Img_5133575500ea7558a0228908ff267e6d
5月12日(日)に第2回88マーケットへ参加します!

今回も、農産物や雑貨などの販売をはじめ、
トークやライブなど盛りだくさんの内容です。
warmerwarmerは古来種のお野菜の他に、
山本太郎氏や前田幸宏氏(こどもみらい測定所)との
トークにも参加します。
この機会にぜひ、足を運んでくださいね。
-----------------------------------------
【日時】2013年5月12日(日) 11:00~17:00(予定)
【場所】クーリーズクリーク(東京都港区白金1-2-6)
【出店】
   warmerwarmer
   ……在来種・固定種の野菜や有機野菜の販売
   アリサンオーガニックセンター
   ……ナチュラルスイーツ、ヘルシーバー、ドライフルーツなどの販売
   GOHEMP
   ……ヘンプウェア、グッズの販売
   B.P.TRADING
   ……ヘンプ、オーガニックコットンの洋服、シューズなどの販売
   アブロイ
   ……熊本産無農薬野菜、雑貨、バッグ、衣料、アクセサリーなどの販売
   and more!

【トーク出演】
   山本太郎×前田幸宏(こどもみらい測定所)×高橋一也(warmerwarmer)
【ライブ出演】
   千尋
※トーク、ライブのご入場には、当日入場整理券をお配りする予定です。
 配付時間等は、後日こちらでご案内します。


詳細はこちらからも!→ (Click!) 
先月のニチニチ日曜市は、2005年5月の初回から
ジャムを販売しつつニチニチ日曜市の先頭に立ち続けた
エバジャムのラストでした。
そしてここからまた、ニチニチ日曜市の新しいページがはじまります!
今月は 5/19 に開催。
そしてニチニチ日曜市は8周年!
毎年恒例スタンプ2倍!
初出店のblan chienさんと皆川珈琲さん、
と、かわいい雑貨屋Cha-tu-chaさんをゲストに迎え
8周年らしくわいわいと。


4/21(sun)  11:00-15:30  ニチニチ日曜市
   国立、ニチニチにて/住所:東京都国立市東1-6-1
   電話でのお問い合わせはご遠慮下さい。

   [参加店]
   TAIYODO(植物性の焼き菓子屋)
   ゆるひ(シフォンケーキ)
   KWEEBUU(ニチニチ屋台~今月はタコライス~)
   古本泡山(古本)
   warmerwarmer(古来種野菜の販売)

   [ゲスト]
   Cha-tu-cha(雑貨)
   Blanc chien(天然酵母パン)
   皆川珈琲(珈琲豆の販売)
Img_3318bac47477b8fc9415a058762576bf
3月も大好評だったカフェふたつの木さんでのマーケット。
ご近所さんということもあり、とてもアットホームなマーケットです。
この二日間はキチムでの「古来種食堂」がありますが
お野菜の販売をこちらでも開催します!
ぜひ遊びにいらしてくださいね。
夏休みみたいな、肌感覚、きっと。

※warmerwarmerは5/26のみの参加となります!
-----------------------------------------------------

『ベジタリアンの方も、そうでない方も一緒に食卓を囲める、
「Cafeふたつの木」のちいさなイベントです。
安心して食べられるもの、丁寧に作られたものを。
作るひと、うけとる人が言葉を交わすことの素晴らしさ。
ここから、未来へつながる愉しい時間を
あたたかくひろげていけたらうれしいです。
わたしたちの小さな一歩から。』


日時: 2013年 5/25(土)〜26(日)
    12:00〜18:00

飲食: 25、26日○「Cafeふたつの木」野菜たっぷりごはん・炭火焼
    25日   ○「Khanam」卵と乳製品を使わないお菓子
    26日   ○「tottorante」スイーツ

販売: 25、26日○「Cafeふたつの木」ひとてまおかず
          ○「にほん酒や」おいしいもの
          ○「peker chise」蜜蝋ろうそく
    25日   ○「per.」真ちゅうブローチ制作・販売
    26日   ○「warmerwarmer」古来種の野菜
          ○「タルマーリー」自家製天然酵母と国産小麦で作るパン


※エコバッグにご協力ください。
※自転車、車の駐車スペースはございません。ご注意ください。
-----------------------------------------------------
Cafe ふたつの木→ (Click!) 
武蔵野市吉祥寺本町4−6−10
tel. 0422-21-3390
12:00~18:00(L.O.17:30)
※金曜日のみ12:00~16:00/18:00~22:00(要予約)
定休日 月・火曜日、不定休
-----------------------------------------------------
初のこころみです。
いつもお世話になっているキチムのキッチンをお借りして、
古来種食堂を開催します!

[日時] 5月25日(土)5月26日(日)6月1日(土)
     12:00~15:30まで (1日/限定40食) ※なくなり次第終わりです
[場所] キチム 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-7 吉祥ビルB1
     webはこちら→ (Click!) 

身近な大切な人や大切な友人や大切なお店の方たちが心をこめて作った、
大切なたべるものを大切にしたい人たちと大切にいただくと、
その食べるという行為がとてもキラキラしたものにみえてきます。

ずっとずっと何百年も続く物語をもつお野菜、古来種。
ここ、吉祥寺から続く物語のある食べ物。
それから今知っていただきたいことなど。
1枚のお皿に並べてみたいと思っています。
出逢い、語らう場となりますように。

※古来種野菜の八百屋も同時開催しておりますので、お気軽におたちよりください。

ご予約をご希望の際は、info@kichimu.laへメールにてご連絡ください。
(お名前、携帯番号、人数、ご希望の日時をご明記ください)
-------------------------------------------------
追記 メニューについて

今回のメニューは、古来種野菜の他、
ひとつのプレートの中に吉祥寺の身近な方々が
大切に心をこめて作ったパンとスイーツをあわせます。

■■■古来種野菜といただくクラッシックなパン
  吉祥寺でお料理の教室やパン教室をされているkaonnさんにお願いしました。
  いつも私たちの傍らによりそってくれていて、
  お手伝いしてくれたり考えを共有してくれているひとり。
  kaonnさんのweb→ (Click!) 

■■■スイーツはやっぱりAKラボさん
  大切な方へ何か手土産を。
  そんな時にいつもいつもAKラボさんにお願いしています。
  今回、念願がかなって一緒にひとつのプレートをつくることができました。
  AKラボさんのweb→ (Click!) 



Img_91830f68eaad4b038370947a8615d811
4月27日、28日 古来種ファーマーズマーケット「種市」によせて

古来種ファーマーズマーケット「種市」が終わり、
その余韻からぬけだせないまま、ずいぶんと時間がたってしまいました。
■■■公式レポートパート1はこちら→ (Click!) 
■■■公式レポートパート2はこちら→ (Click!) 
■■■奥津典子さんのブログ→ (Click!) 

レポートなどはうまくまとめる自信がなく、すみません。
公式レポートや奥津典子さんのブログなどで、
種市の雰囲気を味わっていただければと思います。
種市によせた想い、これまでの夢、これからの夢、などについて、
少し、書かせていただこうと思います。

-------------------------------------------------------

古来種のお野菜を、いろんな場所で紹介したり販売したりしていると、
どうしても一般種の野菜と比べられてしまいます。
「日持ち、色合い、カタチ、長さ、色、大きさ、そして、値段」
スーパーには食べきれないほどの野菜が並び、破棄されていく中で、
安いをよいとするのか?高いをどうとらえるのか?
古来種のお野菜を一般種の野菜と同じ土俵におくと、どうしても比べられる。
であれば、古来種野菜だけのマーケットを開催したら、
サンフランシスコのファーマーズマーケットのように、
来ているお客様と野菜を販売している生産者の方々が、
「販売する⇔購入する」だけではなく、その先にある、
共感しあうこと、種を未来につなぎたいと思うこと、など、
購入するだけではなく、その意識も共有できる場。
そういった場ができるのではいか、と常に考え、常に人に話をしていました。

素晴らしいサンフランシスコのファーマーズマーケット。
サンフランシスコ地震が発端でもあるのです。

もちろん、古来種の野菜が特別ではなく、
日常的にいただけることが大きな大きな理想です。
ですが、今、できることは、
種について意識ある人たちへ問いかけること、
さらにその方のすぐ隣の方へ語りたくなるような
「楽しい場」をつくることが必要だと常々感じていました。
構想は出来上がっていました。
が、やはり私一人ではなかなかできることではなく、
独立してから悶々と2年がたとうとしていました。

そんな時に、別の仕事の関係で、オーガニックベースの奥津爾さん、典子さんと出逢います。
そして、種を守る活動をしている、古来種ファーマーズマーケットをやるのが夢だ!
と赤裸々にお話をさせていただいたところ、

「やりましょう!」

と。
びっくりしました。
何度も打合せをするうちに、本当に開催することになり、
場が決まり、ご縁のある方々が集いはじめ、
これまでいろんな方が難色をしめしてきた、このマーケットに、
奥津ご夫妻のお二人が関わってくださる。
もう、これ以上のことはないと思い、全力で企画を進め、全力で野菜を集めました。

これ以上の言葉がでてきませんが、
奥津ご夫妻に、心より感謝申し上げます。

ご来場頂きました方々、そして種市の企画をツイッター、フェイスブック、
ホームページ、ブログ等でご紹介頂きました方々、
また、今回の企画にご出演にご協力いただきました皆様、
本当にありがとうございました。
「種市」が進んでいく2日間、種の大切さを発信しようと思っていましたが、
皆様からのうねりやエネルギーを逆にいただいてしまいました。
感じております、それをまた次の何かへカタチを変えようとしています。


「種市」が終わってから、
「本当に種を次代に受け継ぐことができると信じていますか?」
「この活動は、うまく行くと思いますか?」
との質問を多く頂きます。
うまくいくかどうかは、今も正直わかりません。ただただ、信じて行動しているだけです。
古来種の野菜がただただ「美味しい」と思ったから、それをただただ残したいと思っているだけです。

東京に住んでいる私たちはほぼ自給率0%です。
自分たちの食べるものすら作れていません。
であれば、私たちの一部をつくる食べることへの選択をしてほしいのです。
「先祖から受け継いできた野菜を食べるよ!」と。
そうすると、種を守っている方々へメッセージが伝わり、
時間こそかかるかもしれませんが、私たちの毎日の生活の中で普通に取扱いされるようになり、
「古来種の野菜」に触れられること、そして食べること、学ぶことが、
継続していくことを願っています。
地産地消ができない東京であるからこその、選択、です。
それができる東京ってかっこいいじゃないですか。

それから、今回「種市」を開催した春という季節は夏野菜への切替の時期でもある「端境期」でした。
ですから生産者の方々は、今、畑にあるものを、「もうこれしかないよ!」と言いながら、
せいいっぱい、本当に何もない中、お野菜を出荷してくださいました。
ですから、かき菜やのらぼう菜、間引き菜などの葉物が多かったことに気づかれたことでしょう。
ないのです。。。
自然にお野菜をつくっていると、この季節は本当にお野菜がないのです!
それを理解しての開催でしたけど、
生産者の方には「なぜ、、いま時期に、、」と何度も言われました(笑)
でも、「野菜がない」ということも、知ってほしかった。
でも、ないからといって、売場に野菜がないのは、かっこ悪いので、
必死に全国から集めました。
両手に電話、途中でファックス、今いきます!と車で出かけて、
帰ってきたらジーンズと靴は泥だらけの毎日。
おかげで涙が出てきそうなお野菜がなんとか集まりました。
有機農業界の方がみたらきっとびっくりされるような生産者のラインナップ!!
その素晴らしさと一緒に、もう少し生産者にフォーカスできればよかったのですが、
それは、反省点として次回へ持ち越し。

そして、生産者の方々はそれぞれにおっしゃいました。
「夏ならもっとあるのに!」
「冬ならもっともっとあるのに!」
と。

おっしゃるとおり、夏と冬の季節には、
もっと多様性のあるお野菜を皆様にご紹介できると思います。
私も出逢ったことのない野菜がまだまだ沢山あるのです。
その野菜に会いたい!
それを皆さんに紹介したい!

古来から今にいのちが繋がっているお野菜たちは、
私たちにたくさんのメッセージを伝えたいと、ひっそりとどこかで待っています。
私たちがそれをみつけてきます。
そして次の種市で紹介したいと思います。

「種市」への想いというか、種への想いというか、生産者への想いというか、
歴史への想いというか、経過していく時間への想いというか、
出逢った方々への想いというか、いくら感謝の気持ちを並べても並べても、
全くもって足りませんので。

その気持ちを次の種市で表現できたらいいなと思います。
いのちに祈りを。

高橋一也

Img_ae21a551ec0eed5b2107e40363a2f5c4
5/25,26のメニューです!
5/25,26キチムでの古来種食堂へお越しいただきました皆様、
本当にありがとうございました。
ゆっくりと、warmerwarmerのごはんを味わっていただけましたでしょうか。
写真はメニューの1部です。
しかのスープはくさみがなくて本当においしいですよ。
ぜひ、おためしください。
次回は6月1日(土)です。
どうぞ、お誘い合わせの上、遊びにいらしてくださいね。
----------------------------------
日時 6月1日(土)12:00~15:30頃まで *なくなり次第終わりです
キチムのwebはこちら→ (Click!) 

身近な大切な人や大切な友人や大切なお店の方たちが心をこめて作った、
大切なたべるものを大切にしたい人たちと大切にいただくと、
その食べるという行為がとてもキラキラしたものにみえてきます。

ずっとずっと何百年も続く物語をもつお野菜、古来種。
ここ、吉祥寺から続く物語のある食べ物。
それから今知っていただきたいことなど。
1枚のお皿に並べてみたいと思っています。
出逢い、語らう場となりますように。

*古来種野菜の八百屋も同時開催しておりますので、お気軽におたちよりください。
*ご予約希望の際は、info@kichimu.la へメールにてご連絡ください。
(お名前、携帯番号、人数、ご来店の日時をご明記ください)


----------------------------------
しか、しかのスープ、なぜ、しか、なの??
ここ数年、畑では天候の問題以外にも獣害が全国的に相次いでおり、
農家さんを苦しめる大きな問題の1つとなっています。
大切に育てられた野菜たちがシカやイノシシなどの動物たちに食べられてしまうのです。
それはなぜおこってしまっているのでしょうか。
多くは語りませんが、農家さんたちがそんな問題と常に背中あわせでお野菜を生産されている
という状況を知っていただきたくて、猟師さんが作った、しかのスープをご用意しました。
いつもいただいているお野菜が農家さんの手によって、
どれだけ守られているのでしょうか、想像してみましょう。

そしてパンはいつも私たちの傍らによりそってくれて共感をしてくれる
kaonnさんのパン。そっとお料理をひきたててくれるようなクラッシックなパンです。
また、大切なお客様へ何か手土産を。そんな時にいつもお願いしている
A.K ラボさんのショコラマカロンもあわせて。

古来種のお野菜とおいしい時間を。
Img_bbb60088231a0abc71ec3ab01e667dfc
[特別上映会] 6月8日(土)『モンサントの不自然な食べもの』
枝元なほみ氏(料理家)とのトーク決定!!
------------------------------------------------
『モンサントの不自然な食べもの』(マリー=モニク・ロバン監督)
6月8日(土曜日)永山駅 ベルブホールにて/東京都多摩市永山1-5 ベルブ永山5F
 10:30-12:18 第1回上映
 12:20-13:00 ゲストトーク
 14:00-15:48 第2回上映
 15:50-16:30 ゲストトーク
 17:30-19:18 第3回上映
 ※全席自由席・各回入替制です。
 ※開場は各回15分前です。
 ※スケジュールは変更になる場合があります。
 前売/大人1,000円 当日/大人(高校生以上):1,200円 こども(小・中学生):600円

同作は、遺伝子組み換え作物市場の世界シェア90%を誇るグローバル企業・モンサント社の
歴史や実態を、証言・取材に基づいて描くドキュメンタリーです。
自然界の遺伝的多様性や食の安全、環境への影響、農業に携わる人々の暮らしを
意に介さないモンサント社のビジネス。
生物の根幹である「タネ」を支配し利益ばかりを追求する現在の「食」の経済構造に
強い疑問を投げかけています。

毎日の食べ物は生き方を選ぶということ。
そして、知ることで守れる未来があるということ。
42カ国で公開され、大きな影響を与えた、「食」ひいては「いのち」めぐる世界の構造を暴く、
今こそ見るべき作品です。
作品の上映とゲストトークを通して、まずは実態を知ること、そして、これから1人1人が出来ることについて、少しでも考えるキッカケになればと思います。

モンサントの不自然な食べ物公式サイトはこちら→ (Click!) 
詳細はこちらもご覧ください→ (Click!) 
■■■6/13(木)渋谷アップリンク 18:30~の映画の後、20:30〜(45分程度)

------------------------------------------------------
6月8日から渋谷アップリンクにて、映画『世界が食べられなくなる日』の上映後に
トークイベントが開催されます。

6/8(土)はジャーナリストの天笠啓祐さん、
6/9(日)遺伝子組み換え食品の専門家、安田節子さん
6/10(月)環境活動家の田中優さん
など、毎回すばらしいゲストの方々がお話をされます。
そんな中、大変恐縮なのですが、
高橋も6月13日(木)の夜に、トークをさせていただくことになりました。
いまなぜ在来種、固定種を守ることが必要なのかを、お話したいと思います。
ぜひ、ご来場ください。

詳細はこちらもごらんください→ (Click!) 
Img_7b21b1a2a936889b031ebd7a9b8fc088
今、発売されている天然生活にご紹介いただきました。
野菜の師匠、オーガニックベースの奥津さん、
それから畑でいつもお世話になっているご夫人の方々。
私たちの日常が大切に切り取られた1枚になりました。
機会がありましたらぜひごらんください。

6/16(sun) ニチニチ日曜市 11:00-15:30
   前回のニチニチは8周年ですごく盛り上がりました!
   端境期の私たちはいつもより品薄で、あひん、って感じでしたが、
   夏にむけてすこしずつ、お野菜の種類も増えてきますし、
   なにより!あのタマネギがもうすぐ!?
   いい季節になりましたから、国立お散歩にいらしてくださいね。

   国立、ニチニチ/住所:東京都国立市東1-6-1
   電話でのお問い合わせはご遠慮下さい。

   [参加店]
   TAIYODO(植物性の焼き菓子屋)
   ゆるひ(シフォンケーキ)
   KWEEBUU(ニチニチ屋台~今月はタコライス~)
   古本泡山(古本)
   Samosa wala Timoke(ベジタリアンサモサ)
   マトカせっけん
   warmerwarmer(古来種野菜の販売)
   [ゲスト]
   カフェトホ