Img_fa42e44be50f8ca8875b90fe91aa1589
Img_b4cfa4146bcdc98481500010c12a8126
本日のお野菜セットの詳細です。


福島ミニかぼちゃを紹介します。

このかぼちゃは、震災のおこる3年ほど前に、
福島のおばあちゃんが自家用に守っていたそうです。
岩崎さんの存在を知り、おばあちゃんは、
自分の代でなくなってしまう可能性があるので、
岩崎さんに託されたんだと思います。

岩崎さんは、在来種にして小さい南瓜がまだあったんだ!
と喜び、なんとか種を増やそうとしてきましたが、
天候が不安定な年が2年ほど続き、
とうとう、種がとれずにいました。

そして、震災による福島の原発事故。
この南瓜を守っていた別の農家さんも農業を辞められて
「長崎の岩崎さんがこの南瓜を守っているから大丈夫」と、
岩崎さんの耳にはいります。
だけど、種が採れなかった。。。申し訳なく思い、
さんざんとどこかにこの南瓜の種が残っていないか、
探して、探して、でも、本当にない、
あぁ、もう完全に諦めなければ、というときに、
ふと冷蔵庫の棚の上から、ひとつの紙袋が落ちてきました。
その中に、なんと、100粒ほどの、
福島ミニかぼちゃの種が入っていたのです。

それから、ずっと、この福島ミニ南瓜は、
毎年この時期になると、
岩崎さんから送られてくる南瓜のひとつとなりました。

なんというか、この南瓜だけの話ではなくて。
古来種野菜と私たちがよんでいる野菜たちには、
言葉にならない物語が眠っています。
どう、伝えていいものか、どう、発していいものか。
常に、常に、考えても、考えても、
こういうのが正しいとか、こういう答えになるとか、
正解もなにもあったものではありません。
ただただ、私たちはこの物語によりそっていたいと思うのです。

日本かぼちゃは水分が多く、
なかなか調理が難しいところもあるのですが、
この福島ミニかぼちゃは、
水分もちょうどよく!ホクホクして!本当においしいです。