Img_20e4de009182808e8f2c82493f80794c
kaonnさんの古来種プレート。マフィンもスープもとても美味しい。
Img_ddeda49f67d31b6d14d7a6ed6a198b04
みなさん真剣に聞いてくださいました。
Img_f6dbffd900fa2bfcc349a9486fbf27b9
とても素敵なライブ。アンコールのアンプラグドな感じもよかったですね。
HARCOさんとQuinkaさんご夫妻がずっと続けてきている、
通算17回目のきこえる・シンポジウム。
今回はご縁がご縁をつないでくださって、
クリスマス・イブの午後、吉祥寺キチムにて
「本当においしい野菜は“タネ”からオーガニック!?」をテーマに開催されました。

HARCOさん、Quinkaさん、それから、エディターの山村さんと高橋。
それぞれの今の立ち位置から見えてくること、感じたこと、
何度もお客様と一緒にうなずきながら、
トークが繰り広げられました。
こういった、音楽ライブと一緒に古来種のお話ができるなんて、
以前では考えられない光景です。
頭の片隅にでも何かがひっかかってくれて、
さらに美味しさを感じてくださったらとても嬉しいですね。

kaonnさんの古来種プレート、とても美味しかったです。
メニューはこちら。
 □ベジマフィン(ゆるぎ赤かぶ、弘岡白かぶ、水菜、雲仙こぶ高菜)
 □赤紫さつまいものポタージュ
 □古来種やさいいろいろ(西豊じゃがいも、ゆるぎ赤かぶ、赤首女山三月大根、黒田五寸人参など)

こちらでもご紹介いただいております!
音楽情報サイト”BARKS”にて「きこえる・シンポジウム 2012 冬」イベントレポート→ (Click!) 


Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする