Img_d983c265641f3e023450249708aca104765e60be
明日はどんなお野菜が並ぶのでしょうかー
明日は渋谷のdaylightkitchenさんで八百屋さんです。

ローカカオトリュフワークショップも開催されているので、
きっと、八百屋の私たちにもチョコの香りやあまーい空気が
届くんじゃないかと楽しみにしているところです。
お会いできるのを楽しみにしています。
急遽、吉祥寺にあるかわいいベトナム雑貨屋さんモクチョーイさんにて
移動八百屋をすることになりました。

モクチョーイ
武蔵野市吉祥寺南町2-21-8
tel 0422-24-9938
13:00〜

当日はアロママッサージと、星読タロット占いなど
楽しげなイベントもあります。
とても楽しみにしているところです。
お野菜はいつもの京都からのお野菜。
今回はちょっとテスト的ではあるのですが、
カタチが不揃いで市場に出せないものを入れてみるつもりです。
味は同じでも捨てることになるものがあるのは、
ちょっと悲しいので、
その時にならないとわからないものではあるのですが、
それで、農家さんも、お客様もHappyになってもらえると嬉しい。

モクチョーイさんのHPでもご紹介いただきました→ (Click!) 
詳細はこちらです→ (Click!) 
Img_216e3ccf767062d7f7776fc076fd40e13c141346
土いっぱいの人参とかかぶとかセロリとかラディッシュなどなど
「はたけな」ってなんですか?

よく聞かれます。
ほうれん草と小松菜の間の子みたいな感じですー
と、よくお伝えするのですが、
この、はたけなさん、
実は京都の伝統野菜なのです。
すっごく味がしっかりしていて、
青菜好きにはもってこい!もってこい!の一品です。

江戸時代の貝原益軒の『採譜』に記録がある伝統野菜で、
もともと菜種油採り用に栽培されていたものが、
冬から春先の青物が少ない時期に、
やわらかい葉を煮物などして食べるようになったそうです。
からし和えや油炒めにするととても美味しい!
東京ではなかなか買えないです。

農家さんはこの、はたけな、を
在来種から育てています。
ほうれん草や小松菜がメジャーな葉ものですが、
この、はたけな、さんも食べてほしい!
と、作り続けているのです。
だから、私たちはいっつも、
はたけな、と、小松菜、は、ちょっと離れたところに置いて、
違いがよくわかるようにしているのです。

先日のdaylightkitchenの八百屋では、
みなさん、はたけな、に興味深々。
一度食べてみるわ!と、
あっという間に売り切れてしまいました。
少しずつでもいいので、
いろんな方に味わって楽しんでほしいなと思います。

そうそう、daylightkitchenさんのテイクアウト用のマフィンが復活!
一人で買い占めてしまいました。
今回は米粉のマフィンと、リンゴのマフィン。
朝ごはんに食べると、なんだか幸せな気分になるのです。
ほくほくしていて、懐かしい味です。
みなさんもぜひお試しくださいね。

Img_fb650d196635eefbc5c0260c7ad77c6935982630


高橋家にて味噌仕込みの会

京都産野菜の菜食ごはん付き


高橋家にて味噌仕込みの会を催します。金沢の無農薬大豆、糸島産お醤油や城くんの麹を使って。

[内容]
□みんなでお味噌を仕込みます。お一人2.5〜3Kをお持ち帰りいただきます。
□お野菜にまつわるお話あれこれ
(お野菜の師匠 和田さん)
□京都産のお野菜を使ったごはん
[日程]
2月19日(日) 2月25日(土) 2月26日(日)
午前スタートの部 11:00〜15:00
午後スタートの部 16:00〜20:00

場所:高橋家
参加費:3800円(材料費ごはん代込)

参加希望の方は、お名前、人数など、こちらまでご連絡下さい。
info@warmerwarmer.net
おって詳細などをお伝えします。
大豆は金沢のもの、麹は福岡糸島産です!

