Img_d7e3a90df9f595153a38f0cbf731fa75
1/25,26吉祥寺にて開催いたしました「種市」
無事に終わることができました。
とにかく、時間によっては混雑がすぎて、
入場制限をせざるおえなかったこと。
お待たせしてしまったお客様には、
肌寒い中大変申し訳なかったです。

ただ、来場者の皆様、ゲストの皆様、関係者、スタッフに、ケガなどがなく、
そして、大きな事件もなく、無事に終わったことが、
本当に嬉しかったし、ほっとしました。

大勢の方に見守られて、楽しんでいただけて、
そして、もっともっとよりよい時間をつくるために、
それぞれが学び、感じとる時間を共有することができる、
そんな種市に成長することができたのは、
私たち企画者の枠をこえ、
企画そのものが歩いている、という感じさえ見受けられます。

出展者の方々にも、ゲストの方々にも、
それぞれに物語がうまれたと思います。
どんな風に感じることができたのか、
どんな風にこれからを過ごそうと感じたのか、
「種」
という愛おしい一粒をテーマに、
自分たちが、
自分たちの内側へ手を添えることができる。
種を守る、それ自体への影響力は、
種市の企画で、さほどあるとは思えませんが、
ご参加いただいた皆様の心へ、アクセスできたことは、確かだと思っています。
それはとても大きいことだと感じています。
冬の種市は終わりましたが、
そこへアクセスした軌道というものには、
終わりはないと、思っています。

warmerwarmerとして。
これから、もっと生産者に寄り添い、
彼らを満たせる八百屋になりたい。
そして、それは美味しいからこそできることであり、
生産者の覚悟、それをジンジンと感じるからこそであり
それは以外と毎日の地道なこと、
一瞬たりとも見逃すことができないので、
日々、八百屋業を学びながら進んでまいります。

ありがとうございました。
その言葉を超えた言葉が、みつかりません。
これからもどうぞ、warmerwarmerをよろしくお願いいたします。


warmerwarmer 高橋一也


Comments

伊藤美佳 | 02.03.2014 01:27
高橋さん。お久しぶりです。                 ナチュラルハウス静岡店の伊藤です。             

2013年春の「種市」                     ナチュラルハウスの中の「オーガニック」のあり方に違和感を感じている中、参加した「種市」は私に様々な思いを芽生えさせました。ありがとうございます。                                               今週末2月9日、昨年の秋の種市に3日間参加した友人と地元の農家の方たちが「種の交換会」を軸にしたイベントを開催し、その中でのトークイベントのゲストとして私が参加させていただくことになりました。                          まだまだ不勉強な私ですが、昨年感じた「種」への思い、店舗という場所で感じる思いなど伝えられたら・・と思います。     
去年の春、いただいた「種」を静岡で蒔いていきますね!                                  またお話できる機会あれば嬉しいです。では!

伊藤美佳
warmerwarmer | 02.07.2014 12:13
伊藤様

お返事が遅くなりました。
コメントをいただきありがとうございます。
小さな組織ができることと、
大きな組織ができること、
社会的な役割は違いますので、
その中で、芽生えた気持ちがあるということは、
多少の違和感は感じざるは得ないと思います。
ですが、大きな組織でできることの素晴らしさ。
これは、あります、必ず。
ですから、個としてその信念を信じて、
そこでできることも、あります。
また、大きな業界の見方、というのも、
視点として養えると思っています。

ぜひ、静岡で種を蒔いてください。
そして、つながっていきましょう!
お会いできるのを楽しみにしております。

高橋

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする