Img_65253a660d51919ce047ab0e30007436
Img_c8569f24f4a50e8be7abce7660e60f1e
Img_6fddb4af3f930b463858adf5df1cd60f
phot by J.Suzukiy
12月3日に開催された、ワタリウム美術館での出版記念イベントに
ご来場くださった皆様、寒い中、足を運んでくださりありがとうございました!

この日の話はとても濃厚で。
もちろん、本を作って行く過程のこと、
もっと伝えていきたいこと、などもお話したのですが、
やはり、根底にあるのは、
意識、と、時代、ということ。

美術、アートに携わる、ワタリウム美術館の草野さんとお話をしても、
出版、文章、に携わる、晶文社の江坂さんとお話をしても、
違う言葉、を使って話をしているけど、
結局のところ、根底では同じことを言っている、という感覚。
効率よく物事を進めること
都市に集中する人口や情報
多様性を認める感覚
人、と、もの、との距離
など。

種や野菜とはかけ離れている?
そうではないです。
そして、そのことが何を意味するか、というと、
次の世代を想うこと。

どんな業界でも、同じことですね。

できた本を並べて、農家さんの現状をシェアして、
そして、野菜を食べていただく。
こんな時間をもっと作らなくては、と思います。