Img_521e30f4b2881a18b19beeef1c76b581
岐阜県から、あさつき、が届きました。

日本が原産のネギ属の球根製の多年草。
ネギよりも色があおあおと濃く、ネギの中では最も細い葉です。
今回の産地である飛騨地方では、
ひな祭りの時(このあたりのひな祭りは1ヶ月遅れの4月3日)に、
雛人形には白餅、粟餅、きび餅など、菱形の餅をお
供え、桃の枝を酒壷にさして桃酒をつくります。
(この酒を飲むとお腹に虫がわかず、器量が良くなるという伝えが)
この時、あさつきの根をつけたままのものも一緒に供えているそうです。
これは、雛様がごちそうを食べる時に箸として!使われるから、
だそう。

春らしく、葉物や緑の野菜が多くなってきましたね。
4月からだんだんと端境期に入ります。夏野菜を楽しみに待つ季節。
今回のキャベツは、岩崎さんのお父さんが、
昔盛んに栽培してきたものらしく、50年ぶりくらいに栽培された、とのこと。
昔の姿とはちょっと違うと、岩崎さんはおっしゃっているけれども、
今のキャベツともちょっと違うような気がします。
その味をご堪能ください。

あさつき、入りましたね。もしお庭がある方は、この中から4,5 本、
抜いて植えてみてください。どんどん増えてきますので!
さて、桜の季節、楽しまれていますか?
東京はなんだか肌寒い日が多く、長い時間、外にいると体が冷えますね。
あたたかいご飯や飲み物で、花の季節を楽しめますようにー。