f52ad4d6ab65611
ここでしか聞けない種のすごい話!
冨山さんに石井さんに和知さん!
この大先輩方たちと一緒にトークなんて。
その大きな背中をお借りして、爆走したいと思います。
秋のよい季節となります、
きっと美味しいものも並びますし、
ライブも沢山ありますし、これまた楽しみな時間です。

詳細はこちらもご覧下さい→ (Click!) 
----------------
土と平和の祭典2013
日時 2013年10月20日(日) 10:00~17:00 ※雨天決行

□□□トークイベントに出演します。
10:10〜10:50(40) <種のはなし> 
『在来種、固定種、自家採取のススメ 〜ここでしか聞けない種のスゴイ話〜』
[司会]:冨山普(アースデイマーケット)
[出演]:(予定)
 ◎石井吉彦さん(有限会社ナチュラルシードネットワーク 代表) 
 ◎高橋一也さん(warmerwarmer 代表)
 ◎和知健一さん(POCO A POCO農園 農主)
----------------
Img_e362714747f89e9a8e06d44298e849e2
「coop Hi!」開催決定!

夏に入る少し前にディクショナリー倶楽部の大野さんと、
いろんな話をさせていただきました。
ディクショナリー倶楽部といえば、私たちの青春の1ページ。
あこがれの桑原さんのいる場所。
何か発信することを一緒にやりたい、そう思って、
少しずつ話を進めてきました。
そして、このたび、素敵な素敵なメンバーとの時間を
作っていただくことができました!

服部みれいさんと、南風食堂の三原さんと。

古来種について角度を変えてみていくのか?
それとも、真っ向から見ていくのか?
それとも??

とにかく、どんな時間になるのか
とても楽しみです。
ぜひ、おでかけください。

詳細はこちら→ (Click!) 

-------------------
日本の全国各地には、農家が何代にもわたって守り続けてきた
種で作られた古来種と呼ばれる伝統的な野菜があります。
でもそれらは大きさが揃わない、安定した収穫が見込めないなどの理由から、
店頭に並ぶことはまずありません。今回は、その伝統的な野菜の美味しさを
知ってほしい、種を守り続けてきた農家のことを知ってほしい、そして美味
しくて体にいいものを食べる喜びをみんなと分かち合いたい。そんな想いから
「古来種野菜」にスポットをあてたイベントを開催します。

当日は、古来種野菜を守る活動を続ける〝旅する八百屋さん〟高橋一也さん、
料理ユニット・南風食堂さん、そして「murmur magazine」編集長の服部みれいさんを招いて、
楽しいトークとともに一緒に美味しい野菜と料理を食べ、野菜のこと、
古来種のこと、これからの食のことなどを考えたいと思います。

■日時:2013年10月5日(土) 13時開場 14時トークスタート 17時終了
■定員:40名
■参加費:3800円(高橋一也、南風食堂によるお料理代込み/ドリンク代別)
■会場:ディクショナリー倶楽部千駄ヶ谷 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-13-11 地下1F
■お問い合わせ:電話番号:03-6721-1299(月曜~金曜 11:30~22:00 / 担当:服部)
■主催:クラブキング
-------------------
お申し込みはこちら→ (Click!) 
9月19日に開催されました「月刊タネ会議」
お越しいただきました皆様ありがとうございました!
アースデイマーケットの冨山さんをお迎えしての時間でしたが、
「オレ、2時間、ほんと無理!足りない!もっと時間ほしい」
と、奥津さん。
1時間延長した上に、このセリフ(笑)
それだけ楽しかったのでしょう!

少しの時間でしたが、おひとりおひとりの種への想いを聞けたこと、
そこから受け取るエネルギー、ひらめきやアイデア、
まだまだぐぐっとふみこんで話を聞きたい気持ち。
皆さんと一緒に、ゲストの冨山さんとお話をする中で、
沢山のキーワードが重なりに重なります。
これは来た方にしかお届けできないのが残念ですが、
1つ、冨山さんのおっしゃっていた言葉を紹介させていただきます。

「誰も数えたこともない種たち、信じられないほどの数。
 全部守った方がいいのか、1部を守った方がいいのか。
 迷うことはあるけれど、今は語れる種から残していけばいいだろう。
 それから、もっと高橋さんが増えればいい、各都道府県にひとり高橋さん(!)
 語られるものが残っていく」

今回のタネ会議でなんとなく輪郭をみせてきた言葉。
それは「派生」
これまでは、小さな小さな個である私たちが、
皆さんを発見し続ける日々でした。
点である私たちが、声をあげること。
声をあげた時に何ができるのか。
点が線になる、とよく言われますが、
わざわざ線にする必要はないんじゃないか、
ただ、点が少しでも輝いて、
その点から派生していけばいいんじゃないのだろうかと、
感じているところです。
そうかもしれません、そうじゃないかもしれません。
ただ、今回の時間の流れの中では、「派生」が見え隠れしました。

冨山さん、最後の最後にちらっと韓国で出逢った
種人たちの話をしてしまったものですから、全員大興奮。
その時点で残り時間あと10分。
はい、冨山さん、10月の種会議でもぜひお話ししてください!
と、その場で交渉決定!
というわけで、10月の種会議には冨山さんが参加されます。
今回キャンセル待ちだった方、大変申し訳ございませんでしたが、
ぜひ次回開催へお出かけ下さい。

というわけで、第1回タネ会議は大盛況のうち1時間30分延長してお送りいたしました。
ついては、あらためて詳細を告知いたします!
さらなるゲストも、ご期待ください!
Img_8013f89b057c9f96157e5c74944a484b
月に一度、公開タネ会議、10月も開催します!

在来・固定種の野菜たちを未来に継ぐべく日々奔走する
旅する八百屋warmer warmer高橋一也と長崎移住直後の奥津爾。
毎回ゲストをお招きして熱くタネを語ります。

ーーーーーーー
今回のゲストは暮らしまわりのジャンルにおける書籍を中心に、
雑誌や広告などの企画、ディレクション、執筆を手がけている
BOOKLUCK代表の山村光春さん。
そしてもう一人は前回に引き続き、
アースデイマーケット事務局の冨山普さん。

前回の開催ではとても2時間におさまらず急遽1時間延長、
皆さまのご質問やご意見、想いを取り入れながらの熱い3時間。

どなたでもご参加できます。
ぜひご一緒にタネの未来を考えましょう!


 日程|10月16日(水)19:00~22:00(受付 18:40より)
 出演|高橋一也 奥津爾 
 ゲスト|山村光春 冨山普(アースデイマーケット)
 会場|オーガニックベース 教室 
 定員|25人
 受講料|2,000円(ワンドリンク付き)

タネ会議、お申込はコチラ→ (Click!) より
※月刊タネ会議を選択してお申込ください

皆様のお越しお待ちしております!!!