Img_c1d79660a63b7a3f9e70b9615ed6e2cc
南部太ねぎの畑を拝見させていただきました。
Img_a4bb655b09221e098ede079f1dae5928
南部太ねぎを復活させたい!と名久井農業高校の生徒さんたち
Img_353fa31d3d1649e2268766d646f0384b
シェア会です。いろんな県での現状や東京のことをお話させていただきました。
9月13日、青森県へ。
伝統野菜「南部太ネギ」を復活させた高校生達と農家さんに会いに行きました。

きっかけは、青森県で南部町を幸せに!と活動されている、
NPO法人達者村の根市様とご連絡をとりあうようになってから。

この地方で途絶えそうになっていた、
南部太ねぎを、高校生たちや農家さんたちが栽培して、
少しずつ認知度もあがってきているが、
ネギの特徴でもある、丈がとにかく長いことにより栽培が容易でないこと、
手間ひまばかりがかかり、本当に買ってくださる方が今後増えていくのかどうか。。
というところに、不安な気持ちでいらっしゃいました。

「ぜひそんな生産者さんたちに会って話をしてほしい」
と、お話をいただきました。

それならば、と思い、私たちはいつもお世話になっているお客様方や、
フェイスブックなどで呼びかけをして、
「南部太ネギを流通させたいので、生産者へお手紙をください!」
と、お願いをしたところ、沢山のお手紙やメールをいただきました。
そのお手紙と「伊勢丹新宿店にご紹介します」という約束を手土産に、
青森県へむかいました。

まず、お手紙を書いてくださった皆様、
本当にありがとうございました。
その声は、青森の皆様へお届けしましたし、
きちんと、心に届いたと思っています。

この南部太ねぎを復活させようと立ち上がったのは、
名久井農業高校の生徒さんたち。
その想いや活動に感銘をうけた農家さんたちが
生産をはじめ、その輪が広がっていきました。
種は拡散する、その言葉を思い出します。
畑も何ヵ所か見学させていただきました。
もちろん、名久井農業高校の畑も。
その高校生たちのよく働くことといったら!
キラキラしたパワーをこちらがいただいてしまいます。

その後は、シェア会や懇親会なども開催。
農家さんや役場の方々の想いや悩みなどをお聞きすると、
ネギの先の青い部分は、やわらかい分、長くのびると、くったりとする。
そうすると、見た目がよくない、ということで
市場やスーパーなどでは販売しずらい。


私たちが今、彼らに何かを伝えられるとしたら、
大きなことは言えませんが、
とにかく、流通にのせますから安心してください!
ということだけでした。
今、東京の市場では、本来野菜は多様であること、
不揃いでも当たり前であること、という認識は強くなってきている、
農家さんの想いに沿った販売さえすれば、
待っていてくださる方が沢山いらっしゃいますよ!
と。

頂いた手紙やメッセージを見て高校生たちはキラキラした笑顔になり、
農家さんたちは「うれしいなあ」と涙ぐんでいるかたも。

そのくらい、皆様の応援メッセージは栽培されている方々の心にひびいていました。
会ってすぐに、もうやめようかな、と口に出していたおばあちゃん。
帰り際には「外に出してみようかな」と、ぽろりと。
こんなに嬉しいことはないですよね。

このねぎを次世代まで残すことができるのかどうかは、
正直、これからです。
青森県の生産者と、流通の私たちがひとつになり、
流通にのせること、いろんな人に食べていただくこと。
その販路を広げて、ひとりでも多くの農家さんたちが、
この南部太ネギを栽培して幸せになりますように。
そう願いながら、動きます。

温かいメッセージをくださった皆様、ほんとうにありがとうございました!

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする