Img_10a0641fb434a309b4193d56991bd109
4月22日 家族の文化祭に参加します。
小さなお子様がいらっしゃっても
大人だけで行っても、
一日中、どこかで何かで遊べるのがとてもいい!
中央線、コミュニティステーション東小金井にて。
会いにいらしてくださいませ。



///2018.4.22.家族の文化祭・詳細情報オープン///

お待たせいたしました!4/22に開催される、家族の文化祭の詳細オープンとなりました!

ーーーー
【家族の文化祭を開催します!2018.4.22(日)】
コミュニティステーション東小金井で開催する「家族の文化祭」。
この地域で暮らす仲間を「かぞく」ととらえ、大人も子どもも一緒に楽しめるイベントをめざしています。
今回のテーマは「春、おどる」。いっしょにおどれば、みんなかぞく!
心おどる食べ物や素敵な品々、音楽やワークショップなどが集まります。
五感を使ったコミュニケーションでみんなでおどって楽しんだり、
となりあった私やあなたと、一緒に過ごす時間を通して、たくさんの笑顔が見られるよう願っています。

家族の文化祭 〜春、おどる〜
開催日:2018年4月22日(日) 小雨決行・荒天中止
時間:10:00〜16:00
場所:コミュニティステーション東小金井
(JR中央線東小金井駅高架下(小金井市梶野町5-10-58))
音楽ライブ・フード・手仕事のもの・ワークショップ等
約30店舗が出店します。
ーーーー
▼みんなの音楽▼
会場を彩る音楽。広場でのフリーライブをみんなで楽しもう。

馬喰町バンド
COINN(コイン)
宮奈大(BGM選曲)

音楽ステージ TIME TABLE///
11:40〜『おどる!大家族篇』お披露目パフォーマンス
13:00〜 馬喰町バンド
14:30〜 COINN

▼『おどる!大家族篇』▼ 
一緒に踊れば、人類皆かぞく!

『おどる!大家族篇』お披露目パフォーマンス
開演/11:40〜12:00
場所/家族の文化祭 音楽ステージ
観覧/無料
出演/ぞくぞくかぞく・もしもしんせき
演奏/COINN
振付・演出/ストウミキコ
衣装・装飾づくり/やまさき薫&ズコウダンス部

“ぞくぞくかぞく”“もしもしんせき”役の参加者募集中!
詳細: (Click!) 

▼おいしいマーケット▼
「春、おどる」をテーマに、食べものや手しごと、ワークショップなど。子どもも大人も一緒に五感で味わおう!

FOOD///
お酒と料理 えいよう 【サンドイッチ・お酒】
AsianMeal 【スパイスとアジア食材・雑貨】
東京ぴくるす 【江戸東京野菜お漬物】
warmerwarmer 【古来種野菜・ 野菜のワークショップ】
あたらしい日常料理 ふじわら 【お弁当・びん詰め】
珈琲や 東小金井工房 【珈琲豆・喫茶】
六甲山 【お好み焼き】

おやつ大集合!///
cotito ハナトオカシト 【焼き菓子・お花】
小さい台所 【ベーグル・おやつ】
七曜日 【マフィン・焼き菓子】
HUGSY DOUGHNUT【ドーナツ】
maruto 【焼き菓子】

CRAFT&SHOP///
iriki 【木工製品・モビール、グラス、ワークショップ】
GARAGE 【器・古物】
空想レコード店 【レコード】
古本泡山 【古本】
coupé 【靴】
safuji 【レザーアイテム】
dogdeco HOME 【犬雑貨・暮らしの雑貨】
ヒガコプレイス 【フリーペーパー・フリーマーケット】
ヤマコヤ 【Tシャツ・てぬぐい】

WORKSHOP///
縁日屋 CHATOY 【笛コラージュ・布缶バッジ・空気砲づくり】
Kapo 【官足法足もみ 体験施術】
grue 【ヒンメリづくり・ドライフラワー】
natsuno hiraiwa 【アロマテラピー】
フジカワエハガキ 【デッサン・絵葉書】
もぐもぐ子ども調理室(アヤキッチン) 【フェルトおもちゃづくり】
ヤマコヤのテラコヤ 【ベーゴマ遊び】
Img_642e55d66ed6a581ba92f9a0cb94e82e
4月21日 埼玉県川口にあるメディアセブンにてお話させていただきます。
どんな方々にお会いできるのか、今からワクワクしております。
よろしくお願いいたします!


【開催日】4月21日(土)14:00~16:00
ゲスト:高橋一也(旅する八百屋「warmerwarmer(ウォーマーウォーマー)」代表)

「古来種野菜を知っていますか」
畑で作物を育て、収穫された種からまた作物が育つ。
普通のことですが、スーパーに並んでいる野菜とは違い、
固定種・在来種の野菜は遠い昔から受け継がれた種からできています。
味が濃くかたちひとつとっても魅力的な野菜。
たくさんの野菜や生産者によりそって活動する高橋一也さんにお話をうかがいます。


-----
開催日付:4月21日(土)
開催時間:14:00~16:00
開催場所:ワークスタジオB
参加費:500円
対 象:どなたでも
定 員:40名(先着)

詳細はこちらもご覧ください→ (Click!) 

申込先:トークイベントに参加するには事前申込が必要です。
下記の3つの方法からお選びください。
※先着順での受付になります。
※すぐに受付完了メールの自動送信あり(届かない場合は要問合せ)。
※携帯電話会社のメールアドレスには当館からのメールが届かない場合がありますので、
 ご遠慮ください。

■来館 
■メール event@mediaseven.jp 参加希望イベント名・〒・住所・参加者氏名・ふりがな・生年月日・電話番号を記入の上送信。
■メディアセブン公式ホームページ
(開催イベントページの申し込みフォームから申込)申し込みフォーム
申込期限:4月20日(金)

-----

メディアセブンのトークイベント
知識や興味に対する新たな出会いの機会-
身近なものから目新しいものまで、幅広い分野の中から、
個性豊かな活動をされている方々をご紹介するトークイベントです。
新鮮な驚きと発見にみちています。ぜひお気軽にお立ち寄りください。
ギリギリの告知となりましたが。
本日ラジオ深夜便にて出演します。
毎月レギュラーとして出演しており、
今期最後の回となりました。
来期の継続も決まりまして、
もう少し、早い時間となりそうです。


今宵は岐阜の飛騨高山の野村農園さんのことを。
飛騨高山の朝市を活性化することで伝統野菜を守る、
そのまた逆、
伝統野菜を売ることで朝市を続けることができる、
それは私たちが目指す流通と全く同じ。
野菜の花を食べてください、
茎や根や葉も食べてください、
野草をもっと知ってください、
と、私たちにいろんなことを
教えてくださる、野村さんのこと。
お話させていただきます。
素晴らしい感性だと、大尊敬しております。

夜中12時過ぎの時間帯で、
少し遅いのですが、
タイミングがあわれましたら、
聞いていただけたらとても嬉しいです。


 (Click!) 
Img_77d4b727f856854fd1bc7e15b6c2d0cb
Img_defc16fabbc4e666f1c3b3f35e64079b
Img_4e2d07029d1f2e4e858e70830140d619
ミツル醤油の城くんをお招きして。
お醤油作り と 古来種野菜のごはんの会 vol3.

海と山に囲まれ、自然豊かな福岡県糸島市にあるミツル醤油醸造元、
その4代目 城慶典君が、またまた出荷場へ来てくれます!
実はwarmerwarmer味噌仕込みの際には、
城君の麹を使わせてもらっているんです。

大豆や麹、発酵から熟成までのこと、お醤油ができるまでの、
なぜ?や、どうして?のお話を聞きながら、
今回は濃口醤油の仕込み方を教わります。
食材や麹によって味わいが違う、きき醤油も。

古くからの友人です。
いろんなお話も聞けるといいですね!

お醤油づくりが終わったら恒例の!
古来種野菜のごはんを、一緒にいただきましょう。

-------------------------------------------
【お醤油作り と 古来種野菜のごはんの会 vol3.】
<内容>
お醤油作りワークショップ 出来上がり700ml
きき醤油
お醤油のいろんなお話

3月8日(木) 11:00~13:30 お昼ごはん付
場所:warmerwarmer出荷場 ※吉祥寺より徒歩10分
   東京都武蔵野市吉祥寺(ご予約確定後お知らせします)
人数:3~15名様まで(お子様連れも大丈夫です)
料金:5500円 
※お醤油は持ち帰っていただき、ご家庭で発酵・熟成させてお楽しみいただけます。
持ち物:エプロン、手拭タオル
申込:件名を「お醤油づくりの会 参加希望」と記載いただき、
   希望時間、お名前、電話番号、お子様連れの場合はお子様のお名前と年齢、
   人数、アレルギーの有無をご明記の上、
   yoyaku@warmerwarmer.netまでお申し込みください。
   ※食材の準備により3日前よりキャンセル料が発生します。ご了承ください。
-------------------------------------------------


<城慶典 講師プロフィール>

福岡県糸島市、ミツル醤油醸造元の4代目。

おじいちゃんの時代には醤油を一から作っていたこともあり、
高校生の時から醤油屋を継ぐのなら、
かつての醤油作りを復活させたい、
一から醤油を作ってみたいと志す。

2010年糸島へ戻り、自家醸造を復活させ、「生成り、」を作り上げる。

ミツル醤油醸造元→
  (Click!) 
醤油作り奮闘記・ 職人醤油→  (Click!) 
Img_397e95098fa3f7e26b3313492e32df08
Img_0405e3d95acfb422e510021a5ae75e3b
2月3日、4日 吉祥寺のキチムと西荻窪の松庵文庫で開催されました
種市vol.6 無事に終えることができました。

4日、マーケットが終わる午後4時のクローズと同時に、
手元にあるカウンターは650を超えていました。
2月4日だけの人数です。
キチムに来てくださった方々の人数です。
松庵文庫の2日間、トーク2日間も含めますと
種市として2日間の来場者数は2000人をとっくに超えていました。

まだ、きちんとしたことをお伝えできるほど
感じたことを言葉に落とし込めておりませんが
出展者として参加してくださったみなさま
足元の悪い中、ご来場してくださいましたみなさま
ボランティアでお手伝いしてくださったスタッフのみなさま
キチムと松庵文庫のみなさま
もう、本当にたくさんの方々の時間をいただきながら
過ごせた2日間でした。
使い果たした体力気力の後に残ったのは、感謝、だけです。
私たちだけでは、こんな会は開けませんでした。

さらに、
来場してくださった方はなんだか楽しかった!と。
参加してくださった方は刺激的だった!楽しかった!頑張れる気がする!と。
嬉しい言葉ばかり、聞くことができました。
それぞれに、それぞれの想いを、いろんな場所で聞くことができて
また、次回も!
と、いろんな期待でいっぱいです!

それと同時に、
私たちにはいろんな課題が残りました。
ズラズラと、それについて書いていこうと思います。
これは、ただの記録ですので長文になりますし(めっちゃ長いです!)
「八百屋」「流通」としての見解です。
正直に、書いてみようと思います。

-------


□□ 野菜が売れた、売れた?
ほとんどの野菜は完売しました。キチム会場の私たちも午後2時には完売。
松庵文庫の野菜もよく売れた、と聞いています。
来場者数も前回よりも伸びていますので、加工品もよく売れていたように感じました。
ただ、私たちは客観的に野菜については
「いつもよりも野菜が少なかったから、売れたように感じた」
と思っています。
正確な数字ではありませんが、全体でいうと
いつもの種市の半分も、野菜はなかったと思います。
私たちの売上金額も、前回と全く同じ7万円で完売しました。

同じ7万円という金額で、
前回は売れ残り「野菜が売れなかった」
今回は完売して「野菜が売れた」
と、判断するのは、一度きちんと立ち止まって考えるべきことだと思います。
その、なにを考えるか?というのは
それぞれだと思いますが、
私たちが考えることは、ここから少しずつ書いて行きます。
(支離滅裂ですがすみません!)

ただ、何度も種市に来てくださっている方が、
今回も来てくださって、2日間共に足を運んでくださる方も。
お客様を覚えていられるイベントって、あまりないですので
知人がたくさん来てくれた!
というようなハッピーな気持ちになれるのは
本当に嬉しいことです。

□□ いつもよりも野菜は少なかった(かなり少なかった!)
種市を開催するときに、農家さんたちに連絡をして、
どんな野菜があるのか、どのくらい持ってこられるのか
確認してみたところ、ほとんどの方が加工品しかない状況でした。
それはそうです、この時期は端境期ですから。
この時期に開催を決めたことを一瞬、ためらったくらい、
野菜がありませんでした。
(だけど、端境期だから、この場所に家族で来れた、という方々もいらっしゃいます!)

それと同時に、数名の農家さんからは
野菜が育たなかった、ということも聞きました。
夏の雨、のせい、ですね。
今年の大根やカブは、どの地域のも水分が多く、
いつもより、味がぼんやりしていることがあります。
そのくらい、の、雨と日照時間の少なさが
冬の野菜に影響されてきました。
乾いているようで、土、に、影響が残っていたんだと思います。


□□ 西の農家さんと金子商店さんに負担をかけてしまいました。
ただ端境期、とはいえ、西の農家さんには野菜がそれなりにありました。
料理家さんたちに使っていただく野菜も、西のものが中心。
特に開催前の1週間、九州地方の農家さんたちには、負担が大きかったと思います。
すみません、無理難題を、、、の時もあったと思います。
本来でしたら、私たちがとりまとめるところを、
配送の関係もあり、今回は金子商店さんが料理家さんと農家さんを
繋げてくださいました。とてつもないご苦労があったと思います。
ありがとうございました。


□□ 日本の西と東にわけたのに、その先を伝えられなかった
西の農家さんは松庵文庫に、それより東の農家さんはキチムに出店いただきました。
今の季節、西には野菜があり、東は気候が厳しいので野菜がない、
だから、加工品の売り場が多くなる。
そういうことをイメージして。
ですからキチムで野菜を販売していたのは、
田村さんの大根2種類(もうこれで畑にもなく終わりです!)とwarmerwarmerだけ、でした。
それが何を意味しているか、というところ。
全国的に端境期とはいえ、今は、西に野菜がある時期です。
桜前線と同じく、端境期前線、なるものがあって。
雪がとけて春になるまで、今度は西が端境期になりますが
東の山々では山菜や芽吹いた春野菜をいただくことができます。
せっかく、西と東で出展者をわけたのですが、
うっかり、このことを伝えることを忘れていました。
反省点です。


□□ 野菜が売れたもう一つの理由は
今、野菜が高騰していて、野菜を買うのも一苦労だというのが一般的なところです。
白菜1/4が300円もする市場価格、
でも、warmerwarmerの売り場はいつもと同じでした。
いつもは「在来野菜って高い」とか「セレブが買うもの」とか
よく言われて、少々ウンザリするのですが(笑)
今回は市場が高いので「在来野菜って安い!お買い得!」と。
いえいえ、私たちは変えていないんです。
正当に根付けをしてるだけなんですけど、市場があまりにも高いから
そういったお客様の反応は、購買意欲にもなり、野菜が売れていきました。


□□ 今、有機野菜や古来種野菜がお買い得なんです!!(安く感じるだけなんだけど)
本当は本心を言えば、
なぜ、市場価格が高騰してるのか?誰がコントロールしているのか?
そしてなぜ、野菜がないのか?
というところに、コミットしたかったし、立ち止まって考えられるような
ちょっとした仕組みがあればよかった。
例えば、農家さんたちとそのところだけ共有して
なるべく話をしてみよう、とか、
トークで話をしてもらうとか。
でも、それもまた個々の感覚なので、そこまで伝える必要がない、ということであれば、
「今、有機野菜や古来種野菜がお買い得なんです!!(安く感じるだけなんだけど)」
「古来種野菜を試して感じるなら今なんです」
「その野菜は、ここのお店やここのお店で買えます!」
と、具体的に伝えるべきでした。
チャンスだったんだけどなぁと、ほんとこれは自分たちに残念でなりません。
これは、今からでも遅くないと思うので、
言っていきます、し、皆さんも、声を大にして!伝えて欲しい。
それで、一人でも多くの人が食べて、その味に驚いて、
次はちょっと高いと感じる時期にもどってきたとしても
時々、買い求めて欲しい。
より具体的に日々のアクションにおこせる方法を伝えられませんでした。
(買うだけじゃないんですけどね)

□□ 小さな子どもたちの居場所
すべての時間が終わり、夜の10時を過ぎた頃、ボランティアで手伝ってくれた
友人がちょっと気になるからと、屋内と屋外をへだてる大きな窓ガラスを拭きはじめました。
私も手伝い、新聞紙で汚れをふき取っていると、
そこでご飯を食べていた小さな子どもたちのことを思い出しました。
中に入れず、入れても落ち着かないから、買ったごはんを
外の通路に座って、食べて。その食べた手で窓を触ったんだと思います。
窓ガラスのあちこちに、その食べ物らしきものがたくさんついていました。
規模が大きくなる、ということの意味。
これは、伝わってるのか、伝わっていないのか、と自問自答でした。
野菜だけのことではなくて、大きくみた環境そのもののこと、
本当のことを知れば知るほど、不安も大きくなるしネガティブな意見にもなります。
でも、私たちはこの野菜を見る限り、そういうネガティブなイメージを持てなくて。
背景にあることは社会に対して逆行のような足並みなのかもしれないけれど、
私たちはこの古来種野菜と呼んでいる野菜たちが
美しくって、美味しくって、作ってる人たちがこんなにも素晴らしい人たちばかりで
でも時には頑固親父がいたりもするけど、
そんなハッピーしかない野菜たちの空間や業界そのものに
鮮やかな色をつけて、そのイメージのまま、子どもたちにたくしていきたい。
それが私たちの役割だと思っています。
だけど、種市で子どもたちが野菜に触れて、食べれて、話を聞けて、
種を初めてみる驚きを、体感できていない。
私たちの日々の想いと、そこが、リンク、できていないことにジレンマを感じました。
もっともっと子どもたちが楽しめる場にしなければ。
種市も、子ども向け、とか、できるんじゃないかと、思っています。

□□ 最後に、心底嬉しかった岩崎さんからの言葉
長崎県雲仙の種採り農家の岩崎さん、今回もトークにご参加いただきました。
いろんな話をしてすごく楽しかったんですけど、
思い切って、普段から思っていることを聞いてみました。
「岩崎さんの野菜、私たちはどのくらい買えてますか?」と。
そしたら
「今は高橋さんたちがどこよりも一番買ってくれてるよ。
高橋さんが転んだら、私も転ぶからですね、がんばってもらわんと!」
と。
涙がでるほど嬉しかったです。
種市vol.1の時はまだ直接取引はできませんでした。
恐れ多くて。練馬にある自然食品店 自然村さんが
ご好意で一緒に発注してくださり、
自然村さんも私たちにそのまま利益なしでゆずってくださり
(その時のご恩は今でも忘れておりません)
それを販売していたので、実際の利益はゼロ、でした。
その頃すでに出会って10年以上たっていましたが、取引したい、とはまだ言えなかった。
伊勢丹との取引が決まってから、やっと、言えました。
野菜をください、と。
そこから、6年たち。
オイシックスでもラディッシュでも大地でもない、
小さな八百屋の私たちが、一人の種採り農家を支えている。
たった一人の、その人の大切な生の時間を、支えられている。
しかも岩崎さんの。
それが、死ぬほど嬉しかった。
常々、流通、という言葉を使っているけれど、初めて体感として
流通を、自分たちに感じました。
そうか、流通って、感じることなんだなって。

ダラダラと書きましたが
読んでくださった方、果たしていらっしゃるのかわからないのですが
もし、何か感じることがあったら、教えてほしい。

種市vol.6 総括。
これにて終わり!
本当にありがとうございました。

Img_a1ff8927d28e736487557f1d33b07462
約2年ぶりだそうです!
たねと食のおいしい祭(愛称:たねフェス)が開催されます。
国分寺にあるカフェスローが会場となります。
たくさんの催しものがあります、
私たちも八百屋として参加します。
餅つきなんて、最高じゃないですか!
お子様がゆっくりとできるスペースもあり、
会場もとても広いので
ご家族でぜひ遊びにいらしてくださいね。


------
“つづくたね〈自家採種・在来種〉” から生まれた個性豊かな作物たちを主役に、
素晴らしい出店者が集うマルシェ、フードコート、もちつきなどの恒例企画、
学びの場としてトークライブ&ワークショップ、
そして夜は特製メニューを囲んで農家さんたちとの交流パーティーを開催。
美味しさと楽しさ、遊び心も盛り込んで、地域にも愛されるお祭りを目指して再スタートします。

ちょっと不思議で魅力的な、色とりどりの野菜や作物。
たっぷりお家に持って帰れるように、大きなバッグとペコペコのお腹を忘れずに
用意してお待ちください◎

【たねと食のおいしいマルシェ&フードコート 12:00~16:00】

たねにまつわる野菜や穀物・加工品・フード・パンなどなど。こだわり抜かれた本物の素材は、私たちの味覚を呼び覚まし、豊かにはぐくむ力を持っています。
個性豊かなあんなお店! こんなお店! が今回も大集合。
入場無料。買い物袋、マイ食器、マイカップをお忘れなく!

〈 出店ブース 〉
今日はいい天気だファーム LaLaLa farm(北海道)/ 山形食べる通信(山形県)
高橋保廣+広一 / 山形在来米さわのはなと餅つき(山形県)
POCO A POCO FARM ポコ・ア・ポコ農園(茨城県)/ 福田農園(群馬県)
warmerwarmer 旅する八百屋(東京都)/ オギプロファーム 江戸東京野菜(東京都)
豊島屋とうふ店(東京都) / 畑山農場(山梨県) / ぴたらファーム(山梨県)
山羊さんの贈り物 修験deパン(山梨県) / 寺田本家(千葉県) / トージバ アースオーブン(千葉県)
光郷城 畑懐(千葉県/静岡県)/ くらしの紡ぎ屋さん(埼玉県) / PUREFARM(神奈川県)
Share Seed:シェアする”たね”プロジェクト/ 農文協の本屋さん / きむくまカレー
クルミドコーヒー/胡桃堂喫茶店 / めぐるみLabo&Cafe / 焼き菓子やひとひとて / ピースデリ
こどもパン / カフェスロー

その他にも楽しげなトークや催し物もあります。

【12:00~16:00「農家さんと餅つき!」 時間内2回実施予定 おもちはカンパ制 *雨天中止】
【12:15~17:30頃「ワークショップ & トークライブ」 参加費:各回ごと】
【18:00~20:30/17:30開場「アフターパーティー」 参加費:2,000円】

詳細はこちらも→ (Click!) 
フェイスブックページ→ (Click!) 
Img_4b82e9ac5ea2afc7aae15c79145f7bc2
ワークショップのお知らせです。

練馬区石神井台のcopseさん。
今回で3度目の開催ですね。

2月22日から3名の陶芸家による「素の力」展、
素の力、というテーマを古来種野菜と重ねていただき
2月24日(土)にワークショップを開催します。
この時期ですから、
熟した大根の旨味、
根っこの存在感を放つかぶ、
雪の中から掘り起こされた人参、
それから、春を待つ野菜が出てくるかもしれませんね。
何しろ、端境期ではありますが、
その時々の小さな旬がくるくると出てきたりもする時期なのです。

詳細は以下のとおりです。
よろしければお出かけください。

--------
昔ながらの種を引き継ぐ野菜を全国から集めて紹介するwarmerwarmer。
ほおっておくとなくなってしまう古来種野菜を探し全国から探しもとめて紹介する
高橋一也さんのお話は、いつも熱く心に響きます。
なにより料理人としてのキャリアを持つ彼が、ささっと作ってくれる逸品のおいしいこと!
寒さに耐え旨味がぎゅっとつまった野菜は、今がいちばんおいしいとき。
存在感を備えた器と個性豊かな野菜のコンビネーションもお楽しみください。

<ワークショップ>
「古来種野菜を食べよう!」
2月24日(土)10時〜 参加費2500円+tax(試食、お土産野菜つき)
講師:高橋一也(warmerwarmer)
〒177-0045 東京都練馬区石神井台3-24-39 ロイヤルコトブキ1F
03-6913-1544 / info@copse.biz
*お申し込みはお名前と携帯番号を添えてcopse までお願いします。

詳細はこちらもご覧ください。
展覧会→ (Click!) 
ワークショップ→ (Click!) 
Img_42e4897efc146d961091bf008fa32db6
「warmerwarmer 味噌仕込みの会 2018」

毎年、冬の一番寒い時期に、
婦人会のようにみんなで集まって、味噌づくりをします。
長野県なつみ農園さんの「こうじいらず」
福岡県みつる醤油さんの米麹。

さらさらと麹と塩がなじむ時間。
大豆をまぜて、えいえいと器につめる時間。
わたしたちの手を動かす、時間。
お味噌が、私たちにどれだけ寄り添っているのかは、
時間がたって、秋口にその味噌を頂いたときの味わいに、感じるもの。

なつみ農園さんのこうじいらずは、長野県の在来大豆。
「こうじがいらないほど甘くて美味しい味噌ができる」
と言われている大豆です。
城君の米麹もいつもいつも我が家の味噌を美味しく育ててくれます。

今回は、白味噌、麦味噌、どちらか2Kをお持ち帰りいただけます。
もちろん、両方とも、でも大丈夫です。
お子様連れでも大丈夫ですし、わいわいと、みんなで愉しく!
味噌を仕込めるといいですね。

去年ご参加いただいた方は、ぜひ手前味噌をお持ちくださいませ。
試食会、しましょうね。
----------------------------------------------
日時: 2月14日(水) 19:00〜21:30
    2月15日(木) 11:00~13:30
    2月17日(土) 11:00~13:30
    2月18日(日) 11:00~13:30, 15:00〜
   ※4名様以上でお申し込みの際はご相談ください。別日をご案内します。
場所:warmerwarmer出荷場 ※吉祥寺より徒歩10分
   東京都武蔵野市吉祥寺(ご予約確定後お知らせします)

人数:各回3〜12名様まで(お子様連れも大丈夫です)
料金:6000円
   麦みそ、白みそ、どちらか2Kお持ち帰りです。
   ※ 簡単ですが菜食料理もご用意します。一緒にいただきましょう。
   ※ 総量4Kご希望の方は8,800円です。
申込:件名を「味噌仕込みの会、参加希望」と記載いただき、
   希望日時(いくつかあげてくださると助かります)、
   人数、ご連絡先、麦味噌、白味噌、どちらかとキロ数を
   ご明記の上、yoyaku@warmerwarmer.netまでお申し込みください。
   ※ 材料の手配がありますため、お早めにお申し込みいただけると助かります。
-------------------------------------------------

手前味噌のお話がたくさんできると楽しいですよね。
お会いできることを楽しみにしています。
Img_2286e010ed67a2df014f807c08a74e4c
オーガニックセッション vol.1
オーガニックってなに?有機野菜ってなに?古来種野菜ってなに?

2月に種市が開催されます。その種市を楽しむ為にも、「農」に関わる様々な言葉や定義を学ぶ時間をつくりました。
オーガニックってなに? 
ライフスタイル?それともエコ活動?それとも???
この言葉から想像するイメージは、化粧品やファッション、住まいに関わるいろんなところで展開されています。そう、「展開」されているのです。
私たちが静かにでも確かに感じていきたい、オーガニックというのはどんなことなんでしょう。目をつむったときに、地球や自然界や宇宙やその循環の中にどっぷりと自分がいる(在る)ことを意識できることなんだと思います。無限にあるその流れのひとつに「野菜」という「植物たち」がいて、私たちはその野菜を食しています。

そういった「大きな流れの中に身をゆだねていく感覚」を持ち続けていくことは、今の社会の中ではなかなか難しい。だけれどもそのことにいち早く気づいてくれた私たちの先祖や先輩たちが試行錯誤しながらも、海外の運動や活動を研究しながら「安堵できる暮らし」を守るために共通のルールを作ったり、言葉を作ったり、それを技術にしたりしながら、今の日本のオーガニックの業界が育ってきました。その言葉、ルール、というのは、野菜でいうところの、農法や認証制度、その定義であったりもします。
オーガニックってなに?と感じた疑問は、短い時間で学びつくせる内容ではありませんし、八百屋である私たちが伝えられることも限られていますが、今、在る、食や農に関わるいろんな定義や基準を知ることで、もっともっと食が楽しくなります。そして気持ちが自由になります。有機だから、慣行だから、という視点での話ではなくて、食べる野菜を選ぶ基準、小さな胃袋の中を満たす喜び、それを独自に見つけるための、学ぶ時間にしたいと思っています。

内容
1.まずは多様性を体感します。
  多様性ってどういうこと?
  鳥や魚や木々や土の中の生き物とわたしたちをめぐる、みえない「動」と「静」
2.知ること、へのプロセス 過去と現在と未来のこと
  オーガニック、とよばれる世界観をざっくりと知っていきます。
  1.で感じた多様性とオーガニックという言葉を紐づけます。
3.流通からみた農法のこと
  1.2をベースとして私たちの立ち位置を確認したあとに、有機JAS農産物とは?慣行農業
  とは?流通の中で国が規定している様々なルール、その他 自然農・循環型農法などとの違
  いについて学びます。
4. 八百屋からみた種のこと 私たちが具体的に日々みている、感じていることをお伝えします。
  種から育つ野菜って、どういうこと?
  固定種、在来種、とは?
  一代交配種・F1種とは?雄性不稔種子ってなに?
5.古来種野菜を一緒に食べてみよう。
  体感したこと、納得や更なる疑問の連鎖を「食べながら」整理していきます。


日 付│1月25日(木) 12:00〜14:30  満席とさせていただきます。
            19:30〜22:00  1名さま お席がございます。
    1月28日(日) 12:00〜14:30  満席とさせていただきます。


場 所│吉祥寺キチム(1/25 19:30〜のみwarmerwarmerの出荷場となります)
料 金│3,500円 古来種野菜の食事付 1drink付(税込/当日のお支払い)
申込方法│件名を「オーガニックセッション参加希望」とし、お名前、住所、電話番号、
yoyaku@warmerwarmer.netまでお申し込みください。
Img_6aacfff47a139214af96d7d5347df2d0
Img_249714fc8a3d4e6b4452ff6564ebe3c8
Img_27a484d0aac66192d9915dee2ec52ff2
Casa BRUTUS. 2018 vol.214 「生き方を変える本」

こちらの特集にて「古来種野菜を食べてください」を
ご紹介いただきました。(驚きました)
紹介していただく150冊の中の1冊。
嬉しい限りです。

リンネル 「暮らしの道具大賞」
暮らしにまつわる道具あれこれを少し紹介させていただきました。
年末らしい楽しい特集ですね。

よろしければ、お手にとってご覧ください。