Img_5a4271acc2a3ed0759a20a4a8947478f
㈱マイファーム様の運営するアグリイノベーション大学校
 (Click!) 
にて、お話会を開催することになりました。

古来種の野菜には様々な定義があります。
一般的には、伝統野菜、固定種在来種野菜、自家採取野菜など。
それらの定義もとても大切なのですが、
それ以上に知ってほしい、
大切に感じてほしいこと、
それは、その裏側にある、ストーリーです。
定義を知ることからはじめるよりも、
ひとつの野菜のストーリーを知って、
それがどんなに美味しいか感動すること。
その地域の文化を知ること。
そんなことも大切だと思っています。

------------------------------------------

【warmerwarmer(高橋講師)によるタネからつながる命(固定種・在来種)】
 AIC一般公開セミナー
 日時:5/24(日)10:30~12:00
 場所:ちよだプラットフォームスクエア
    東京都千代田区神田錦町3-21
    最寄り駅:東西線竹橋駅、JR神田駅
     (Click!) 
 一般のスーパーに並ぶ野菜たち。
 家庭でも調理がしやすく、比較的どんな料理にも合うように
 改良された品種の野菜です。
 かつては日本の自然風土に合った、
 その土地土地の野菜があったこと、
 焼いたら、煮たら、揚げた ら。
 絶品になるナスがあることをご存知でしょうか。
 菜園をされている方もいない方も、
 F1種と固定種・在来種というキーワードを聞いたことがあると思います。
 今回はタネから野菜を考えてみませんか。
 warmerwarmer高橋講師からのメッセージです。
 
 ____________
 伝統野菜、固定種、在来種、自家採種など、
 種から命が続いている野菜にはさまざまな定義があり、
 またそれぞれの特徴があります。
 今回は定義の説明というよりも、
 「命が続いていること」
 「種から育つ野菜のこと」
 「なにより美味しいその存在感」を、
 さまざまなお話の中から、
 楽しんでいただければと思います。
 ____________
 
 【お申込み方法】
 下記フォームよりお申込みください。
  (Click!) 
 【受講料】
 一般:3,500円
 AIC本科卒業生:1,000円
 AIC本科以外卒業生:2,000円
 【お問い合わせ】
 info@agri-innovation.jpまで

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする