Img_2fb2dbce37d8c4ef7fb709033f3a1ef4
あぁ、この端境期という季節がやってきました。
野菜の旬があちらこちらからやってきて、
それは、九州からはじまり、本州、やがて東北へと
移動していく、まるで桜前線のよう!
それは楽しくもあり、そして、次なる冬野菜が
どうか、農家さんたちにとって実りがありますようにと
願わんばかりの時間です。
そんなことを、皆さんも感じていただけたら。

そう、旬がとにかく短い野菜が多くなってきます。
うちの野菜セットでもいいですけど、
毎日行く、スーパーだっていいのです、
お、今だけね!と感じた野菜は
食卓で楽しんでください。

Img_b4d32862f8f5b34d3c3416228549492f
Img_5e57a5ae6195b0199fbbaf8d6d8145fc
Img_ccf73e082bc1c7a75addc2866e9394e4
Img_87d414e5f263a633df649db8af42028c
Img_245d5802d6a85c6480ecfdd867191813
Img_bb0032105bc5be23a72d0481c648b8b7
『Taiwan Plus 2018 文化台湾』晒日子の展示会場で古来種野菜を展示します。

9月22日(土)〜23日(日)の2日間、
『Taiwan Plus 2018 文化台湾』が上野恩賜公園にて開催されます。
マーケット会場では友人でもある、王さん率いるデザイナーチームの
『晒日子』の展示も予定されています。
今回、お声がけいただいて!
台湾との食文化交流の視点から
古来種野菜を展示させていただきます。

台湾では乾物を好み食す傾向があって、
野菜や魚介をお日様に干してからいただく、という文化があります。
日本ととてもよく似ていますね。
王さんたちはそこに着目して
デザインと干す、を表現しました。
太陽の光をより集めることができるオリジナルの転写紙を作り
その紙で太陽の熱、光を集め、映し出したいもの、被写体にあてると
日に焼けたような印刷物が浮かび上がってくるのです。
このコミュニケーションイベント『晒日子』は
アジアで最も素晴らしいといわれている
デザイン賞『DFA アジアデザイン賞(DFA Design for Asia Awards)』を
受賞されました。
その『晒日子』が、今回上野にて大きく展示されることとなりました。
私たちは22日の午後くらいからこちらにおります。
ぜひ、お出かけください!

以前の展示の様子もご覧になってみてください→ (Click!) 


--------
国内外に向けて台湾文化を紹介している台湾文化総会は
2018年9月22日(土)〜23日(日)の2日間、
カルチャーフェスティバル『Taiwan Plus 2018 文化台湾』を
上野恩賜公園にて開催します。

『Taiwan Plus 2018 文化台湾』は、マーケットイベントと
音楽イベントが同時開催されるカルチャーフェスティバルです。
マーケットにはアジアで最も影響力のあるデザイン賞である
『DFA アジアデザイン賞(DFA Design for Asia Awards)』を
受賞したコミュニケーションイベント『晒日子』の展示も予定。
音楽イベントでは、台湾全土からそれぞれの地域を代表する
7組のアーティストが出演します。
その出演者全員が台湾を代表する音楽賞
『ゴールデン・メロディ・アワード(金曲奨)』の受賞者です。
イベント会場には、拠点を台湾におき、そのカルチャーを牽引している
クリエイターが集います。いま台湾で一番ホットなライフスタイルや、
食材を活かしたフードを通して、ぜひ台湾の熱いエネルギーを体験してください。
いままでのイメージとは異った、新鮮な台湾の面白さを体感できるはずです。

詳細はこちら→ (Click!) 

--------
ちょっとだけ王さんの紹介を。

品墨良行(ピンモウリャンハン)

台北 永康街にあるデザイン会社&Shop 。日本の旅行雑誌に多く掲載される人気店。
オリジナルの紙製品やステーショナリーなどが並ぶ。2号店はカフェがあり、店内ではオリジナル布製品、紙製品などを販売。
web→ (Click!) 

王慶富
嘉南藥理大學を卒業した後に、活版印刷の仕事を始める。
2002 年に品墨良行としてデザインスタジオを設立。
2009 年には雑貨&ステイショナリーブランドを販売する店舗展開を行なう。
王氏のアイデアの多くは彼の日常生活から生まれる。例えば、日向ぼっこが好きが高じて、代表作品「日晒子」が生まれた。
王氏は品墨良行のCEO とアート・ディレクターであるとともに、国立台湾科技大学のインダストリアル&コマーシャルデザイン学部にて講師を務めている。
Img_d9c34b47818cb9afdfd7ffb26266becd
台風の影響、北海道の大きな地震の影響、
そして、急激に気温が下がったこと。
お野菜がグンと減ってしまいました。
なんとかセット数はできましたが
ボリューミーではなくてすみません。

ただ、生の落花生!
勘次郎胡瓜、などの珍しい野菜と
定番だけど、とても貴重な、とっとき一号や
まだ夏の名残とも言える、
オクラや、つばさ胡瓜など。
ひとつひとつをみていくと
食卓の一品、としては素晴らしい野菜たちばかりだなぁと
思います。

明日は有機JAS認証の検査員として
大島へ。
Img_7746095ce29176c7138981927bcdc6fb
Img_01cfb4750b3f9e241bfb8a33f29a69f0
みんな大好きなピーナッツ。
国内の8割ほどは千葉県で栽培されている、千葉県の特産品です。
私たちがよく食するものは既に加工されています。
が、
この季節でしかいただけないのが
生落花生!
茹でるだけでそれは、もう。
この季節、千葉県に行かれる方は
道の駅などをのぞいてみてください。
ピーナッツごはん
ピーナッツバター
ピーナッツクッキー
、、、
何より、そのままの美味しさは
それはもう別格です。
今食べたい!というかたは
新宿伊勢丹へ納品しております。
Img_f7a93a2e1c341aac0af077e4131c97f3
こんにちは。
お野菜セットのショップページの写真を
そろそろ変えようと思っていましたら
詳細はこちらをご覧ください、と
このページをリンクに貼っているのに
こちらで全くアップしていないという、、、
大変失礼いたしました。
そもそも、わかりづらいページなのに
さらに迷宮でしたね。
少しずつですが、アップできるときには
こちらにも掲載させていただきます。

急に秋らしくなってきました。
築地さんぽ、の企画が終わったら
次はちょっと屋外で野菜を楽しめる時間を
作りたいなぁと考えております。
考えてるだけ、かもしれません。
でも、やりたいですねぇ。
Img_9f7f3552097ca7f5b5062f5dd2d5fb37
今週末、
キチムの夜市に出店します!
なにを出店しようかなと
わくわくしているのです。
この夏、お祭りが足りなかった方、
お近くのかた、なんだかわくわくしたいかた
ぜひ、ふらっと遊びにいらしてくださいませ。

——
日時 9月15日(土)18:00〜L.O.21:00
入場:ワンドリンク制

*おいしいご飯もあります!
*ライブもあります!
フリーマジャズトリオ:
 植野隆司(サックス)稲田誠(ベース)山田民族(ギター)
*DJもあります!


フリマで買い物しながら、飲んだり食べたり、
音楽を聴いたり、
キチムの夜市をお楽しみください。
素敵な掘り出し物たくさんあるかも!

販売予定の商品
服(メンズ・レディース)、靴、本、
雑貨、食器、タロット占い、など

*エコバックなどご持参ください。
*現金払いのみとなります。できるだけ小銭のご用意をお願いいたします。
Img_e632bcb995531fdf897e4c91341eab19
Img_3d0a4498646f9e7ad996077f68bd3290
Img_a1d9fa2f0ba8c69d97770e18f134f822
オーガニックセッション vol.2
築地をあるく。

昭和10年。から、これまで。
約80年以上、日本の食文化を支えてきた築地市場。
その築地場内が、来月をもって豊洲へ移転します。

20年ほど前から
その風情やエネルギーを感じたく
毎月、通っていたのですが
移転が決まったその頃から
週に2、3度、行くようになりました。

夜の終電ちかく、
静寂にみまわれそうな暗さの中で
1日がはじまり
食す人々が寝ている真夜中
はたらく、はたらく、はたらく。
ザッザッ、と石畳みの上を
野菜や食が、
いやはや私たちの胃袋を満たして
明日の体の一部になる
食文化が、
運ばれてきて
運ばれていく 、その風景を
朝の光の中にみてきました。
人々のせわしなく行き交う音は
だんだんと大きくなる。
歴史というものに突き動かされる。
コーヒーや煙草や
シチューや痴話げんかが
こうも格好良くみえるのは
なんなんだろうと、思いながら
築地を歩いてきました。

築地場内のことを
みなさんの記憶のひとつにしてもらえたらと
3時間ほどですが、ご案内したいと思います。

○ Aコース 6:00~9:00 
 築地場内の営業時間内をまわりますので3名様限定です。
 営業時間内はかなり活気ある時間。
 貴重なタイミングにお連れできますが、
 ゆっくり歩きたい、ゆっくり見たい、という方は
 Bコースをオススメします。
 朝ごはんをいただいてお仕事前など、オススメです。
 もちろん、お時間すぎてから場外でのお買い物はゆっくりできます。

○ Bコース 10:00~13:00
 築地場内の営業時間外にまわりますので3~5名様限定
 場内の営業が終わったあとですので、場内ならではの
 建物やその雰囲気を楽しんでいただくことができます。
 場外でのお買い物はゆっくりできます。
 
日時:
9月22日 (土)  Aコースのみ    →定員となりました。
9月26日 (水)  Aコース.Bコース  →定員となりました。
10月3日 (水)  Aコース.Bコース  →Bコースのみ空きがあります。
                  Aコースは定員となりました。

※現在、10/3 Bコース 2名様の空きとなりました。

料金:
1名 2500円

お申込み:
yoyaku@warmerwarmer.net
お名前、住所、電話番号、メールアドレス(hotmail以外)
ご希望の日、AコースorBコースどちらか
メールにてお知らせください。

※市場内はトラックやバイクの往来が激しく
道幅も大変狭くなっておりますので
服装や持ち物などについても細かく留意点があります。
集合場所、当日の案内内容、その他の詳細とあわせて
お申込後に、メールにてお伝えいたします。
Img_0a3ed44d09c178e17f5a505be36f1890
やっと、やっと出会えました。
7年前、一度食べて忘れられなかった
高知県のもちきび、です。
当初は八百屋をはじめたばかりで
農家さんとの、
社会との、
信頼関係もありませんでした。
大切に伝統的に育てられてるのは
食べてわかること。
そんな野菜をこちらから
探し求める、
ましては、ください、などということは
大変、おこがましい。と感じていて。
その種とその歴史とその重さを想うと
誰かに手渡すとか、
食べてもらうとか、
見てもらうとか、
自信がなかったのもひとつ。
だから、
ひたすら待っていました。
そして、やっと、やっと、です!

今回、おばあちゃんは
もちきびを湯がいて冷蔵で送ってくれました。
気温や冷蔵庫の関係もあって、
写真でみてわかるように
少し凍っています。

なぜ、湯がいて、送ってくださったのか、
は、
これから続いていく
おばあちゃんと私たちの関係の中で
少しずつわかっていくことなんだなと、感じています。
単純な優しさかもしれない。
でも、
単純なことではないかもしれない。

あんたらみたいな
よくわからんもんに
このもちきびのことは
すぐにはわからんよ
「たね」
ってなんじゃろね
よく考えや

というメッセージに聞こえます。
Img_377ccd1370fc1fe4bf6775735a83cb73
Img_5dfe00adc1401bb64bc10d816100075d
8月11,12日、吉祥寺のキチムで開催しました
毎年恒例になりつつある、夏祭り!
無事に、2日間過ごすことができました!

フェイスブックページの
こちらのページにて写真もアップしております。

 (Click!) 

フォトグラファーの鈴木ジェニーさんに
撮影していただきました。
楽しい時間がぎゅっと、写真に詰め込まれています。
おじかんがあるときに
ぜひ、ご覧下さいませ。

楽しかったです。
ただ、ただ、それだけ。
楽しかった中で
お互いの近況を話しあったり
特に、ミコト屋の鈴木さんとは
どうしたもんだか!
と、
出店ブースを超えて
頭に花を咲かせながら
厨房で話していました。笑

野菜を、あつかっている以上、
問題は同じですし感じていることも同じですね。

他の出展者の方々とも
じっくりと、顔を突き合わせて
話をすることができました。
みんなそれぞれに、
野菜のことを深くうけとめて
感じてくれてる方々ばかりです。
祭りをする意味が、まだまだなんですけど
少しだけ、なんだか少しだけ
祭りの意味があるような、気がしています。
参加してくださった皆さんの来年が、
とても楽しみだなと感じています。

来場してくださった方々も、
かき氷、花すくい、お弁当、野菜やドーナツやサモサや
古本やマッサージや、パッタイや、つかみ取りや
焼き菓子のおみくじや、水餃子や、瓶詰めや、
楽器づくりや、花バンドづくりや
それぞれに楽しんでくださって。

参加してくださいましたみなさま、
ご来場くださいましたみなさま、
感謝しかありません。
本当にありがとうございました!