「ニチニチ日曜市」
16日(日)am11時~pm3時半 (売切れご免!)

国立、ニチニチにて
住所:国立市東1-6-1
電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

参加店
エバジャム(ジャム)
TAIYODO(雑穀クラッカー、スコーン)
ゆるひ(シフォンケーキ)
KWEEBUU(パウンドケーキ)
古本泡山(古本)
Samosa wala timoke(ベジタリアンサモサ)
warmerwarmer(固定在来品種野菜)
Img_766d44f71a0fef6cae4d6316d7bfdb143a9ddef7
材料をぜんぶそろえて。色とりどりでとてもきれいです!
Img_d2d87e5df0104f1fd6b44a7c921e50e58328b0f8
これでもマフィン!ってくらいの量をもりもりともりつけました。
Img_3426ee229803aad58f9de7d350c04fb028068afe
すごーく美味しい、甘くなくてパンみたいでおかずみたいなマフィンができあがりました。

------------------------------------------------------
いつもいつもお手伝いしてもらっている、
konaさんからベジタブルマフィンのレシピを伝授してもらいました!
甘くない、マフィンです。
とても美味しくできました。
konaさんのweb→[konaよもやま帖
秋の教室見学会もスタートしています!
ご興味のある方はぜひ。
本当に、美味しいのです、konaさんのパン!
9月 研究所オープンのお知らせ

■■■お昼の時間 12:00-18:00(ランチは限定10食です)
火曜日~土曜日 (日、月はおやすみ)

■■■夜の時間  19:00-23:00
9/14,15,21,22,28,29 

その他のオープンが決まりましたら後日お知らせします。
----------------------------------------------

古来種のお野菜を、どうしても食べてほしくて、
どうしても食べてほしくて、
できる範囲で夜のごはんの時間もオープンします。
どうぞ、お話をしに遊びにいらしてください。
Img_924b4f3247b143eee8765a1277ee3687a15e7c58
Img_9bb6e76fa8ea088136f27a991e76db00a0ae935d
Img_f69cbe78d299d437d3f480d48d0eb1eb4892a5f5

8日、9日と沢山の方々が、
足を運んでくださいました。
本当にありがとうございました!
とにかく、予想以上の方々が来てくださり、
きちんとご挨拶もままならない方もいらっしゃいました。
大変失礼いたしました。

とても心が満たされたスタートです。
これから、研究所として、
私たちから発信できることを表現したり、
種、について、私たちなりの研究をしていきたいと
考えております。
半年という短いスパンではありますが
みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

warmerwarmer 高橋一也







Img_08ea03ff8fbb66b08e08d7c4555a724e8fa79644
Img_df4f0363791b9ec930399da5eb79232a7bbb2f6c
Img_0791a73c7306b2d0feeb49672176e93f35903810
----9日 田村さんの種とりのワークショップ

岩手県盛岡市からかけつけてきた、田村和大さん。
星の数ほどあるサイトの中から、私たちのサイトをみつけてくれて、
コンタクトをとってくださったのが、10日程前。
ちょうど、研究所オープンの告知をしたタイミングでした。
連絡をとりあっているうちに、
田村さんの身近な方やまわりにいらっしゃる生産者の方が、
高橋と知り合いだったことがわかり!(びっくりするほど!)
田村さんは急遽、バスにのって東京にやってきてくださいました!
その行動力に私たちは本当に感激して、
彼が毎日毎日、雨がふっても風が強くても、
むかっている畑でとれているお野菜を持ってきてくださり、
種採りのワークショップをしてくださいました。
彼の情熱、がまわりにいたお客さんをまきこんで、
素敵な時間が流れはじめました。
研究所にいた30名ほどの方々が一気にその空気に巻き込まれて、
ナスの種をとる、その時間にたちあいました。

あぁ、こういう雰囲気の中で、こういったことが、やりたかったなと、
高橋所長は思っていたようです。

おひろめ会が終わってから、田村さんと高橋をそっとしておいたら、
ずっとずっと話が終わらず、もう終わらないだろうから
こっちにきて、ごはんでも食べましょうと誘って、
打ち上げのごはんを食べていたのですが、
それでも、二人はまわりを気にせず、ずっと話をしていました。

高橋が田村さんに言っていました。
「ずっとずっと、この想いが誰に対しても一方通行だったから孤独だった」
「はじめて、手にとるように考えてることがわかる人に出逢えた」
と。

男のロマンなのでしょう、宇宙を感じますね。

田村さん、また、ワークショップをしてくださいね!
あなたのような方との連携が、この研究所に色をつけてくれます。
Img_f03e76f29b3719ac47c64abc140a9d365932ed68
-----おひろめ会のときのお野菜の紹介です。

長崎県雲仙の岩崎政利さんのお野菜
 岩崎さんの畑はこの時期より端境期に入ってしまって
 お野菜がなかなかない状況の中、オープンに間に合わせて下さって
 送ってくださいました。本当にありがとうございます。
 岩崎さんの冬野菜がお目見えするまで、
 しばらく、お野菜がないとのことですが、
 首を長くして待つのもまた、それはひとつの季節ですね。

京都府中村さんのお野菜
 中村さんのお野菜たち。夏の霧深い毎日を過した
 緑ナスやトマトピーマンなど、夏野菜がとても充実していました。
 特に中村さんの緑なす!食べてみると本当に体がよろこびます。
 関東ではなかなか売られていませんので、
 出逢ったら、手にとってみてください。

熊本県水上市 平山俊臣さんのお野菜
 平山さんの黒なす。
 焼いたときに身がしまったもの、も好みですが、
 身がとろとろにやわらかくなるのも、美味しいです。
 平山さんの黒なすは身がやわらかくなるもの。本当に美味しかったです!
 それから、万願寺とうがらし、、、、もう、言葉になりませんでした。

今回、8、9日と沢山の方がお買い上げくださったのですが、
どんな食べ方をして、どんな感想をお持ちなのか、
ぜひ、聞いてみたいなーと思いました。

 
Img_dffd12e86b5a85b9c869404dc708e0d46abecfb1
----古来種ごはんセットの紹介です。

・新潟県よりとりよせた美味しい銀ダラの味噌漬け
・山口在来きゅうり
・苦瓜のてんぷら
・人参のサラダ
・八丈オクラの梅肉ソースかけ
・モーウィーのアンチョビソースかけ
・万願寺とうがらしのグリル
・はたけなのおひたし

・福岡県産無農薬のしろめし
・自家製お味噌のおみそしる(モロヘイヤとお豆腐)

お野菜はすべて古来種。
とにかく、何もせずにシンプルに、その素材を楽しんでほしかったのです。
Img_ca6725ccd5a2c2eb67062406b565207638595906
----鶴首かぼちゃとモロヘイヤのベジマフィン

「konaさん、konaさん、いそがしくってマフィンがどうしても間に合わないー(涙)」
と、お願いをしたところ、konaさんがじきじきにマフィンを焼いてくれました。

初日に沢山焼いたのに、8日のうちになんと完売!
次の日はパン教室で忙しいのに、
私たちのために朝早くからマフィンを焼いてくれて、
本当に助かりました、ありがとうございました!
そしてもちろん9日もあっという間に完売でした。


自由ヶ丘のTODAY'S SPECIALにて、
Cooking Classをさせていただきます。
古来種のお野菜 についてご興味のある方は、ぜひご参加ください。
皆様にお会いできるのを楽しみにしております。
----------------------------------------------------------
9月のワークショップのお知らせ 2
『旅する八百屋さんが教えてくれます!』
"旅する八百屋「warmerwarmer」さんのCooking Class"

昔から受け継がれてきた自家採取・古来種の野菜を守り育てている、
warmerwamer高橋さんのクッキングクラス。
古来種についてや長崎で有機農業と種の自家採取を実践している
岩崎さんの野菜についてのお話、
伝統野菜の素材のおいしさを味わえる試食もあります。


日時:
9月22日(土)11:00〜12:30 
9月23日(日)11:00〜12:30
場所:TODAY'S SPECIAL Jiyugaoka 1F 
講師:warmerwarmer代表/高橋一也さん
参加費:3,150円(お土産付き・税込み)
定員:10名
持ち物:なし
予約制:お電話または店頭にてお申し込みください。(03-5729-7131)
Img_b92a6bf2581270da781f57b1a38eba0eeac563f8
鶴首かぼちゃとはきりんのような首をもつかぼちゃ。ポタージュにしてみます。
Img_4c403f0b7066bfb0ee646355093240250028866f
おいしくなーれ、おいしくなーれ。
Img_66220d983981e5968f98c59ce45a421c2674cd11
牛乳も生クリームもいれていないけれどとても上品な味のポタージュができました!今夜のメニューの一品です。








Img_aa9e76f1b4bc178a6227dde8b92399954eaa7492
オープンのお祝いにといただいた沢山のお花が少しずつ枯れてきたので、それをばらしてまた新しいお花を足したりして、アレンジしなおしたりしています。


9/22 夜の時間、営業をする予定でしたが
急遽、おやすみをいただくことになりました。
ご予定いただいていた皆様、申し訳ございません。
どうぞよろしくお願いいたします。

warmerwarmer 高橋
カテゴリー名

9月19日 Alice Waters『THE ART OF SIMPLE FOOD』 日本語版~出版を祝う会~
渋谷のdaylightkitchenにて開催

本当に素敵な会でした。
あまりきちんと写真に残せずとても残念でした。

プログラムが2つに別れており、
第一部はクッキングデモンストレーション&トーク
ゲストは野村友里さんと、シェ・パニースのペイストリー・シェフ、
スーチンさんもパイづくりに参加してくださいました。
おふたりのトークも絶妙!
楽しそうに進んでいく時間をみる間に、
パイもサラダも美味しそうにできあがっていきました。

カテゴリー名

こんなに大きな講堂で。
何か、渦、のようなことがはじまる少し前の時間。
高橋はこのプログラム1の司会!を努めました。
(たくさん、かんでいましたが)

カテゴリー名



カテゴリー名

スーチンさんのパイ!
日本のいちじくは、そのまま果実として食べるのがとても美味しい!
だから、パイにするときには、生地の柔らかさやお砂糖の加減、
それから一緒にあわせる果実などにも、気をつかって。
そして、澤登さんの葡萄をあわせて。
このいちじくの、つんつんとしたところが、
いやみなく少しだけ焦げているところが素敵です。

カテゴリー名

質問の時間がたっぷりあったので、
クッキングの最中にわからなかったことや、
こういった時はどうするの?
なんて質問、それから、
シェパニーズのシェフのお話や
もちろん、アリスさんのことまで。
今のシェパニーズについて、
野村さんとスーチンさんから
かいま見る事ができました。

第二部はフィルム&トーク
ゲストは「アート・オブ・シンプルフード」の訳者であるお二人
堀口博子さん、萩原治子さんのお二人です。
(この時間、ばたばたとしており写真が1枚もなく、、記録係の失態ですー)
萩原治子さんは今回NYから駆けつけてくださいました!

プログラムでは、お二人の熱意!で実現した
アメリカン・マスターズの
『アリス・ウォータースとデリシャス・レボリューション』
の日本語版が初めて公開されました。
(これまでの小さな学ぶ会で後ろで流していた
とても奇麗で皆さんがくぎづけ!になっていた映像です)

アリスについて沢山の著名な方々が語られている映像は、
とても強い信念を持ちゆるがない愛で、
この40年間、食を通してデリシャスレボリューションをおこしたのか、
特別なことではなくて、とにかく行動することに意味がある、
そいういうことを、ひしひしと伝えてくれる映像でした。

その後はフリースピーチ!
その間、お食事をいただくのですが、
今回、アート・オブ・シンプルフードのレシピから
デイライトキッチンのスタッフが、ビュッフェスタイルのお食事を
用意してくださいました。

この食材がとにかくすごいのです。
八百屋の私たちからみても、本当に一流!というか、
言葉では言い表せないほどの、
ストーリーや背景のある生産者さんたちがつくる、
季節の野菜があつめられました。
その、お一人ずつの方のお話を聞きながら、お食事をするのですが、
その思い入れ、その野菜たちの大変さ、そしてそのお野菜や果実たちが
どれほど美味しいのか!
皆さんにわかってもらいたい!
そんな気持ちを沢山聞けました。

アリスを介することで、こんな時間が過ごせる。
ただ単純に私達が生産者に集まってもらっても、
私たちの言葉や行動では、役不足であって全てを伝えきれない
そんなもどかしさ、というのはありました。
こんなカタチで理解していただくことって、すごく難しい。

でも、アリスを知りたい!という気持ちと、
そこからの食べ物への興味、
それから生産者への感謝や興味へつながっていく。
こういった、つながり方もおおいにあるな、と思った1日です。
当たり前のことなんですが、身近に感じることができないでいることも、
身近に感じているけれど、より深く知ることも、
そのどちらも、いろんな角度から交差して知ることができるんだ、
そういうことが、研究員としてはとても勉強になりました。

daylightkitchenのサイコさん、そしてスタッフの皆様、
本当にご苦労さまでした!



9/22,23 TODAY'S SPECIALさんでのwarmerwarmerのCooking Class!

TODAY'S SPECIALさんのHPで沢山ご紹介いただいています。
■■■TODAY'S SPECIALさんの HPはこちらです

カテゴリー名

9/22,23 両日とも沢山の方々にご予約いただきました。
本当にありがとうございます。
意識高い皆様との交流の中で、
私達がおそわることも、たくさんありました。

心のどこかに少しだけでも今日のことが残っていて、
時々思い出していただけると本当に嬉しい。
こういった意識を持つことで、有難いのは、
自分の心が落ち着いてくる、ということです。
やはり土と私達はつながっていますから。


カテゴリー名

ごはんを一緒にいただきながら、お話をさせていただきました。
まずは、鶴首かぼちゃと玉ねぎの冷たいスープから。
牛乳や豆乳などをいれていません。
こっくりとふんわり甘い!スープです。

カテゴリー名

プレートは、
モーウィーのおかか醤油がけ
モロヘイヤの若い茎マスタード醤油かけ
じゃがいもとタプナード
真黒ナス炒め(紫蘇をしいて)
ミニトマト

これらのお野菜はすべて固定種とよばれる
種から育てられたお野菜ばかりです。
熊本県 平山 俊臣さん
長崎県 岩崎 政利さん
京都府 中村 新さん
いつもお世話になっております。

カテゴリー名

皆さんとても真剣です。
そしてそれぞれに、日々感じていらしゃることがあり、
そして、なげかけた話題をきちんと、
ご自身の中で消化をしたり、意見をもったり、
そして、素晴らしいなと思ったのは、
私達が思いつかないような
アイデアをくださる、ということ。

カテゴリー名

こんなふうに濃厚な2日間を過ごすことができました。
どんなワークショップであれ、どんなカタチであれ、
仕事であれ、遊びであれ。
私達は誰かとつながって、誰かと一緒にいて、
様々なことを共有していくことができます。
その中で、私達ができることは、
「次世代に種を残していくことが大切だと言い続けること」
です。
同じ気持ちでいる方と、手をとり知恵を使い、
そしてよりシンプルでカジュアルに。

また、お会いできる日を楽しみにしております。
Img_82e82a2f963fc1d7d36e267b98d15cf9f970fc4a
Img_0303f4437e3e86a4e951d6742e5d670e6a3a825d
Img_ea551d13192617b816d70f254dbf2b31592625db
つい先日のこと。
多肉植物のリースづくりへいってきました。
とても楽しかったです。
研究員1号が産休にはいるため、
所長がお花の管理をしやすいように、
研究所にはドライフラワーを中心とした
お花をかざっていますが、
この多肉植物だと、お水もそんなに頻繁にあげなくていいようなので
これなら、いけるのではないかと思って、
リースをつくってみたのです。
根付くと嬉しいですよね、とても楽しみです。

hibiさんのサイトはこちら→ (Click!) 

お花のワークショップもあります。
ご興味のある方はぜひ。
Img_b4a96ec5b371d2a4e7b455065e33df2bb133d5a0
このつぶつぶのぱんぱんのひとつひとつにみとれます!
1年前ほどまえ、高橋所長が長野大学にて講座をするために、
長野県上田市へ行きました。
この地域はコミニティレストランがとても素晴らしく、
女性の方々がいきいきしているのがとても印象的でした。
そのときに知り合いになった方が、
web上でなんともいえない、コメントを。。
「生のままで食べてもおいしい白いとうもろこし!」
と。

すかさず反応して、生産者のやよいさんへ連絡をしていただき、
間をとりもっていただきました。
(Yさんありがとうございます!)

そして、早速、ピュアホワイト(白いとうもろこし)と、
ピュアゴールド(黄色いとうもろこし)と、
枝豆とトマトなどをセットにしていただいて、
お試しで購入させていただきました。

あぁ、もう、大満足です!
生産者の方の性格やその土地の環境によって、
同じお野菜でも味が全然違ったりするのですが、
女性の生産者の方ということもあるのでしょうか。
とても繊細でやさしーーーーい甘みがほろほろと
口の中でひろがっていくのです。
とうもろこしは、1枚だけ薄い皮を残した状態で
ゆでると美味しいよ!と教えていただいたので
その通りにしたのですが、
まちどおしくて、熱湯の中、ぺらぺらめくってしまいました。。
ぷりっとしていてぱんぱんのひとつぶひとつぶ。

今年は動物たちとの知恵比べがひどかったと。
網をかけていたところしか残っておらず、
他はほとんど食べられてしまったこと。
そのために、夜中にラジオをつけにいったり、
電気をつけにいったりと、
すごく苦労をされた様子で、
そんな貴重なとうもろこしだと思うと、
大切に大切に、食べたいって気持ちになります。

そして枝豆は固定種です。
こうじいらず と呼ばれるもので、味噌用の大豆。
しゃきしゃきとした食感、大粒で、甘くて、
これが枝豆??と驚くくらいの、食べごたえです。

という流れからいくと、
トマトは。
言葉にならない美味しさですねー
トマトってこんな味よねーそうよねーそうだよねー
って、うんうんとうなる美味しさでした。

固定種のお話もしてくださって、
とても勉強になりました。
やよいさん、ありがとうございます。
keep in touchです。
(なぜ、英語?)

やよいさんの詳細がこちらにあります→ (Click!)