Img_4cf4686d20cb5ce35ff818d6e80eb800
オーガニックってなに? 

ライフスタイル?それともエコ活動?それとも???
この言葉から想像するイメージは、化粧品やファッション、
住まいに関わるいろんなところで展開されています。

そう、「展開」されているのです。

私たちが静かにでも確かに感じていきたい、
オーガニックというのはどんなことなんでしょう。
目をつむったときに、地球や自然界や宇宙やその循環の中に
どっぷりと自分がいる(在る)ことを意識できることなんだと思います。
無限にあるその流れのひとつに「野菜」という「植物たち」がいて、
私たちはその野菜を食しています。

そういった「大きな流れの中に身をゆだねていく感覚」を持ち続けていくことは、
今の社会の中ではなかなか難しい。
だけれどもそのことにいち早く気づいてくれた
私たちの先祖や先輩たちが試行錯誤しながらも、
海外の運動や活動を研究しながら「安堵できる暮らし」を守るために
共通のルールを作ったり、言葉を作ったり、それを技術にしたりしながら、
今の日本のオーガニックの業界が育ってきました。
その言葉、ルール、というのは、野菜でいうところの、
農法や認証制度、その定義であったりもします。

オーガニックってなに?と感じた疑問は、
短い時間で学びつくせる内容ではありませんし、
八百屋である私たちが伝えられることも限られていますが、
今、在る、食や農に関わるいろんな定義や基準を知ることで、
もっともっと食が楽しくなります。そして気持ちが自由になります。
有機だから、慣行だから、という視点での話ではなくて、
食べる野菜を選ぶ基準、小さな胃袋の中を満たす喜び、
それを独自に見つけるための、学ぶ時間にしたいと思っています。

------
◾️内容
1.まずは多様性を体感します。
  多様性ってどういうこと?
  食べ物とわたしたちをめぐる、みえない「動」と「静」
2.知ること、へのプロセス 過去と現在と未来のこと
  オーガニック、とよばれる世界観をと知っていきます。
  1.で感じた多様性とオーガニックという言葉を紐づけます。
3.流通からみた農法のこと
  1.2をベースとして私たちの立ち位置を確認したあとに、
  有機JAS農産物とは?慣行農業とは?流通の中で国が規定している様々なルールについて学びます。
4. 八百屋からみた種のこと 
 私たちが具体的に日々みている、感じていることをお伝えします。
  種から育つ野菜って、どういうこと?固定種、在来種、とは?
  一代交配種・F1種とは?雄性不稔種子ってなに?
5.古来種野菜を一緒に食べてみよう。
  体感したこと、納得や更なる疑問の連鎖を「食べながら」
  整理していきます。
----


◾️日 付│7月 8日(日) 12:00〜 吉祥寺 キチム
    7月11日(水) 12:00〜吉祥寺 warmerwarmerの出荷場
           19:00〜吉祥寺 warmerwarmerの出荷場

■ 料 金│3,800円 野菜の試食 と1drink付
(追加1200円で古来種野菜弁当もご予約できます)
  
 (税込/当日のお支払い)


◾️申込方法│件名を「オーガニックセッション参加希望」とし、
     お名前、住所、電話番号、記載していただき
     yoyaku@warmerwarmer.netまでお申し込みください。