糸島のお醤油やさん、ミツル醤油の麹。
城君が手塩にかけて作ったものです。
色な白さを求めるより、発酵を促す菌の力を存分に生かした麹です。
城くんは今、自分の醤油をつくりはじめて、2年。
あと、1年かかりますが、その傍らで作った麹です。
大切に大切に、私たちのお味噌へ。


Img_14f17ba4a326cf37909664ec99e0bd8d6a277591
お店のドアのまえにも沢山のお野菜を並べてみたらご近所さんからもお声をかけていただいたり。
Img_de210c27a84f8dbb157fefc4f37cafb1c0fea967
金時豆や芽キャベツなど、うふふのディスプレイ。モクチョーイさんのお皿や容器などを沢山お借りすると、異国の空気が流れてきますね。
2月12日

吉祥寺にある小さなベトナム雑貨店、モクチョーイさんにて
八百屋をしてきました!

店内では、星よみタロット占いがあったり(ななさんのHP)→ (Click!) 
アロママッサージがあったり(なおこさんのHP)→ (Click!) 
ベトナムのおやつチェーをいただいたり、
(もちろん高橋嫁はフルコースで堪能しましたよ)
とても楽しい雰囲気。
そんな女子っぽい空気の中で、
土の香りが漂うお野菜を並べさせてもらって、
野菜たちもとても嬉しそうでした。

モクチョーイさんのHPです→ (Click!) 

モクチョーイさんは、この日で一段落をつけて、
3月末くらいから、ベトナム食堂になるそう。
とても楽しみですね。

Img_a87c61642155951f7232aa1c725f342dba36dd51
Img_a9ec853ec93ad9dd6cf6139a8564ce5f0e1aaaf6
Img_69355f996ad2cb863ae2e63238f51c013ccffcf2
2月19日

高橋家にて味噌仕込みの会 初日

4名の参加となりました。
インフルエンザで参加ができなくなった方もいらっしゃって、
お大事になさって下さいね。

終始おだやかにおしゃべりもはずみながらの時間。
こうやって、仕込みをしながら、
はじめましてのご挨拶や、近況をおしゃべりして、
お味噌が出来上がったら、また、手前味噌の会をしましょう、とか。
みんな楽しい、美味しい、またやりたい!
って、口を揃えておっしゃって下さいました。

今回は圧力鍋2台を駆使してお豆を煮ましたが、
来週の土曜日、日曜日は、平均7-8名。
準備をしかりとしてのぞみたいと思います。

昨年の味噌仕込み、梅仕事など、
会、を重ねるごとに見えてくるものもありますね。
次の、会、は、
らっきょう、とか、キムチ、を考えています。
Img_996b79805c30cb1f8b366323ecd1c592d32d24e4
豆の煮汁をとっておいて、おすいものを。大豆の甘さがとても美味い。赤紫の大根と一緒に。
Img_c1aeec254d6882352d0db8556556f4f76c0e6e8c
水菜と玄米の手巻き寿司。にら味噌をつけていただいても。奥は芽キャベツの豆乳クリーム煮。
Img_6a6978655a2adcf2649ef117538cbc05d7ed2e98
長崎の岩崎さんのお野菜や京都中村さんのお野菜を使って。
大豆

本当は金沢のものを考えていたのですが、
上田市のなつみ農園さんから売り先を探しているとの連絡があり、
ナカセンナリというお豆の無農薬の栽培だし、
ということで、こちらの大豆を使うことにしました。
まだ、大豆があるようです。
近く、お豆腐をつくる会をしようとも考えています。



福岡県糸島の友人、城君のお醤油やさん、ミツル醤油醸造元のもの。
城くんは、何度かこちらでご紹介させていただいていますが、
3年かけてお醤油をいちから作っています。
ミツル醤油醸造元→ (Click!) 
今年は2年目です。
そこで作られた麹ですが、一粒食べてみると、
ほんのりそれだけで、甘酒のようでした。
色の白さにはこだわらず(それでも充分につやつやしています)
発酵が充分にできる力を大切に作っているとのこと。
早く、城くんのお醤油に会いたいですね。

そして、お野菜については、
長崎県の岩崎政利さんの在来固定種のお野菜、
京都の中村さんとそのグループの生産者のお野菜、
を使わせていただきました。
どちらのお野菜も、なかなか市場にでまわることのない、
お野菜が多く、少しでも今回参加してくれた方が
美味しいと感じてくれて、
そのお野菜の魅力を知っていただきたいと思って、
シンプルなお料理をお出ししました。

どのお野菜もやっぱりどこか土の味が強く、
野菜本来の苦みや甘さがきちんとしていて、
料理をしていても、そのエネルギーにしばし感動します。

次回、ご参加いただく方もどうぞお楽しみに!
カラダの声に耳を澄まして、地球と調和した生き方をしたい。
そんな思いを大切にした暮らしを提案する、
webサイト、「ナチュラルクエスト」さん
HP→ (Click!) 

こちらのナチュラルクエストさんの編集部ブログにて
高橋をご紹介いただきました。
ありがとうございます!
編集部ブログ→ (Click!) 

シェパニーズについて、アリスウォーターズについて、
共感していただいて本当に嬉しい限りです。

まだ、きちんとオープンにはしていないのですが、
カリフォルニア、バークレーにあるレストラン
「シェ・パニース」の40年の歴史やレシピが
1冊の真っ赤な本として、アメリカでは発売されていますが、
今回、4月に翻訳されて日本でも発売される予定です。

それに伴い、これから、この本をいろんな方に知って欲しい!
アリスウォーターズを学びたい!という私たちの想いを、
渋谷のレストランdaylightkitchenのオーナー塚本さんと一緒に、
お話会や小さなイベント形式にする予定です。
日本でアリスウォーターズの各書籍を翻訳されている、
堀口さんをお招きして、お話をしたり、
アリスの考えていることを、もっと知ることによって
どこか、ふっと、心が軽くなるのではないかなと、
今だから、聞きたい、そんな事柄であるんじゃないかと。

少しずつ、こちらの内容についても、
進めていく予定ですので、
どうぞお楽しみに。
3/3(sat),サルメリア69
 12:00-15:00
 〒182-0004 東京都調布市入間町3-9-11 サミール成城
 TEL 03-6411-9496 FAX 03-6411-9497

スライスしたての生ハムがこんな香りだったなんて!
知る人ぞ知る、大人気の生ハム専門店、
サルメリア69さんで、
移動八百屋をさせていただきます。

サルーミ(生ハム、サラミ、ソーセージ等の食肉加工品)&チーズのお店です。 サルメリア69 webサイト
------------------------------------------------------------------------
3/3(sat) 恵比寿Akorat
 12:00-なくなり次第終了
 
 恵比寿にある古いビルの5階に隠れ家のようにある、
 雑貨やさんAkorat.
 そちらのすぐ隣が屋上で、その屋上でのマーケットです!
 いろんなクリエイターの方々と一緒に、
 京都産のお野菜を並べようと思っています。
 クリエイターの方々のお隣で、八百屋!
 にんまりしちゃいますね。

 〒150-0031 東京都渋谷区広尾1-3-16 東陽ビル5F
 TEL/FAX 03 . 3444 . 1075

Akorat webサイト
------------------------------------------------------------------------
Img_ce70624cd41a27de47dca06d827584ad
2/29(wed),3/9(fri),27(tue) day light kitchen
 11:30-14:30
 ※2/29は閏の日、おやつビュッフェ、 3/9はアンニャ・ライトさんとのお話会、が、開催されております。
 ご興味のある方はぜひご参加ください。
 詳細はdaylightkitchenのwebサイトにてご確認ください。

 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町23-18
 ビジョナリーアーツ1F
 tel.03-5728-4528 fax.03-5728-4529

おいしいと楽しいが続く場所 daylightkitchen webサイト
------------------------------------------------------------------------