Img_dcc9c729f4bdb31eb8f3dc6556fcc706
Img_a1ace2cd9b8de2df725e76fbc72a9273
Img_cc8b7892b6d877c72c39f6fc767eda9d
3/21よりスタートした、蔦屋代官山店でのマガジン八百屋のフェア。
とうとう明日までとなりました。
沢山の方からの反響もあり、ご意見を伺うこともあり、
たえず、動。というイメージの1ヶ月だったと思います。

さて、数日前の様子。
また、置かれている本が変わっています。
ゆみさんの「種まきびとの台所」大好きな1冊です!
マーマーマガジンのvol.19は、本気で農について語られている1冊。
地方野菜大全集、都道府県別地野菜、伝統野菜百科も並んでいますね。
その中の1冊、「種から種へつなぐ」西川 芳昭さんの本。
とても素晴らしい内容です。
また、西川先生の
「奪われる種子・守られる種子」という本は
warmerwarmerの活動をする上で、大切な1冊となっており、
本はぼろぼろでマーカーとふせんだらけなのです。
先日、ご多忙の中ではあったのですが、
西川先生にお会いする機会があり、
様々、この業界の現状や国が進もうとしている取り組みなど、
お話を伺うことができました。とても貴重な体験でした。
まだ、きちんとそれについて、公表できる段階ではありませんが、
少し整理してお伝えできればと思っているところです。

とにかく、明日まで。
より、沢山の本の力もお借りして、
マガジン八百屋が遠くまで飛んでいった、そう感じることができました。
これからも、蔦屋さんにはお取り扱いしていただくのですが、
いろんな想いと共に、ほんの1ミクロンでも
知っていただく機会になればいいなと、思っています。


Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする