日頃から大変お世話になっておりました、
日本で最初に全く農薬を使わずにぶどうを栽培されていた、
澤登芳さんがお亡くなりになりました。
85歳。

先日、お別れ会に参加させていただきました。
澤登さんが有機農業、農薬不使用栽培について、
どれだけ多くの方々に影響を与え、
その影響はそれぞれの生き方に反映されたでしょうか。
こういったブログで紹介すべきかどうか、
とても迷いましたが、澤登さんの唯一無二のその存在は
これからもずっと輝いていてほしい、
そして、その想いをこれから私たちもつないでいきたい、
また、私たちを知っている方々にも、知っていてほしい、
そう強く思っています。

「どうしたら農薬を使わずにぶどうが作れるのか」
常にこのことばかりを考えていらっしゃり、
約10年かけて、無農薬のぶどうを栽培することに成功。
それから40年が。
果樹園はこれから、長女の早苗さんが引き継ぐこととなり、
大学院の教授もされている早苗さんもまた
唯一無二の存在の方です。
お忙しいとは思いますが、私たちは
早苗さんからも多くのことを学びたいと思っています。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする