Img_0a3ed44d09c178e17f5a505be36f1890
やっと、やっと出会えました。
7年前、一度食べて忘れられなかった
高知県のもちきび、です。
当初は八百屋をはじめたばかりで
農家さんとの、
社会との、
信頼関係もありませんでした。
大切に伝統的に育てられてるのは
食べてわかること。
そんな野菜をこちらから
探し求める、
ましては、ください、などということは
大変、おこがましい。と感じていて。
その種とその歴史とその重さを想うと
誰かに手渡すとか、
食べてもらうとか、
見てもらうとか、
自信がなかったのもひとつ。
だから、
ひたすら待っていました。
そして、やっと、やっと、です!

今回、おばあちゃんは
もちきびを湯がいて冷蔵で送ってくれました。
気温や冷蔵庫の関係もあって、
写真でみてわかるように
少し凍っています。

なぜ、湯がいて、送ってくださったのか、
は、
これから続いていく
おばあちゃんと私たちの関係の中で
少しずつわかっていくことなんだなと、感じています。
単純な優しさかもしれない。
でも、
単純なことではないかもしれない。

あんたらみたいな
よくわからんもんに
このもちきびのことは
すぐにはわからんよ
「たね」
ってなんじゃろね
よく考えや

というメッセージに聞こえます。