Img_347ef223b15ea90e981c38ed11ed00cb
12月5,6日。なんという素晴らしい快晴!

吉祥寺へ足を運んでくださった皆様、
本当にありがとうございました。
大きな事故などもなく、
滞りなく、この会を終わらせることができたことに、
ふかいふかい、感謝を!
ありがとうございました!

特に、初日のヒトト会場、2日目のキチム会場では、
混雑し、入場制限をさせていただくこともありました。
寒い中、お待たせしてしまった方も
沢山いらっしゃいました。
寒かったですよね、本当にすみませんでした。

5回目の開催。
ヒトトビルでの最後の開催だったことが、
この5回目という時間を
より意味深くしてくれました。
愉しかった、賑わった、祭りだった、
そして、せつなかった。

種市という時間は、生き物。
だから、問いもくれる。
ひとつだけ、バカみたいに正直に、
今回、種市からもらった問いのことを、
書いてみようと思います。

今回、来場してくださった方は、おそらく、過去最高の人数でした。
だけれども、今回、野菜を販売するのにすごく苦労しました。
キチム会場では、在庫のある野菜を移動させたり、
試食を出したり、「売る」ための作戦をかなりたてました。
そして、なんとか、売れ始めましたが、
結果からいうと、過去で一番、売上は悪かった。
種市、というイベントは大きくなっている、
けれども野菜が売れていない。
この流れは、何を意味している?

種市が私たちに投げてくれた、
最高の問い!


早速、岩崎さんに電話をして相談しました。
岩崎さんは一言。
「もっと食べさせないかんね」
と。

さて、どうしましょうか。わたしたち!

そして今回でなくては感じられなかったことが
沢山ありました。
そのひとつひとつを紐解くには、
かなりの時間を要する気がするし、
ここからもどってきた日常の中で、
ふとした時に、確実なこととして、
すとんすとんと、落ちてくることを、
待とうと思っています。

1回目の種市の時に、蒔いた種が、
5回目にして、やっと芽が出た感覚です。
その芽をどうするのかは、
関わってくださったすべての皆様と
いろんな角度から、
一緒に考えていきたい。
一緒に育てていきたい。
そう、思っています。