Img_04a05ceecef8c703dbc69b9601070008
Img_66b57c0396b87c81c195505e979f34c5
Img_0b56c25abe1e084c59a06521f240f2e1

>>7月28日付の中日新聞

写真の縮緬南瓜は、愛知の伝統野菜。
アノニマ・スタジオ編集の村上さんが
選んでくださいました。

この新聞を読んだ80歳くらいのおばあちゃん。
娘さんが代わりにお電話をくださったのです。
「この南瓜を食べたい、20歳くらいからずっと食べていない」
と。

60年で、人々の生活はすっかり変わって
この南瓜も、日本南瓜も、
みかけなくなり、
西洋かぼちゃのホクホクとした
かぼちゃが、並んでいますね。

手に取った時の感触を想像してみたり
包丁で切る時の力の加減を想像してみたり
一体、この南瓜がどんなおいしさを
持っているのか想像してみたりすると
食べると生活するのと生きるのと
分断されずに生きていく世界って
どんな世界なんだろうと思って
やっぱりそこを、みてみたいと思うのです。

>>DEAL
いつもご紹介いただきありがとうございます。
この本の、前の、前の、
タブロイド判のような音楽情報誌の時、
料理人だったので、レシピを紹介していた時期があります。